【 iPhone 5s 編】バックアップのやり方を初心者でも分かりやすく解説!

スポンサーリンク

iPhone 5sのバックアップ取り方~復元方法。( iCloud , iTunes )。pc・macパソコンでデータ移行する方法。アイフォンの写真をアプリでカンタンにバックアップ復元するやり方、エラーが出てバックアップできない時の対処も紹介。

iphone5s

 この記事と一緒によく読まれる記事はこちら 

▶︎【iPhone/iPad】Dropboxの基本的な使い方と電話帳バックアップ方法!

▶︎簡単!iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップして復元する方法とは?

▶︎Mac/Windows/icloudにiPhoneをバックアップして復元する方法とは?

バックアップというのは iPhone 内の情報を別の場所に保存することです。

普段の生活の中でバックアップが必要になる場面はあまりないかもしれませんが、なんらかの事故で iPhone 内のデータが消えてしまった場合に1から情報を入力し直さなくてもボタン一つですべてのデータを回復できるのがバックアップのメリットです。

バックアップの方法にはいくつか方法がありますが、ここでは最もシンプルで手軽な方法を紹介していきます。

なんとなく大変そうだからと二の足を踏んでいるひともサクッとバックアップして万が一に備えてみては?

Sponsored Links


iPhone ひとつでバックアップする方法

iphone5s

PCがないとバックアップできないと思っている人もいるかと思いますが、 iPhone だけでもバックアップをすることは可能です。

その場合には必要最低限のデータを iCloud に記録することでバックアップをとることができます。 iCloud へバックアップを行うことができるデータは次の項目です。

  • iPhone 上の写真・ビデオ
  • デバイスの設定
  • アプリのデータ
  • ホーム画面のアプリの配置
  • iMessage ・SMS・MMS のメッセージ
  • 着信音
  • ビジュアル・ボイスメール
  • HomeKit

(引用元:Apple公式サイト

他の項目は?

連絡先やカレンダー、ブックマークなどの他の項目は?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

実はこれらの項目は、 iCloud をONにした時点から自動的に同期(※)されるデータとなります。

iPhone 上の基本データ(連絡先/カレンダー/ブックマーク/メールメッセージ/メモ/共有フォトアルバム/ iCloud フォトライブラリ/マイフォトストリーム/ iCloud Drive に保存した書類)は iCloud Driveをオンにした時点で iCloud 上に保存され、 iPhone 上でそれらデータを変更、更新した際には自動的に iCloud に保存されるデータも更新されるシステムとなっています。

ですのでそれらの最低限のデータだけを保存できればいい、という場合には  設定≫ iCloud ≫ iCloud Driveをオンにし、リストとして表示されるものの中で必要なものだけをオンにすることで iCloud に保存しておくことができます。

※同期とは iPhone 上のデータと iCloud 上のデータを常に同じように保存する機能です。

iCloud 写真(フォトライブラリ)の注意

iCloud 写真(フォトライブラリ)とは、 iPhone の中の写真を iCloud と常に同じ状態にするという機能です。ですので、 iPhone 側で写真を削除した場合には iCloud の写真も削除されるということになるため、注意が必要です。

iCloud の画面を開いた際に表示される項目↓



iCloud 写真(フォトライブラリ)は、ほかのApple デバイスからでも同じデータを使えるようにするための機能なので、保管場所は共通でもデータを保存することが目的のバックアップとは機能がことなるということになります。

写真の保存はバックアップの動作からも行うことができますが、 iCloud 写真(フォトライブラリ)がONになっている場合にはバックアップ項目から除外されます。

( iCloud 写真か、バックアップかどちらかしか選択できないということですね)

共有ではなく、保存を目的に iCloud を使用する場合には iCloud 写真をOFFにし、マイフォトストリームをONにするか、両方をOFFに設定しバックアップの動作で保存するのがよいでしょう。



iPhone のみ( iCloud )でのバックアップ方法

iCloud

バックアップの前に確認

Wi-Fi に接続する

自宅に Wi-Fi がない場合には無料の Wi-Fi 環境を利用してバックアップすることが可能です。

(街中のWi-Fiに効率よく接続するためのアプリはコチラ

② iOS を最新にする

最新の iOS がインストールされているかを確認するには設定≫一般≫ソフトウェアアップデートから確認できます。最新のものが表示されているばあいにはダウンロードとインストールから更新します。

バックアップ方法

①設定から iCloud を開く

②バックアップをタップ

今すぐバックアップを作成をタップ

④バックアップ終了後、前回のバックアップ日時が表示されていればOK

iCloud の容量が足りないときは?

iCloud のメリットは自宅にPCがなくてもApple のクラウドサーバ(データ保存のための箱のようなものですね)にデータを保存できるということですが、無料で利用できる容量に制限があります。(5GBまで)

バックアップの際に〝ストレージの容量を超えています〟というメッセージが表示される場合には、 iPhone 内のデータが5GBを超えているということを意味しており、このような場合、バックアップを完了するためには3つの解決策があります。

共有(同期)するデータの量を減らす

iCloud に表示されるタブのON/OFFの切り替えで、 iCloud で同期保存する項目を選択することができます。とくにデータとして重くなりがちなのは写真なので、写真の同期をOFFにすればストレージオーバーを回避できることが多いようです。( iPhone に保存されている写真データそのものを整理することでもストレージ容量を減らすことができます)

【関連記事】初心者でもわかる!iCloudの使い方とiPhoneで写真、動画、音楽のバックアップや共有におすすめのクラウドアプリ!

iCloud に保存されているデータ量を減らす

iCloud から容量という項目をタップするとストレージを管理という項目が表示され、そこを開くと iCloud で保存しているデータ内容を表示することができます。このリストでは容量の大きいものから順番にリストアップされているので、保存の必要のないものを削除すれば、バックアップで新しいデータを記録するための空き容量を増やすことができます。

保存できる容量を増やす(有料)

iCloud ≫容量≫ストレージプランを変更を選択すると iCloud に空き容量を追加することができます。無料で利用できるのは5GBまでですが、有料で追加できるものとして、50GB/月額130円、200GB/月額400円、1TB/月額1,300円があります。



macPC・WindowsPC( iTunes )でのバックアップ取り方

iTunes (PC接続)でバックアップをすると、 iPhone 単体でバックアップよりも保存できる項目が多く、より完全なデータとしてバックアップを取ることができます。

iTunes でのバックアップ手順

  1. iTunes を最新にアップデートする。(必須)
  2. iPhone を接続する。
  3. 接続検知されたデバイスを選択する。
  4. 「概要」に今日の日付が出たら完了!

パソコン接続のバックアップでエラーが出る時の対処

  • 対処①:「詳しい情報」に従って解決
  • 対処②: iTunes が最新かを確認する
  • 対処③:MacPCの場合はパソコン iOS を最新にする
  • 対処④:セキュリティソフトをアップデートする
  • 対処⑤:PCの再起動をする



万が一バックアップをせずにデータが消えてしまったら?

困る 女性

購入したものは再ダウンロードできる

iTunes StoreやAppStore、iBooksStoreから購入したものは、購入履歴が残るため、それぞれのアプリから無料で再ダウンロードすることが可能です。LINE内の有料スタンプなど、Apple ID を使って購入したものも再ダウンロードすることができます。

クラウドを利用したアプリのデータは残る

一般的な SNS( facebook / twitter / instagram など)や、クラウド系アプリ(dropboxなど)は、 iPhone とは別のクラウド上でデータを保存しているため、 iPhone 内のデータが消えてもログインし直すことで常に自分のデータにアクセスすることができます。



まとめ

iCloud とバックアップについてお分かりいただけたでしょうか?

Apple ユーザは同じID で複数のデバイスを使う人も多いので、 iCloud はデータ共有の目的で使用されることが多いですが、例えば iPhone のみを使用する場合にも iCloud をOnにしておくことで最低限のデータを保存しておけるということになります。

写真や動画などのデータは容量が大きいですが、連絡先だけでも保存しておきたいという人はとりあえず iCloud で連絡先だけを同期しておくと安心ですね。

※ iPhone6 以降も同様の方法でバックアップを取ることができます。



 この記事と一緒によく読まれている記事はこちら 

▶︎【iPhone/iPad】Dropboxの基本的な使い方と電話帳バックアップ方法!

▶︎簡単!iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップして復元する方法とは?

▶︎Mac/Windows/icloudにiPhoneをバックアップして復元する方法とは?


コメントを残す