iPhoneの写真スクリーンキャプチャ(ショット)を保存できない原因は?

iPhone でスクリーンショットを撮る際にたびたび発生するのが、データが保存されないエラー。ほとんどの場合は基本的な対処や空き容量をふやすといった対処で改善することができます。

まずはスクリーンショットの撮影方法を確認

ホームボタンがある場合

  1. デバイスの上部または側面にあるスリープ/スリープ解除ボタンを押したままにします。
  2. すぐにホームボタンを押して放します。
  3. 撮れたスクリーンショットを確認するには、写真 App >「アルバム」を表示し、「カメラロール」をタップします。

引用:Apple公式サイト

ホームボタンがない場合

iPhoneでホームボタンがない場合でスクリーンショットを取る方法としては、音量を上げるボタンとサイドボタンを同時に押して、すぐに同時を離すことでスクリーンショットを撮ることができます。

スクリーンショットを撮ったら、サムネールが画面の左下隅にしばらく表示されるので、正常にスクリーンショットが撮れているかをチェックしましょう。またボタンを押すタイミングがずれてしまうとスクリーンショットが撮れないので注意してください。

iPhone の動作が重い場合は

同時に稼働しているアプリ(ホームボタンを2回押して表示されるもの:マルチタスク)をすべて上にスワイプして終了し、 iPhone を再起動します。

Assistive Touchを使ってスクリーンショットを撮る方法

またiPhoneの物理ボタンではなくソフトウェアの機能からスクリーンショットを撮ることもできます。ここではAssistive Touchを使ってスクリーンショットを撮る方法について紹介していきます。Assistive Touchを使ってスクリーンショットを撮ることができれば、わざわざボタンの同時押しをしなくても簡単にスクリーンショットが撮ることができます。なので必要に応じてAssistive Touchの設定を行い、スクリーンショットを撮れるようにしておくといいかもしれません。

AssistiveTouchの設定方法

Assistive Touchを使ってスクリーンショットを撮るためには、まずAssistive Touchの設定をする必要があります。

Assistive Touchの設定内容としては、

  1. 設定アプリを開き、アクセシビリティをタップ
  2. アクセシビリティの画面でタッチを選択して、「タッチ」の設定項目の最上部にあるAssistiveTouchをオン
  3. 最上位メニューをカスタマイズをタップして、「+」よりスクリーンショットを追加

これでAssistive Touchの設定は完了です。

AssistiveTouchを使って撮影する方法

関連する記事

コメントを残す