【簡単】iPadのwifi接続が繋がらない原因と解決方法とは?

この記事は約 9 分で読むことができます。

iPadやiPhoneがWi-Fiに繋がらない!という時に速攻解決できる対処法を紹介しています。再起動・パスワードの確認・システム再設定をするだけで99%Wi-Fi問題は解決します。「wifiは繋がってるのにネット繋がらない」問題も解決!

iPad・iPhoneがWiFiに繋がらないときの解決方法

悩み

  • iOSデバイス(iPad・iPhone)がWiFiに繋がらない!
  • Wifiの電波が立っているのにネットに繋がらない!
  • これまで使えていたwifiが急に繋がらなくなった!

・・・そんな時の解決方法を優先順位の高い順に紹介しています。

ここに紹介する方法を試せば99%解決できますので、繋がらないイライラを抑えて是非試してみてくださいね!

WiFiのオンオフを切り替える

最初に試して欲しい操作は、iOSデバイス(iPhoneやiPad)のWiFiをオフにすること。

WiFiの接続がリセットされ、再接続することで繋がりやすさが改善します。

①・②の手順、どちらでもOKです。

①設定→Wi-Fi→スイッチをオンからオフに切り替え

wifi設定 

②コントロールセンターを開く→Wi-Fiマークをタップしてオンからオフに切り替え

コントロールセンター,wifi

『グルグル』が消えない現象も解決

wifi通信中に右側に表示されるグルグルが止まらず、ネットにも接続できない時も、WiFiを一度OFFにすることを試してください。

グルグル=なんらかの読み込みを動作を行っている状態なので、一度ネットをオフにすることでリセットできます。

機内モードのオンオフを切り替える

機内モードにすると、iPhoneやiPadのWi-FiやBluetoothがオフになります。

外部と接続するための回線を一気にリセットすることができるため簡単です。

①・②の手順、どちらでもOKです。

①設定→機内モード欄のスイッチをオンからオフに切り替え

機内モードの切り替え 

②コントロールセンターを開く→飛行機のマークをタップしてオンからオフに切り替え

コントロールセンター,機内モード

ネットワーク設定をリセットする

Wi-Fiのオンオフを切り替えても改善が見られない場合は、接続しているWi-Fiのネットワーク設定自体をリセットするという方法が効果的です。

  1. 設定→Wi-Fi→接続しているWi-Fi名の横に表示されるマークをタップ
  2. 「このネットワーク設定を削除」をタップ
  3. 削除を選択

wifiの設定を削除

リセット後、再接続すると繋がりやすさがカナリ改善しているはずです。

接続が頻繁に切れる問題も解決!

頻繁に接続が切れてしまう場合は設定からIPアドレスを自動→手動で固定すると安定します。

  1. WiFiのSSIDをタップ
  2. IPアドレス・サブネットマスク・ルーターのスクショを撮っておく
  3. 前の画面に戻り『DNSを構成』からDNSサーバ値のスクショを撮っておく
  4. 前の画面に戻り『IPを構成』から手動をタップ
  5. 『IPアドレス』を手動で入力(末端の数字を65~254に置き換える)
  6. サブネットマスク・ルーターにメモした値を入力し『保存』をタップ
  7. 『DNSを構成』を自動から手動に変更
  8. 『サーバを追加』にDNS値を入力し『保存』をタップ

iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動せず使い続けていると、キャッシュがたまって動きが鈍ることがあります。

「なんかモッサリする(動作が重い)な・・ 😕 😕 😕 」

という自覚症状がある場合は、以下の手順でリフレッシュしてみてください。

iPhoneXの場合

iPhoneⅩ,リセット

  1. サイドボタン(電源ボタン)と音量ボタンの上がる(もしくは下がる)ボタンを同時長押し
  2. 「スライドで電源オフ」が表示されたら、スライドして電源をオフにする
  3. 数秒(10秒以上がオススメ)してからサイドボタン(電源ボタン)長押しで起動する。

iPhone8以前、iPadの場合

iPhone8,リセット

  1. サイド(もしくは上部の)ボタン(電源ボタン)を長押し
  2. 「スライドで電源オフ」が表示されたら、スライドして電源をオフにする
  3. 数秒(10秒以上がオススメ)してからサイド(もしくは上部)ボタン(電源ボタン)長押しで起動する。

WiFiをオンにできない時は再起動!

WiFiをオンにするスライドボタンがグレーアウトして『WiFiオンにできない』という問題が稀にあります。

この問題も再起動で改善できます。

モデムの設定を確認・再起動する

モデム以上の方法を試してみても、接続が改善されない場合はiPhoneやiPadではなくルーターやモデムに問題がある可能性が考えられます。

モデムとは、屋内設置式Wi-Fiのルーターに付随する箱のような端末(↑写真参照)

SSIDやパスワードを確認

「パスワードが正しくありません」

というエラーメッセージが表示されるときは、側面に記載されているSSID(Wi-Fiの名前)やパスワードと、iPhone・iPadで選択したSSID、入力したパスワードが一致しているか再確認しましょう。

大文字・小文字・数字も正確に入力していないとエラーになってしまいます。

  • 『I』(大文字アイ)と『l』(小文字エル)
  • 『q』(小文字キュー)と『9』(数字の9)

などは特に間違えやすいので注意してください。

「パスワード絶対正しく入力してる!!のに繋がらない!! 👿 👿 👿 」

という場合は、そもそものSSIDの選択で間違っている可能性があります。

↑複数の接続先候補が出ている時は注意。

『パスワードが違います』というメッセージは、入力パスワードが違っている場合はもちろん、SSIDとパスワードが一致していない場合も表示されるものです。

モデムが点灯していないか

モデムが点灯している場合は、点灯している箇所をよくみてみましょう。

点灯している箇所に記載の部分でエラーが発生していることを知らせています。

使っているモデム・点灯箇所により、対応策は異なりますので、モデムの型番と点灯箇所を確認後調べてみましょう。

モデムの再起動

一番手っ取り早い方法は、モデムの電源コードをコンセントから抜き、数秒待ってから再度差し込む方法です。

これでモデム全体がリフレッシュされ、接続設定が再読み込みされます。

ルーターやモデムの不具合はこの方法で99%が解決します。

ポケットWiFiの設定を確認・再起動する

ポケットwifiポケットWiFiを使っている場合は以下の方法が有効です。

ポケットWiFiを再起動してみる

ポケットWiFiを再起動することで、接続がリフレッシュされ改善されます。

W05端末の場合、電源を入れた状態で、Resetボタンを先の細いもので約5秒以上押すことで再起動されます。

ポケットwifiの再起動

設置場所を変えてみる

ポケットWiFiがWiMAX回線を使用していると、場所により繋がりにくい場合があります。

WiMAX回線は通信速度は早いですが、高層ビル群や山間部などでは安定しないという特性があります。

接続が安定しない場合は設置場所を少し高くしたり、カバンの中等ではなく外に出して使用すると接続が改善されます。

速度制限にかかっていないか確認する

「通信が急に重くなった・・・」

という場合は通信速度制限にかかっている可能性があります。

WiMAXポケットwifiの場合、ギガ放題を契約している方でも、4GLTE回線を使用するハイスピードエリアプラスモードで7GB以上の通信量が発生すると速度制限に引っかかるので注意が必要です。

速度制限に引っかかっているかどうかは、ご利用いただいているプロバイダのマイページからご確認ください。

サーバーメンテナンスやサーバーの不具合が発生していないかを確認する

悩む女性

稀にプロバイダの回線自体がメンテナンスや不具合などで急に繋がらなくなる場合があります。

その際はプロバイダから登録しているメールアドレス宛にお知らせが届くはずです。

メール以外にも、プロバイダのマイページから確認することも可能です。

この場合、プロバイダがメンテナンスを終えるか、不具合が改善されるかするまで待つ以外にありません。

サーバーそのものに不具合が発生している場合は、ユーザ全体に影響しているはずなので、twitterなどのSNS内の検索で調べて同じ症状の人がいるか確認してみるという方法もあります。

公衆WiFiの種類を変えて接続する

スターバックスや空港、ホテルや市街地などで使用できる公衆フリーWiFiを使用している方は、以下の方法を試してみることで改善することがあります。

Safariに繋いでみる

Safari

スターバックスなどで利用できるものなど、一部フリーWiFiは利用規約に同意するまで使用できないようになっています。

この規約に同意するまでは、WiFi自体には接続されていますがインターネットには接続されていません。

利用規約に同意するには、Safariを開き、適当なページを検索してみてください。

すると自動的に利用規約同意ページに飛ばされるハズです。

同意すると、以後インターネットに接続できるようになりますが、利用時間が指定されているものもあるのでしっかり確認しておきましょう。

WiFiをオフにして、LTE回線(4G回線)にする

公衆フリーWiFiは、誰でも無料でインターネットに接続できることから多くの人が利用します。

そのため、回線に大きな負荷がかかり読み込みに時間がかかったり、利用できないことが多々あります。

このような場合は、フリーWiFiではなくLTE回線に切り替えて使用することをオススメします。

iPhoneの場合であればWi-Fiをオフにするだけです。

iPadの場合も、セルラーモデルのiPadであれば、iPhoneと同様WiFiをオフにするだけで構いません。

他のWiFiに接続してみる

iPhoneは回線の電波が微弱だったり、混雑していたりして使用できないWi-Fiでも自動で接続してしまうことがよくあります。

iPhoneが自動で接続した回線でインターネットにアクセスできない場合は、他のWiFiに手動で繋いでみましょう。

設定→Wi-Fi→ほかのWi-Fiを選択する。

このとき、南京錠のマークが付いているものはパスワードがいるので、南京錠マークがついていないものを選びましょう。

「WiFiは繋がっているのにネット繋がらない」原因

悩む女性

「wi-fi電波はバリバリ立ってるのにネットが使えない!! 😈 😈 😈 」

・・・これもよくある現象で、一番ストレスがたまるパターン(笑)

これはiPhoneなどの接続端末側の問題ではなく、電波を発信している側に問題があります。

ポケットWiFiを使用している場合

ポケットWiFiとの接続はうまくいってても、ポケットWiFiそのものがネットに接続できていない可能性があります。

対処法としては以下のような方法が有効です。

  1. ポケットWi-Fiの再起動
  2. ポケットWi-Fiの設置場所を変える

W05端末の場合、Resetボタンを先の細いもので約5秒以上押すことで再起動することができます。

設置場所はカバンの中ではなく外に出して、引き出しの中ではなく机上に出すなど、今よりも気持ち高めのところで使用しましょう。

モデムを使用している場合

Wi-Fiに接続されていても、モデムがネットワークにアクセスできていない可能性があります。

対処法としてはコンセントを抜き、再起動することが有効です。

もし、モデムの側面のライトが点灯している場合は点灯箇所に何らかのエラーがあるので型番と踏まえて対処法を検索しましょう。

iPad・iPhoneのみの場合

WiFiマークが表示されている場合でも、接続しているフリーWiFiがネットワークにアクセスしていない、もしくは多くの人が利用しすぎて回線が混んでいる可能性があります。

対処法としては

  1. 別のWi-Fiに接続してみる
  2. Wi-FiをオフにしLTE(4G)回線を使う
  3. Safariを開き有料wi-fiなどに接続されていないか確認する

という方法が有効。

まとめ

このようにWi-Fi接続が遅い・繋がらないときは

  • iOSデバイス(iPhoneやiPad)の再起動
  • モデム・ポケットWi-Fiの再起動
  • 使用しているWi-Fiの切り替え
  • 外出している場合はWi-Fiをオフにしてみる

などが最も早く、確実・手軽な解決策ですね。

ぜひお試しください!

【この記事と一緒によく読まれる記事】

無制限ポケットWifiがiPhone/パソコンに繋がらない原因と対処方法!

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す