iPhone6s/Plusの液晶タッチパネルが反応しない不具合の原因と対処法!

この記事は約 5 分で読むことができます。

iPhoneにとって液晶画面は命も同然。そんな液晶画面が反応しないときの対処法をご紹介。

iphoneタッチパネル

芸能人は歯が命。iPhoneは液晶が命。

液晶画面を通して全ての操作を行うiPhoneでは、タッチが反応しなくなるだけで、殆どの操作が出来なくなってしまいます。

そんな時、一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、そんな液晶画面に知らんぷりをされた場合の原因と対処方法を解説します。

Sponsored Links


iPhoneを再起動する

iphone再起動

まずはじめに試すべきは、iPhoneの再起動です。

PCや家電の多くがそうであるように、iPhoneも再起動することで不具合が解消されることが多くあります。

やり方

  1. iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)を長押しする
  2. 「スライドして電源オフ」と表示されるので、そこで左から右に指をスライドさせる。
  3. 電源が落ちたら、スリープボタン(電源ボタン)を長押しして、iPhoneを起動させる。

この方法は今回のケースに限らず、多くの不具合で対処療法として有効だったりしますので、覚えておくと良いでしょう。

iPhoneを強制再起動する

強制リセット

タッチが反応しない不具合では、iPhoneがフリーズしてしまい、通常の再起動操作を受け付けてくれない場合があります。

そんな時は、こちらの操作方法でiPhoneを強制再起動させることができます。

やり方

  1. スリープボタン(電源ボタン)とホームボタンを同時に10秒以上長押しする。
  2. Appleマークが画面に表示されたら、指を放す。

こちらも前項の通常再起動と同様に、iPhoneの調子が悪い時に使えるテクなので覚えておくと良いでしょう。

画面を綺麗にする

iphone クリーナー

画面の汚れ等でセンサーが誤作動しているケースもあります。

もし再起動で回復しない時は、iPhoneの画面をやわらない布で綺麗に清掃してみましょう。

また、最近ではiPhoneにも使える使い捨てのメガネ拭きや、液体式のメガネクリーナーなども売られています。

後者は100円ショップなどでも売られていますので、こまめに掃除したいという方は、こちらの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

ただし、液体式はホームボタンなどの隙間から内部に入って故障を招くこともあるので、使用時には注意が必要です。

保護フィルムやガラスフィルムを剥がす

iphone保護フィルム

iPhoneの液晶が言うことを聞かない場合、保護フィルムやガラスフィルムが悪さをしているケースもあります。

Appleでは、フィルムなどを出しているメーカー向けに、正しい動作に必要な要件を公開しているのですが、それに沿っていない製品を使うと誤作動を起こす場合があります。

また、フィルム類と液晶の間に気泡や埃が入り込み、それがセンサーを誤作動させているケースもあります。

ここまでの手順で回復しない場合、こうしたフィルム類を使っていれば、それを剥がして回復するか確認してみましょう。

剥がして回復するのであれば、新しいフィルムを買ってきて、もう一度綺麗に貼り直せばOKです。

ケースを外す

iphone6-本革ケース-1

フィルム類ほどではありませんが、ケースがセンサーを誤作動させているケースもあります。

ここまでの手順で回復しない場合は、一旦ケースも外してみることをおすすめします。

また、ケースを新調する場合、誤作動が心配であればAppleが発売している公式ケースを選ぶのも良いでしょう。

サードパーティ製品と比べると若干割高ですが、様々な種類から選ぶことができます。

静電気が発生していないか確認する

iPhoneの液晶画面は静電容量式といって、人体を流れる電気を利用して指の動きを認識しています。

その為、冬場など人体が静電気をまとっていると、稀に誤作動を起こす場合があります。

また、整形外科や整骨院などで電気治療器を使っている時も要注意。

筆者は、治療中に退屈でiPhoneを触っていたところ、液晶画面の反応が悪くなってしまったことがありました。

因果関係が明確ではないので、あくまで筆者の経験上の話ではありますが、治療を受けられている方は注意しておかれると良いかと思います。

修理に出す

Appleサポート

ここまでやっても解決しない時は、残念ながら修理に出すしか方法がありません。

修理の窓口は大きく分けて2種類。

  • Appleのサポート窓口へ連絡する
  • 非正規の修理業者へ持ち込む

後者の非正規業者については、安さやスピードに優れる反面、いくつかのリスクがありますので、ここではあえてお勧めはしません。

そこで、今回はAppleのサポート窓口へ連絡して、修理に出す方法を簡単にご紹介します。

Appleのサポート窓口に問い合わせる

  • Apple|サポート窓口
    • https://getsupport.apple.com/?caller=home&PRKEYS=

AppleではHP上にサポート窓口を設置しており、そこから電話・チャット・メールといった方法でサポートを受けることができます。

この窓口では、

  • 故障や不具合状況の相談
  • 応急処置方法の確認
  • 修理費用の見積もり
  • 宅配修理の申込
  • AppleStoreへの持ち込み予約
  • 近隣の正規サービスプロバイダー店の案内

といったことを行える為、ワンストップで全ての手続きを行ってしまうことも可能です。

最終的にAppleStoreへ持ち込むにしても、まずはこちらへ連絡するのが、結果的に近道となるでしょう。

まとめ

というわけで、今回はiPhoneの液晶画面が反応してくれない場合の原因と、その対処方法をご紹介しました。

大事なiPhoneが突然無反応になると、物凄く焦るものです。

幸いこうしたケースに見舞われていないという方も、是非この記事で対処方法を予習してみてくださいね。

それでは、快適なiPhoneライフを!

液晶画面に関する人気記事はこちら

▶︎iPhoneを水没して画面が真っ暗なのにsiri音が出る場合の対処方法とは?
▶︎【最安値】iPhoneの画面が真っ暗になる不具合の修理料金を比較!
▶︎iPhoneの画面が真っ暗になる不具合の原因と復元バックアップ方法は?

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す