エラーコード;0xc000007bが発生した場合の対処手順

アプリケーションを起動させる際に、”0xc000007b”というエラーで起動できないことがあります。日常使いのアプリの場合はアプリやPCの不具合の可能性もありますが、インストール後すぐの場合はバージョンの違いも考えられます。対処法をここから紹介していきます。

アプリケーションエラー 0xc000007bで起動できない原因

まずはアプリケーションエラーの”0xc000007b”の原因から紹介をしていきます。”0xc000007b”の原因は必ずしも特定できるものではありませんが、多くの場合は下記の3つのどれかに当たります。

  • Windows32bit版もしくは64bit版で正しくない対象のアプリケーションではないアプリケーションをインストールした
  • Windowsのアップデートで起こる不具合
  • 対象のアプリケーションの不具合

”0xc000007b”以外にも似たようなアプリケーションエラーのエラーコードが表示されることがあります。”0x80070005″・”0x80070002″・”0x80070057″・”0x80004005″などがあり同様の対処法で解決できることがあります。

アプリケーションエラー 0xc000007bが出た時の対処法

では、”0xc000007b”の対象法の紹介をしていきます。”0xc000007b”のアプリケーションエラーが出た場合は、1通り対処法を試してみましょう。

【手順1】パソコンの再起動

”0xc000007b”のアプリケーションエラーが表示された場合、まずはパソコンの再起動を行いましょう。パソコンやアプリケーションの一時的なエラーならパソコンを再起動することで簡単に改善します。非常に簡単ですが有効な対処法なので忘れずに行いましょう。

【手順2】不要なアプリケーションの停止

パソコンを再起動しても”0xc000007b”のアプリケーションエラーが改善しない場合、不要なアプリケーションの停止を行ってみましょう。パソコンはバックグランドで様々なあアプリケーションが動いていることが考えられます。

作業をしているタイミングに必要のないアプリケーションがあれば一時的に停止をして”0xc000007b”のアプリケーションを起動できるか確認をしましょう。

【手順3】管理者権限でアプリの実行

アプリケーションの起動には権限が付与されていないと”0xc000007b”のアプリケーションエラーが出ることがあります。管理者権限を付与するのは以下の手順です。

  1. 管理者権限を付与したいアプリのプロパティを開く
  2. 互換性タブをクリックして”管理者としてこのプログラムを実行する”にチェックを入れる

【手順4】Windows Updateの実行

”0xc000007b”のアプリケーションエラーは、Windowsのバージョンとアプリケーションのバージョンの互換性がズレることで起動できないことがあります。最新のWindows UpdateがリリースされているのであればWindows Updateを行って起動できるか確認をしましょう。

【手順5】アプリケーションの修復