【クッキークリッカー】チートのやり方から使えるコードまで完全解説

2013年に公開されたブラウザゲームであるクッキークリッカー。そんなクッキークリッカーでチートコードを使ってチート行為ができることをご存じでしょうか。そこで今回はクッキークリッカーのチートのやり方から使えるコードまでを解説していきます。

クッキークリッカーのチートの公式の立ち位置や何が起こるか

まずはクッキークリッカーのチートの公式の立ち位置や何が起こるかについて見ていきます。

そもそもチート行為は公式で認められることが少なく、違反したものは永久追放されるケースが多いです。

ただ、クッキークリッカーでのチート行為はちょっと立ち位置が違うようです。

チートは作者から認められた遊び方の1つ

実はクッキークリッカーの作者がチートに対して「OK」を出しています。

こちらをご覧ください。

<!– Code and graphics copyright Orteil, 2013-2016 Feel free to alter this code to your liking, but please do not re-host it, do not profit from it and do not present it as your own. –>

英語で記された文章ですが、翻訳をしてみるとこうなります。

「<!-コードとグラフィックの著作権Orteil、2013-2016このコードはお好みに合わせて自由に変更できますが、再ホストしたり、利益を得たり、自分のものとして提示したりしないでください。 ->」

訳してみるとクッキークリッカーの作者はクッキークリッカーに対してのチート行為を認めていることになります。

【チートすると起こること①】チートの実績が解除される

ではクッキークリッカーに対してチート行為を行うとどうなるのでしょうか。

1つ目は隠し実績が解除されます。

隠し実績とは、

のどちらかのツールを利用することにより画面上に表示される「Third-party」という文字のことです。

また、「Cheated cookies taste awful」という隠し実績が表示されることもあります。

要は、

  • 「Third-party」
  • 「Cheated cookies taste awful」

のどちらかが画面上に表示されるため、チート行為をしているということが別のユーザーにわかってしまうということです。

【チートすると起こること②】ゲームバランスを崩せる

クッキークリッカーに限った話ではありませんが、チートを使うと一瞬にしてゲームバランスを崩壊させることができます。

ステータスを最強にして、手持ちアイテムを最大にすることができるため一生懸命1から頑張っているユーザーなどすぐに追い越せてしまうのです。

ちなみに、クッキークリッカーでは公式でチートコードが用意されています。

例えば、「Game.RuinTheFun();」というコードを実行させると

  • 全てのステータスがアップグレードされる
  • 全実績が表示される(隠し実績も)
  • 1 nonillion クッキー & 999,999 PL & HC を獲得する

の効果が付与されます。

やりすぎ注意!面白くなくなる可能性も

先ほどのコードを利用すれば、クッキークリッカーが一気に面白くなくなる可能性もあります。

ゲームの醍醐味として1から徐々に強くなっていくものがありますが、一気に強くなることでその楽しさが失われます。

そうなれば、クッキークリッカーに対して面白さを見いだせなくなる可能性も。

1から徐々に長く楽しみたい方はクッキークリッカーのチートコードを使うことはおすすめできません。

クッキークリッカーの簡単なチートのやり方

では本題に移っていきましょう。

実際にクッキークリッカーでチートコードを反映させるやり方についてご紹介します。

「チートコードを反映させるやり方」と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、決して難しい行為ではありません。

【チートのやり方①】コンソールを出す

一番簡単なやり方が、コンソールを出すやり方です。

コンソールとは「JavaScriptコンソール」と呼ばれており、関数を呼び出すために使われるものです。

先ほどの「Game.RuinTheFun();」もその関数の1つです。

ただ、「JavaScriptコンソール」はブラウザによって呼び出し方が異なりますので2つご紹介します。

Google Chromeでの出し方

まずはGoogle Chromeでのやり方です。

Google Chromeでは、

  1. Google Chromeを開く
  2. 右上のメニューアイコンをクリック
  3. 「その他のツール」→「デベロッパーツール」→「Console」をクリック

でOKです。

これでGoogle Chrome上にコンソールを起動させることができました。

Microsoft Edgeでの出し方

続いてはMicrosoft Edgeでのやり方です。

Microsoft Edgeでは、

  1. Microsoft Edgeを開く
  2. 右上のメニューアイコンをクリック
  3. 「その他のツール」→「開発者ツール」→「コンソール」をクリック

でOKです。

これでMicrosoft Edge上にコンソールを起動させることができました。

【チートのやり方②】コードを入力する