iPhone/iPadのiOS10アップデートに必要な空き容量と削減方法とは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

iOS10へアップデートしたいけど、空き容量が足りるか不安……。そんな方のための記事です。

ios10

iOSのアップデートの度に気になるのが、iPhoneやiPad本体の空き容量が足りるかどうか。

Wi-Fi経由でアップデートしようとすると、どうしてもiPhoneやiPadのストレージに一定の空き容量が必要となります。

そこで、今回はiOS10へのアップデート時に必要な空き容量と、足りない場合にどうすれば良いのかについて解説します。

Sponsored Links


必要な空き容量はどのくらい?

女性2

iOS10と一口に言っても、実は使用するデバイスにより必要な空き容量は大きく異なります。

ちなみに、開発者向けに先行公開されたiOS10では約2GBだったため、アップデート作業時に必要な追加の空き容量も考えると、少なくとも3GBは空きが必要といえるでしょう。(端末によっては、更に大きな容量が必要となる場合もあります。)

なお、実際に容量が不足する場合は、アップデート作業の途中でiOSから警告画面が表示されるので、ストレージの整理をする前にとりあえずアップデートを試してみるというのも手です。

空き容量を確保する方法

案内・女性

さて、実際に空き容量を確保する必要に迫られた場合は、以下の方法で空きを確保することができます。

iOSのアップデート機能に任せる

iOS10へアップデートする際、もしストレージの空き容量が不足すると、それを知らせる警告画面が表示されます。

その際、「必要な空きを確保するためアプリを一時的に削除しても良いか?」という旨のメッセージが出た場合は、画面に指示に従って操作していくことで、iOS側で勝手に必要な容量を確保してくれます。

この時、一時的に削除されたアプリは、アップデート作業完了後に復元されるので、新たにダウンロード作業を行う必要もありません。

ただし、アプリによってはデータが消えてしまったりする可能性も0ではないので、アップデート作業を行う前に、必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

手動で容量を確保する

iOS側の機能に任せず、手動でアプリやデータを削除して空き容量を確保することもできます。

アプリの削除の場合は前述の一時削除機能に任せるのが楽ですが、アプリより写真や動画、音楽などのデータの方が多い場合は、この方法は使えません。

そこで、PC/MacからiTunesでiPhone/iPadに接続し、バックアップする方法を取ります。

写真・動画データ

写真や動画のデータなら、PC/Macに接続後、そちらの適当なフォルダへ移動させてあげればOK。

アップデート作業が終わったら、再度iTunesに接続して写真や動画をiOSデバイス側に戻してあげるだけなので、簡単ですよ。

音楽データ
iTunesで楽曲を同期している場合

普段、iTunesでPC/MacとiOSデバイスを同期しているなら、

  1. 一旦音楽の同期を解除
  2. そのままiOSデバイスと同期を掛ける

という方法でiOSデバイス内の音楽データを一旦削除し、その状態でiOSをアップデート。

作業が終わったら、再度iTunesと接続して、音楽の同期を再開してあげればOKです。

iTunesでは同期していない場合

iPhoneやiPadから直接iTunes Storeで楽曲をダウンロード購入した場合は、同じApple IDであれば何度でも再ダウンロードを行うことができます。

一方、「昔持ってたPCで楽曲の同期を行った後、PCは使わないから処分してしまった」といったように、元々のコピー元PCが存在しない場合は、楽曲データを削除すると復旧できなくなってしまいます。

これはiOSの仕様なので、基本的にどうすることもできません。

専用アプリでハイレゾ音源などを使っている場合

専用のサードパーティ製アプリを使い、ハイレゾなどiOSデバイス標準アプリでは再生できない楽曲を聴いている場合、iTunesを使ってそのアプリからデータをPC/Mac側へ移動させることが可能となっていることが多いです。

くわしくは、アプリの開発元へお問い合わせください。

もっとも、PC/MacのiTunesで管理しているなら、わざわざWi-Fiアップデートを使わず、iTunesからのアップデート作業を行えば良いのですが……。

空き容量を確保しなくてもアップデートできる!

iOSのアップデート作業は、Wi-Fiを使ってiOSデバイス本体から行う方法の他に、iTunesをインストールしたPC/MacとiOSデバイスを接続して行う方法もあります。

後者の方法であれば、実はiOSデバイス側の空き容量の確保は必要ありません。(ただし、PC/Mac側のストレージにある程度の空き容量が必要となります。)

PC/Macを用意しなくてはならない不便さはありますが、普段からiTunesを使って管理しているという方は、このやり方の方が自然かもしれませんね。

まとめ:今、見直されるPC/Macの同期機能

というわけで、今回はiOS10のアップデートに必要な空き容量と、それを確保するためのテクニックについてご紹介しました。

一見すると気軽に使えて便利なWi-Fiアップデート機能ですが、ストレージの空き容量の少ない方にとっては、決して使い易いものとはいえません。

かといって、アップデートをせず放置するのも考えもの。

そうなると、やはりiOSデバイスは、母艦となるPC/Macとセットで運用する方が現実的なのかもしれませんね。

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す