iPhone / iPad のネット動作が急に重い、遅い原因と改善方法とは?!!

スポンサーリンク

ども、Apple Geek です!今回は iPhone / iPad のネット動作が「重い」「遅い」原因と改善方法をご紹介します。

 

▼え、安っ!無制限ポケットWifi人気ランキングTOP3はこちら

インターネットに接続して YouTube で動画を見たり SNS で頻繁に投稿している方って多いと思います。

実はつい最近、仕事の休憩中に暇つぶしで iPhone の YouTube 動画を見ていたのですが急に動作が重くなりました。

何かクルクル回って動画再生するのがめちゃ遅い!!

あまりの遅さにイライラしたので諦めて SNS で暇をつぶすことに・・・

そしたら SNS まで動作が重いではないですか?!

数時間経過しても一向に改善されないので、何が原因なのか・対策はないか調べてみました。

急に iPhone のネットが重く遅くなる原因

iPhone のネット動作が重い、と一言で言っても原因は 1 つとは限りません。今回は可能性の高い順に原因と対処方法をまとめてみました。原因が分からないという人は上から順番に試してみてくださいネ!

1. 速度制限がかかっていた

1 番可能性が高い原因はキャリアで速度制限がかかっているということです。

「いや、全然違うんですけどぉ~!」っていう方はこちらの7つの改善方法に進んでください。

⇒iPhone/iPadのネット動作が重いときの7つの改善方法はこちら

au / docomo / SoftBank の各キャリアでは、データ通信量が月額容量にの限度に達するとネット利用に速度制限がかかる仕組みがあります。

3 社ともに、

  • 3 日間で 1 GB 通信を行うと翌日の朝まで速度制限
  • 1 ヶ月間に 7 GB 使うと請求の締め日まで速度制限

という契約になっています。

今使っている端末に通信制限がかかっているかを確認するには各キャリアのホームページにログインすると利用状況から確認できます。

2. 空きストレージ不足・キャッシュの蓄積

『ストレージの空き領域がありません』というメッセージが表示される人に多いのがこの問題。 iPhone の作業スペースが少なくなっているとすべての動作が鈍くなります

また、 iPhone の再起動をしていないという人は一時保存されるデータ(キャッシュ)をため込んでいることでネット動作が重くなっている可能性があります。

3. 知らない間に動作しているアプリがある

iPhone アプリの中には『バックグラウンド更新』の機能があるアプリがあります。これはアプリ自体を起動していなくてもアプリの情報を取得したり更新したりといった動作をするもの。

動作が表から見えないので自覚しにくい機能ですが、デフォルト設定で『バックグラウンド更新』が ON になっているアプリの場合には、この動作で iPhone の他の動作を圧迫して遅くしている可能性があります。

4. 回線が混雑している

とくに街中のカフェやホテルの Wi-Fi を使う時に起こりやすいのが、回線が込み合うことで読み込みが急激に重くなるという問題。「家の Wi-Fi は重くないのに公衆 Wi-Fi はなぜ重くなるの?」と思うかもしれませんが、回線の仕組みは水道に例えるとカンタン。家の Wi-Fi は 1 つの蛇口を 1 人で使うことができるのに対し、公衆 Wi-Fi の場合には 1 つの蛇口を多数の人が使っている状態なんですね。

街中で Wi-Fi を ON にしていると、 Wi-Fi が自動検索されて接続されますが、特に人が集まりやすい場所などでは回線が込み合っていることで Wi-Fi 速度が急激に落ちるということがあります。

5. メールをプッシュで受信している

HotmailやG-mailなどのPCメールアカウントをから使っている持っている人は多いと思いますが、新着メールがプッシュ通知が来るという場合はiPhoneが自動的にメールサーバーと通信を行っている状態のため、メール受信時には他の動作が重くなることがあります。

6. Facebook、Twitter、Insttagram、LINE、Safari のキャッシュの溜め込み

よく使うアプリが特に重い!よく落ちる!という場合に考えられるのがアプリ内キャッシュ(一時保存されるデータ)のため込み。アプリ内のキャッシュは iPhone の再起動でもクリアできないため、アプリごとに削除する必要があります。

7. iPhone の視覚効果が ON になっている

iPhone のデフォルト設定ではすべての表示や動作が『美しく見える』ように視覚効果が施されています。(アプリを開く動作やコントロールセンターの透けるような表示など) iPhone にとってはオプション的なモノですが、グラフィックの読み込みには負担がかかるため、場合によっては『カクツキ』や『もっさり感』の原因になります。


急に iPhone のネットが重く遅くなった場合の対処方法

ここからは上位の順で対策を開設していきます!

1. 速度制限の対処法

速度制限が原因の場合はキャリアからメールが来ているはずなので確認しましょう。

3 日間で 1 GB 通信に達したのが理由であれば、翌日の朝まで待てば元に復活します。

1 ヶ月で 7 GB 通信に達したのが理由であれば、請求の締め日まで元に戻らないので以下の対策を行いましょう。

【追加料金を支払う】

各キャリアの有料追加オプションへ申し込むことで請求締め日を待たずに速度制限を解除することができます。

  • au は「エクストラオプション」
  • docomo は「 128 kbps 通信解除」
  • SoftBank は「通常速度に戻すお申し込み」

追加料金は 2,625 円で 2 GB まで通常速度でネットを利用することが可能になります。

各キャリアにさっそく電話して問い合わせてみましょう!

2. 空きストレージ・メモリ不足の対処法

ストレージの空き容量を確認するには、設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40の一般 > ストレージとiCloudの使用状況を開きます。『使用可能』に表示されているのが空き容量、『ストレージを管理』をタップすると容量の大きいもの順に表示できます。(一番容量の大きいアプリが『写真とカメラ』だった人は次の項へ↓)

iPhone内のデータを削除したくない?!→クラウドストレージに保存!

これにはとにかく要らないデータを削除しまくるしかない、と思っている人もいると思いますが、捨てられるデータなんてそんなにないもの…というわけで、 Apple Geek のおすすめは iPhone とは別の場所にデータ移行できるクラウドストレージの活用です。

メジャーなものとしては Dropbox / Google フォト あたりですね。

クラウドストレージの使い方についてはコチラの記事へ

再起動は一番のメンテナンス!キャッシュクリアしてる?

iPhone は連続して稼働している間に『キャッシュ』をためこんでいきます。このキャッシュは一時的に保存されるデータのことで、 Android などの場合にはキャッシュクリア(メモリ解放)する機能などがもともと端末に搭載されていますが、 iPhone にはその機能がないので、『再起動』してキャッシュをクリアする必要があります。

3. バックグラウンド更新のアプリ・Siri 対策

「なんのアプリがバックグラウンド更新しているか分からないヨ」という人は設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40の一般 >『Appのバックグラウンド更新』を見てみましょう。結構な数のアプリがあるハズです。

バックグラウンド(起動していない時)のデータ更新が必要なアプリだけをONにしておきましょう。

また、 Siri が設定されていると動作が遅くなることがあるので、こちらの公式サイトを参考に Siri を無効にしてみてもよいかもしれません。

4. 回線混雑の対策

UQ WiMAX

街中 Wi-Fi の接続でネット激重になるのを防止するなら、ポケット Wi-Fi を持ち歩くのが一番。自分だけの回線を確保できるので他のユーザと回線をシェアする必要がなく、いつでも快適に Wi-Fi 回線を使うことが出来ます。ポケット Wi-Fi についての詳しい情報は後述↓↓

5. メールのプッシュ受信の対策

メールの受信て『プッシュ』以外にもあるの?

メールの受信方法には、『プッシュ』以外に『フェッチ』と『手動』があります。緊急の用件が来ないメールアドレスは、プッシュ通知を解除し『手動』に設定しておくと、自動的にメール受信サーバーに接続する動作を回避することができます。

  • プッシュ:受信したと同時に通知する方法。
  • フェッチ:指定した間隔( 15 分おき・ 30 分おき etc )でメールを受信する方法。
  • 手動:メールアプリを開いた時にのみ未受信のメールをまとめて受信する方法。

『手動』(OFFメール)への設定は設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40 > メール > アカウント > データの取得方法 から設定できるヨ。

6. アプリ内キャッシュの対策

アプリによってはキャッシュを削除する機能があるものもありますが、( LINE など)そうでない場合はアプリを一度削除し、再度インストールするとキャッシュを削除することができます。

SNS 系のアプリは一度 iPhone から削除し、 AppStore から再インストールしてみましょう。(再インストール後のアプリ容量がかなり減ります!↓)

 

LINEのキャッシュはクリアできるって知ってた?

最新の LINE バージョンでは、 LINE のキャッシュデータを LINE アプリから削除できるようになっています。キャッシュデータにはトーク履歴などは含まれていないので削除しても大丈夫! LINE の接続が重いという人は試す価値アリ。

  1. LINE アプリを起動する。
  2. 右下%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-31-44から設定%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-09-11-35-46をタップ。
  3. 『トーク・通話』をタップ。
  4. 画面を一番下までスクロールし『データの削除』をタップ。
  5. 『キャッシュデータ』を選択し削除。

Safariのキャッシュクリア方法。

Safariのキャッシュは設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40 > Safari > 『履歴とWebサイトデータを消去』から削除できます。

7. iPhone 視覚効果のカスタマイズ

iPhone の視覚効果の中でも、『視差効果』『コントラスト』をそれぞれ OFF にしておくと、グラフィックの読み込みをシンプルにし、動作を軽くすることができます。

  • 視差効果:アプリを開くときのグラフィック効果など。
  • コントラスト:コントロールセンターの背景が透けるように見える効果など。

視差効果OFF・コントラストOFFにする方法。

設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40 > 一般 > アクセシビリティ > 『視差効果を減らす』をON / 『コントラストを上げる』> 『透明度を下げる』をON。

 


重い!接続できない!遅くなる前に!

Wi-Fi を使用する

家にある固定の Wi-Fi ルーターやポケット Wi-Fi を使用すれば、キャリアのデータ容量を一切使うことなくネットを利用できます。

日頃からネットを良く利用する場合やゲームアプリ・動画・ SNS を利用する方は最初から Wi-Fi を利用しましょう。

よく使うアプリの動画再生はWi-Fi環境のある時だけに設定!

キャリアからの低速化宣言メールを恐れずに iPhone ライフを楽しむのに必須となるのが、この設定。 Facebook や Twitter などに張り付けられている動画が自動的に再生されるという人は要注意。 Wi-Fi 接続を忘れて YouTube を再生してしまうことがあるという人もこの設定↓にしておきましょう。

  1. Twitterの場合:プロフィール > 設定アイコン%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-10-22-22-58 > 設定 > データ から動画の再生を『Wi-Fi接続時のみ』にしておく。
  2. Facebookの場合:右下アイコン > 画面を下にスクロールし設定 > アカウント設定 > 動画と写真 > 自動再生を『Wi-Fi接続時のみ』にしておく。
  3. YouTubeの場合:iPhone設定アプリ%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-09-21-16-40 > モバイルデータ通信 > YouTubeをOFFにしておく。

Wi-Fi ルーターは各キャリアのショップやネット、家電量販店で契約できます。

どこの回線も約月額 3000 円後半~ですね。

ちなみに僕は「UQ WiMAX」のポケット Wi-Fi を 3 年以上使っています。

UQ WiMAX
▼え、安っ!無制限ポケットWifi人気ランキングTOP3はこちら

端末代や初期費用もゼロで月額3,600円ちょっとでネットが使い放題です。

しかも今なら3ヶ月お試しで契約することも出来るみたいですね!

あとは、ここのWifiも使ったことあるけどめちゃ良かったです。

▼無制限ポケットWifi人気比較ランキングTOP3はこちら


まとめ

通信が急激に遅くなる原因としてはキャリアの『通信制限』か街中 Wi-Fi 速度の遅さが原因になっていることがほとんど。常におそい!という人は端末のキャッシュの溜まりすぎやメモリ圧迫、空ストレージ不足、 iPhone の接続設定などが原因になっていると考えられますね。

原因が 1 つに断定できない分やっかいな問題ですが、今回紹介した方法でネット接続が軽くなるハズ!

ぜひ試してみてくださいね。

▼パソコンのネット接続が遅い原因と解決方法はこちら


コメントを残す