史上最高峰の贅沢なiPad Proが登場!ここが凄いスペック機能13連発?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPad Proの便利すぎる機能を紹介。新型iPadはMacライクな仕様で〝仕事を楽にする〟機能が盛りだくさん。基本スペック・価格と、必須の『使いこなし術』をまとめました。ペンシルやおすすめアプリに関するプチ情報もあるのでそちらも参考に!

iPadの価格とラインナップ

iPad

iPad Proがアツい!!でもその前にiPadって何種類あったっけ?!」

・・・まずはこれまでにリリースされたiPadのうち、現在販売されているものを確認してみましょう。

【現在販売されているiPad】
※スマホの人は右にスライド>>>>

値段からしてもiPad Proがほかのモデルとは一線を画すハイスペックモデルであることがわかります。

見た目が変わらないだけにスゴさが伝わりにくいです・・(;´・ω・)

が!控えめに言ってもiPad Proの機能は他のiPadとは桁違い

その機能がこちら▼

iPad Pro使いこなしに必須の13個の機能

iPad Proが神扱いされる理由は、次の13個の必須機能があるから。

AppleファンやMacファンにとっては「これが欲しかった!!」機能のオンパレードといえるでしょう。

マルチタスキング(Slide OverとSpilit View)

アプリ起動中に下からスワイプするとDockが出現し、そこにあるアプリをタップしながら、画面の左もしくは右にスワイプすると2つのアプリを同時に画面に表示することができます。

iPad,マルチタスキング

ドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップに対応したメールやPagesなどのアプリは、SafariのURLや写真アプリ上の写真をドラッグして持っていくだけで挿入することができます。

iPad,ドラッグ,ドロップ 

Appスイッチャー

起動しているアプリの切り替えが、これまで以上に便利になっています。

4本もしくは5本の指で横にスワイプすると、直近のアプリに切り替えることができ、上にスワイプすると起動している全てのアプリの一覧が表示されます。

これがかなり便利なんです!

ちなみにマルチタスキング機能を使用して2画面表示している場合は、その組み合わせも記憶しているため再度2画面表示にする手間が必要ありません!

iPad,スイッチャー

Dock ドック

iPadのDockはMacライクな仕様となっています。

従来通り、よく使うアプリやお気に入りのアプリをDockに保存しておけるだけでなく、最近使ったアプリも表示されるようになり、Slide OverとSpilit Viewを利用するときにも大変便利です!

iPad,Dock,ドック

ファイル管理

iCloudやDropBoxに保存されているものを一括で管理できるファイルアプリが実装され、よりMacに近くなっています。

特にiCloudに保存されているファイルを管理できる機能は最強でMacやiPhoneなどで作成したものをiPadでスムーズに引き継ぎ作成をすることが可能です。

iPad,ファイル 

インスタントメモ

ApplePencilに対応しているiPad、iPad ProはApplePencilでロック画面をタップするだけでメモアプリが開くようになっています。

パスコードを入れる手間がないため、メモりたい時にすぐメモを取ることが可能。

話を聞き逃したり、アイデアを忘れることがかなり少なくなります。

iPad,インスタントメモ

インスタントマークアップ

PDFファイルへの書き込みやサイン、写真やスクリーンショットへの書き込みが瞬時に行えます。

PDFファイルを利用する人にとっては必須機能となること間違いナシ。

最近ではPagesがこれに対応し、書類作成中にApple Pencilでタップするだけで注釈、もしくはイラストボードを挿入することができるようになりました!

iPad,インスタントマークアップ

インラインスケッチ

メモアプリメールアプリでは、テキストだけの文章にApple Pencilで簡単にイラストや手書き注釈を加えることが可能です。

これによりいちいち相手のメールをいちいちスクリーンショットして、写真アプリで加工して、返信の時に挿入するという手間がなくなり、かなりシームレスに返信することができます!

 iPad,インラインスケッチ

手書き文字の検索

メモアプリ内では手書きメモを検索することができるすごい機能が搭載されています。

僕も比較的字が汚い方ですがしっかりと認識して、検索してくれます 😯  😯  😯 

インスタントメモでとりあえずメモって、後で検索して仕上げる。

この機能かなり便利です。

iPad,手書き,検索

iPad Proで使えば最強説 ペンシル&アプリ&キーボード

Apple Pencil

ApplePencil 

iPad Proを買うのなら絶対に買っておけと言える一品。

iOSのアップデートを重ねるごとにその機能は充実していき、今ではiPad Proに必須のアイテムとなりました。

Apple Pencilでできることは

  • 筆圧感知
  • 傾斜感知
  • メモやPDFへの注釈
  • イラスト作成

などなど。

反応速度も早く、本当に書いているかのような感覚にかなり近いです。

ApplePencil,iPad,手書き

また、充電が必要ではありますがその充電速度が異常に早いことで知られています。

なんと15秒充電すると、30分使用することが可能で、フル充電だと12時間も使えます。

➡Apple PencilのAmazonページを見に行く

【関連記事】

iPhone用おすすめタッチペン(スタイラスペン)比較ランキング!

Officeアプリ

word,アプリ,ipadexcel,アプリ,ipad

機能としては書類作成から、印刷、Zipファイルを解凍しての編集まで可能です。

▶iPad用 Wordアプリ 

▶iPad用 Excelアプリ 

「エクセルとワードを同時に1画面に開いて編集する」というような作業も可能。

※閲覧はタダで行えますが、編集などはOffice 365の購入が必要で、1ヶ月契約だと毎月税込1,274円ほどかかります。

WordPress

記事の新規作成から更新、PV数のチェック、購読ブログの確認までブラウザ版とほとんど同じように使用できます。

画像の挿入も、iPadならではのドラッグ&ドロップに対応していてかなり便利です。

ネットワークに繋がっていなくても使用でき、バックグラウンドでデータを保存していてくれるので、記事の下書きにも適しています!

ipad,WordPress,アプリ

ワイヤレスBluetoothキーボード

iPad ProにはSmartコネクターが搭載されており、それに対応したSmartKeyboardも発売されています。ところが

  • 保護機能があまりない
  • 打ちにくい
  • 高い

ということからあまりオススメできません。

Amazonなどでも売られているBluetoothキーボードをiPad Proでも使用することは可能なので、書類作成をメインで行いたい方には必須のアイテムとなるでしょう。

【関連記事】

【厳選!】おすすめのiPad用Bluetoothキーボードと使い方!

iPadスペック比較表

スペック比較表

※スマホの人は右にスライド>>>>

 iPad iPad miniiPad Pro 
本体画像iPadiPadminiiPadPro
スペック

A10 Fusionチップ

retinaディスプレイ

Wi-Fiでのインターネット利用
ビデオ再生
オーディオ再生:最大10時間

 8メガピクセルカメラ

A8チップ

retinaディスプレイ

Wi-Fiでのインターネット利用
ビデオ再生
オーディオ再生:最大10時間

8メガピクセルカメラ

A10 Fusionチップ

retinaディスプレイ

Wi-Fiでのインターネット利用
ビデオ再生
オーディオ再生:最大10時間

12メガピクセルカメラ

4Kビデオ撮影(30fps)可能

画面
サイズ
9.7インチ7.9インチ

10.5インチ / 12.9インチ

容量

32GB / 128GB

128GB

64GB / 256GB / 512GB

厚さ
重さ
(WiFiモデル)
厚さ:7.5 mm
重量:469 g 
(WiFiモデル)
厚さ:6.1 mm
重量:298 g 
(WiFiモデル)
厚さ:6.1 / 6.9 mm
重量:469 g / 677g
Apple Pencil 使える使えない 使える 

見た目は同じでも中身は違う!iPad Proのプロセッサ

表を見てもらうとわかるのですが、現在発売されているiPad Pro(10.5インチ)は厚さがiPad miniと同じ、 軽さはiPadと同じとなっています。

iPad,スペック

にも関わらずApple Pencilに対応しているだけでなく、最新型のチップA10 Fusionチップを搭載しています。またiPadの中でも唯一4Kの動画を撮影することができ、まさにプロ用のデバイスとなっています。

ちなみに、店頭で確かめてもらえばわかるのですが、Apple Pencilを使用した時に書き心地、反応速度ともに自然な感じに近いのは明らかにiPad Proです。

まとめ

このようにiPad Proは他iPadと異なりスペックが異常に高く、ある程度のことであればなんでもこなせてしまいます。

特に書類作成やイラスト制作などの仕事にはぴったりで、あなたの仕事をより楽に、より高クオリティーにしてくれることは間違いありません!

生産性を上げたい方は是非ともチェックしてみてください!

➡iPad ProのAmazonページを見に行く

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す