「iPhoneを探す」をオフにする理由は?メリットとデメリット!

皆さんはiPhoneの設定である「iPhoneを探す」をオフにしていますか?

実は「iPhoneを探す」をすることにより得られるメリットがあるんです。

またデメリットもあります。

そこで「iPhoneを探す」をオフにする理由について見ていきます。

「iPhoneを探す」をオフにする理由

では「iPhoneを探す」をオフにする理由を見ていきます。

「iPhoneを探す」をオフにする理由にはいくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

【オフにする理由】①初期化するとき

まず理由は初期化するときにオフにします。

普通初期化する際には「iPhoneを探す」をオフにするように表示が出るのでオフにせざるを得ません。

しかし何らかの形でリカバリーモードで強制的に初期化する場合はiPhoneを探すがオンのままになってしまいます。

さらにはアクティベーションロックがかかってしまうためiPhoneが使えなくなってしまいます。

そのため理由として「iPhoneを探す」をオフにするときは初期化の場合が多いですね。

【オフにする理由】②修理するとき

次の理由は修理するときです。

修理するときに「iPhoneを探す」がオンの状態だとiPhoneにロックがかかります。

そのため修理ができません。

製造元のAppleでさえ「iPhoneを探す」状態だとロックを解除することはできないそうです。

なので理由として修理するときは必ず「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。

【オフにする理由】③下取りに出すとき

次の理由は下取りに出すときです。

下取りをうまく活用すれば新機種が安く手に入りますがその際にも「iPhoneを探す」はオフにしておきましょう。

しかも郵送でiPhoneを送る場合は受け取りができず送り返される可能性まであります。

この理由からオフにしましょう。

【オフにする理由】④遠隔からのハッキングを防ぐ

次の理由は遠隔からのハッキングを防ぐときです。

遠隔からのハッキングをしている人からすればどこからでもロックがかけられる状態に持っていくのはたやすいことだそうです。

二段階認証をしている場合はまだましなのですが「iPhoneを探す」をオフにしておくのが得策でしょう。

これをしていないと遠隔からのハッキングでiPhoneが使い物にならないなんてことがありえます。

PCから「iPhoneを探す」をオフにする

では理由を見たのでPCから「iPhoneを探す」をオフにする方法を見ていきましょう。

PCから「iPhoneを探す」をオフにするには手順があるので1つ1つ順を追って見ていきます。

PCから「iPhoneを探す」:設定①