Twitterフリートの足跡機能とは?足跡をつけない方法はある?

Twitterの新機能であるフリートが実装されました。そのフリートには足跡機能が付いているんです。ただフリートを閲覧しても足跡が残らない方法が存在します。今回はTwitterのフリートの足跡機能についてと足跡を残さない方法について見ていきます。

【フリートに足跡を付けない方法は?】Twitterの「フリート」とは

まずTwitterのフリートとはいったい何なのでしょうか。

フリートは2020年11月11日にTwitterに搭載された新機能です。

そしてフリートは通常のツイートは異なる新しい投稿手段でテキストやツイート、写真や動画などを投稿することができます。

Twitter公式も投稿していますね。

フリートはこれからトレンドになること間違いなしですね。

投稿から24時間で自動削除される

フォロワーのフリートはタイムライン画面上部に表示され投稿してから24時間経過すると消えてしまいます。

Instagramのストーリー機能のTwitter版だととらえるのがいいでしょう。

閲覧により足跡がつく

またInstagramのストーリー同様Twitterのフリートにも足跡機能が付いています。

自分のフリートを誰が閲覧したのかを見ることができるわけですね。

つまりは自分がフリートを閲覧したことを相手に知られるということでもあります。

 

非公開アカウントで公開アカウントによるフリートを閲覧した場合でも投稿主の公開アカウントは誰がフリートを閲覧したのかがわかる状態になっています。

非公開アカウントだからといって足跡が付かないわけではありません。

なお誰が来たのかは投稿主のみが確認できます。

投稿主以外はチェックすることができません。

【フリートに足跡を付けない方法は?】フリートを閲覧する方法

ではフリートを閲覧する方法を見ていきましょう。

フリートは簡単に閲覧できますので手順を覚えておきましょう。

タイムラインから閲覧する

まずはタイムラインから閲覧する方法です。

自分のフォロワーがフリートを投稿するとタイムライン画面上部にプロフィールアイコンが表示されます。

アイコンをタップするとフォロワーが投稿したフリートを閲覧できます。

 

アイコンに青色の枠が付いていれば未読のフリートがあることを示しておりグレーの枠が付いてればすべてのフリートが既読である状態を示しています。

プロフィールから閲覧する

次はプロフィールから閲覧する方法です。

自分がフォローしていないアカウントでも非公開アカウントでなければプロフィールをタップすればフリートを閲覧できます。

その場合はプロフィール画面でアイコンをタップして「Fleetを表示」をタップすれば大丈夫です。

 

これもタイムライン同様アイコンの枠の色で自分がフリートを見たのかどうかをチェックすることができます。

【フリートに足跡を付けない方法は?】足跡機能へのユーザーからの評判