何が変わった?iPhone7 / 7Plusのカメラを6sシリーズと比較してみた

この記事は約 5 分で読むことができます。

発表からもうすぐ1ヶ月、まだまだ話題に事欠かない新機種のiPhone7 / 7Plus。変わった部分は色々とありますが、特に大きく変化したのがカメラ周り。そこで今回は、先代のiPhone6s / 6s Plusと比較しながら、進化のポイントを探っていきたいと思います。

iphone7-camera

今ではすっかり当たり前の存在になったスマートフォンのカメラ。

iPhoneも、登場当初こそカメラにはあまり力を入れていませんでしたが、その後は毎年着実に進歩を続けてきました。

その進化が1つ上のステージに到達したのが、今年登場したiPhone7 / 7Plusです。

一体、今までのiPhoneと何が違うのでしょうか?

Sponsored Links


デュアルカメラ(ただしボケ機能は後日追加)

iphone7イヤホン

今回、iPhone7Plusに搭載された目玉機能の1つが、広角と望遠、2つのレンズを組み合わせたデュアルカメラです。

種類の違う2つのレンズで撮影した画像を合成することで、今までよりも高画質な画像を撮影できるようになりました。

また、機能そのものは後日追加となりますが、一眼レフカメラのように、背景がボケた写真も撮影できるようになりました。

元々、こうした撮影方法は一眼レフの十八番だったのですが、そこにiPhoneが切り込んでいった形になります。

流石に一眼レフに勝てるかといわれると微妙ですが、コンパクトデジカメは結構大きなダメージを食らったのではないかと思います。

光学手ブレ補正をiPhone7にも搭載

iphone7%e7%99%ba%e8%a1%a8

写真や動画の手ブレを効果的に抑えてくれるのが、光学手ブレ補正機能です。

iPhoneでは、今までPlusを冠する上級機種にしか搭載されていなかったこの機能が、iPhone7シリーズからは、無印の7にも搭載されるようになりました。

光学手ブレ補正の利点は、画質の悪化を避けられること。

実は、従来のiPhoneも手ぶれ補正機能自体は存在したのですが、それは撮影した画像や映像をiPhone内部でソフトウェア的に処理する「デジタル式手ぶれ補正」でした。

この方式はお手軽な反面、どうしても画質を低下させてしまうので、画質を重視するときには、あまり歓迎されません。

その点、光学手ブレ補正が搭載されていれば、ソフトウェアによる補正を最小限に留めることができるので、同じ状況でもより画質の高い写真や映像を撮影することが出来るのです。

光学手ブレ補正+ソフトウェア補正でYouTuberにもオススメ

iphone7-camera

iPhone7Plusの標準カメラアプリで動画を撮影すると、実は画角をカメラ本来の性能より意図的に狭くしていることがわかります。

その結果、ソフトウェアによる手ぶれ補正がかなりきれいに処理できるようになり、元々の光学手ブレ補正と合わせ、非常に高い手ぶれ補正能力がiPhoneに付加されました。

YouTubeにアップされているレビュー動画などを見る限り、いわゆる高級コンデジと呼ばれる製品にも負けない、見やすい動画を撮影しやすくなったと言えるでしょう。

ただし、iPhoneで撮影した動画はあまりビットレートが高くないので、走っている状態で撮影するなど、動きが激しい映像では一気に画質が悪くなってしまうことがあります。

そうした特性に注意して使ってあげれば、気軽に持ち運べて簡単に高画質な映像を得ることが出来る、最高のビデオカメラとして活躍してくれることでしょう。

光学2倍ズームは同じ

Plusシリーズに搭載されている「光学ズーム」は、6sPlusも7Plusも同じ2倍ズームです。

ただ、6sPlusの方は単眼カメラであることを活かして、サードパーティのズームレンズを付けてあげることで、さらに拡大倍率を上げることができるという利点も。

6sPlusで望遠機能をよく使っているという方は、今あえて7Plusに買い換える必要はないかもしれません。

明るいレンズで暗い場所でも撮りやすい

iPhone7 / 7Plusで大きく進化したカメラ機能の1つに、レンズの性能アップが挙げられます。

今回は、6sシリーズまでで使われていたレンズよりも明るい(光を取り込みやすい)レンズが採用されたので、室内などの暗い場所や夜間の撮影でも、今までよりも高画質の写真や映像を撮影できるようになりました。

筆者も最初は大差ないだろうと思っていたのですが、YouTubedで比較動画を見てびっくり!

これが何と、横に並べればはっきりとわかるくらいの違いなのです。

レンズの明るさを表すF値は1.8。これは、安価なデジタルカメラよりも、ずっと明るいレンズです。

iPhoneを使って手軽に、しかしできるだけ高画質な写真や動画を撮りたい。

そんな方にお勧めです。

まとめ:結構違う!これはiPhone7 / 7Plusの圧勝だ!!

というわけで、今回はiPhone7 / 7Plusのカメラ機能に的を絞り、先代iPhone6sシリーズとの違いに触れてみました。

比べてみてわかったのは、今回のiPhone7 / 7Plusで、iPhoneのカメラは大きくレベルアップしたということ。

「写真や動画を撮りたいけれど、ビデオカメラやデジタルカメラのような専用機を持つのはちょっと……」という方にもオススメですよ。

筆者も欲しくなってしまったのですが、ううむ……我慢我慢!

それでは、快適なiPhoneライフを♪

この記事と一緒によく読まれる記事はコチラ

▶︎iPhone7 / 7Plusで遂に日本上陸!今話題のApple Payって何?
▶︎新型iPhone7/Plusの画面割れ修理料金を比較!au/docomo/ソフトバンク
▶︎iPhone7/7Plusの予約金額の違いをau/ソフトバンク/ドコモで比較!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す