【簡単】iPhoneカメラのフラッシュ点灯がウザい!消す設定方法とは?

スポンサーリンク

ども、Apple Geekです!今回は iPhone カメラのフラッシュ点灯がウザいときに試したい、一発で消す設定方法について解説します。

iPhone デビューしたばかりの頃は、何かと設定操作が分からないもの。

特に頻繁に利用するカメラでは、フラッシュが必要ないシーンで勝手に点灯したりすることも・・・。

そこで今日は意外みんな知らないカメラフラッシュ機能の設定についてご紹介したいと思います。

iPhone のカメラでフラッシュを消す方法

カメラのフラッシュを消す方法

IMG_0884

カメラフラッシュの設定方法は簡単です。

カメラアプリを起動⇒画面左上のカミナリのアイコンをタップ⇒オフをタップ

以上でフラッシュ点灯が一切しなくなります。

暗闇で撮影する場合はオンをタップして利用しましょう。

iPhone でカメラのフラッシュが光るかを確認する方法

iPhone でカメラアプリを起動し、画面左上のカミナリのアイコンを確認しましょう。

カミナリのアイコンに斜め線が入っていたら、カメラのフラッシュは光らないモードになっています。

iPhone でカメラの設定が面倒くさいなら「自動」を使おう

iPhone のカメラを使って撮影するときに、撮影シーンにあわせてイチイチ設定することが面になるときも。

その場合は iPhone でカメラを起動して、モードを「自動」をタップしておけば大丈夫です。

カメラアプリが勝手に環境を判断してフラッシュが必要であれば点灯してくれます。


iPhone でカメラのフラッシュを消すことができないのはどんな時?その対処法も

iPhone 純正のカメラアプリではないアプリで撮影する時

iPhone にもともと入っているカメラアプリではないカメラアプリで撮影をした場合、フラッシュを消すことができない場合もあります。

最近は、自撮り用や風景用に様々なカメラアプリが開発されてい流ので一概には言えません。しかし、カメラのフラッシュを消したい場合は、お使いのカメラアプリについて調べてみると良いでしょう。

⇒iPhone人気カメラアプリおすすめランキング18選

iPhone の調子が悪い

原因がよくわからないけれど、 iPhone の調子が悪いとカメラの設定を変えられず、フラッシュも消せなかったりします。

この場合は、ひとまず iPhone を再起動をしてみましょう。

iPhone のライトとの接続が故障している

Appleサポート

フラッシュがつかなかったりする場合も同様ですが、 iPhone のカメラとライトの接続に不具合が起きている可能性があります。

素人が対処できる範囲を超えています。ので Apple サポートに問い合わせをすることをおススメします。


iPhone の懐中電灯が暗闇でライトを照らしたい時に便利

これは余談ですが、暗闇で明かりが必要なとき iPhone が懐中電灯の役割を果たしてくれるってご存知でしたか?

意外と知らない方もいるので豆知識としてご紹介します。

IMG_0837

 

iPhone ホーム画面上で、画面したから上に指でスワイプします。

すると上記画面キャプチャのように、各種設定のタブが表示されるので「ライト」のアイコンをタップしましょう。

そうすると明かりが点灯します。

誰でも知ってるようなマメ知識ですが、 iPhone デビューしたばかりの頃は私も知りませんでした。

ぜひご活用ください!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhone のカメラはすぐに起動でき、画質もいいですが、フラッシュが予期しないときに光ってしまうのは気まずいですよね。

この記事を参考にして、フラッシュを使いこなせるようにしておきましょう。


コメントを残す