iPhone検索履歴の削除、残さない、復元方法!Safari、Google、Yahoo、マップ等まとめ!

この記事は約 15 分で読むことができます。

GoogleChrome・Safariの検索履歴の削除方法(iPhone・パソコン)グーグル検索履歴削除でツールバーから「削除できない」時の対処他、YouTube・GoogleMap・購入アプリなどの表示・非表示のしくみと履歴削除の手順も。

検索履歴,削除,方法

この記事の目次

アプリの検索履歴はどんな時表示される?非表示の方法は?

アプリによっては「検索履歴」が表示されるものがありますよね。
検索履歴が表示されることで、他人に知られたくない検索履歴をうっかり他人に見られてしまう危険性があります。

そこで今回は、Google ChromeやSafariなど、検索履歴が表示されるアプリで検索履歴を削除する方法について解説していきます。

何を検索したかバレる!?検索履歴の表示ができるコンテンツ・アプリとは?

検索履歴の表示ができるコンテンツ・アプリには以下のようなものがあります。

  1. Google Chrome(検索アプリ)
  2. Safari(検索アプリ)
  3. Google Map(地図アプリ)
  4. YouTube(動画アプリ)

検索履歴には、人それぞれ「見られるとマズい検索履歴」があるものです。

特に、「Google Chrome」や「Safari」では、「見られるとマズい検索履歴」がたくさんあるという方も多いのではないでしょうか。

iPhone,見られたくない,検索履歴

例えば、家族や恋人、友人に内緒で「カードローン・キャッシング」を利用して借金をしようと検討している方は、「カードローン・キャッシング」について調べていた履歴を見られるのは困りますよね。

隠したい過去の検索履歴がバレるのはこんな時

他人に見られたくない検索履歴がバレてしまうのは、以下のような場面です。

  1. 人と一緒にいる際に、何かを検索しようとした時
  2. 浮気を疑われている人に履歴を見られた時
  3. 人といる際に、iPhoneでテキストを入力しようとした時

上記のような場面では、うっかり検索履歴が他人に見られてしまう可能性があります。

人が自分のそばにいる状態で、iPhoneで何かを検索したり、テキスト入力したりする際には注意を払う必要があります。

その人が自分のiPhoneを覗いている可能性があるからです。

テキスト入力の際には、「予測ワード(文字変換)」機能によって、普段自分がどのような文字を入力・検索しているかが推測されるかもしれません。

また、恋人・パートナーに浮気を疑われている場合には、相手が勝手に自分のスマホを盗み見ている可能性も考えられます。

  妻がiPhoneの指紋認証を解除して突破!浮気を見破る方法

グーグル検索履歴削除の方法(スマホ版Google Chrome)

ここからは、検索履歴がバレる危険性のあるアプリから「検索履歴を削除する方法」を解説していきます。
まずは「Google Chrome(スマホ版)」から検索履歴を削除する方法です。

「Google Chrome」から検索履歴を削除する方法

【iPhoneの場合】

①Google Chromeアプリを開き、右下にある「…」アイコンをタップ→「履歴」をタップする

iPhone,Google Chrome,設定 iPhone,Google Chrome,履歴

②「閲覧履歴を消去」をタップする

Google Chrome,履歴,消去

③「閲覧履歴の消去」のうち、消去したい項目にチェックをつける

Google Chrome,閲覧履歴,選択

④「閲覧履歴の消去」→「閲覧履歴の消去」を順にタップする

Google Chrome,履歴の消去

【Androidの場合】

①Google Chromeアプリを開き、右上の「その他アイコン」をタップ→「履歴」をタップする

②「閲覧データを削除」をタップする

③「期間」で「削除対象の履歴範囲」を選択する(すべての履歴を削除したい場合は「全期間」をタップする)

④削除したい項目にチェックをつける

⑤「データを消去」をタップする

グーグル検索履歴削除の方法(パソコン版Google Chrome)

続いて、パソコン版Google Chromeの検索履歴削除方法をご紹介します。

「Google Chrome」から検索履歴を削除する方法【パソコンの場合】

①パソコンでGoogle Chromeを開き、右上の「ツールバー」をクリックする

PC,Google Chrome,設定

②「履歴」→「履歴」の順でクリックする

PC,Google Chrome,履歴

③「閲覧履歴データを消去する」をクリックする

PC,Google Chrome,履歴の削除

④削除したい履歴の期間を選択する(すべての履歴を削除したい場合は「全期間」を選択する)

PC,Google Chrome,削除範囲

⑤削除したい情報(ここでは閲覧履歴)にチェックを入れる

PC,Google Chrome,データの消去

⑥「データを消去」をクリックする

Google検索候補を表示させないようにする方法

Google Chromeを使って何かを検索しようとするとき、検索窓に文字を打ち込むと、Googleの「検索候補」が表示されてしまいます。

Google Chrome,Google,検索候補

この検索候補を他人に見られることで、自分が普段どのようなワード・用語を検索しているのかがバレてしまう可能性があります。

検索候補・予測で表示されてしまうワードは2種類

Google Chromeの検索候補・予測ワードとして表示されてしまうのは「過去に自分が検索したワード」「Googleで検索需要が高いワード」の2種類です。

「過去に自分が検索したワード」が表示されてしまう問題は、上記で解説した「Googleの検索履歴削除」を実施することで解消できます。

一方で、「Googleで検索需要が高いワード」が検索されてしまう問題は、以下で説明する方法を実施することで解消できます。

検索候補(予測ワード)を削除する手順

Googleの検索候補の表示を削除する手順を解説します。

検索候補(予測ワード)を削除する手順

①Google Chromeを開き、右下の「…(ツールバー)」をタップ→「設定」をタップする

iPhone,Google Chrome,設定マーク iPhone,Google Chrome,設定をタップ

②「プライバシー」→「検索とサイトの候補を表示」をOFFにする

iPhone,Google Chrome,プライバシー iPhone,プライバシー,県s買うとサイトの候補を表示

この手順で設定を変更することで、Google Chromeの検索バーで文字を入力しても、検索候補・予測ワードの表示を削除することができます。↓

Google Chrome,Google,検索候補なし

Safariの検索履歴削除の方法

次に解説するのが、「Safari」の検索履歴削除方法です。
普段、検索アプリのSafariから単独で履歴を削除する手順は、以下のようになっています。

Safariの検索履歴削除方法

①Safariを起動して、右下にある「ブックマークアイコン」をタップする

iPhone,Safari,ブックマーク

②右側の「時計マーク」をタップして「履歴」を表示して、画面右下にある「消去」をタップする

iPhone,Safari,消去

③消去するデータの範囲を指定する(すべての履歴を消去したい場合は「すべて」を選択する)

iPhone,消去,消去範囲選択

上記の流れで操作すれば、Safariの閲覧履歴を削除することができます。

Safariの履歴が削除できない時の対処

「上記で紹介した方法でSafariの履歴を削除しようとしたが、削除ができなかった」という場合には、「機能制限」が働いている可能性が高いです。

「機能制限」とは、iPhoneの機能の一つで、特定のアプリや機能を利用できないように制限することが可能な機能です。

例えば、親が子供に自分のiPhoneを渡している場合に、子供がそのiPhoneを使って、勝手に買い物をしたり、アプリに課金したりする危険性があります。
「機能制限」を使って、アプリ課金ができないように制限をすることで、このトラブルを未然に防ぐことができます。

この「機能制限」が設定されているために、Safariの履歴を削除できなくなっていることが考えられます。
この問題は、「機能制限」をOFFにすることで解消できます。

「機能制限」をOFFにする手順

①「設定」→「一般」→「機能制限」の順にタップする

②Safariの「機能制限」をOFFにする、または「機能制限を解除」をタップする

iPhone,機能制限,Safariを解除 iPhone,機能制限,すべて解除

③「機能制限パスコード」を入力する

iPhone,機能制限,機能制限パスコード

「機能制限を解除」をタップすると、そのiPhoneで機能していたすべての「機能制限」がOFFになります。

Safariの検索候補を表示させないようにする方法

iPhoneの検索アプリ「Safari」を利用して、検索窓に何か文字を入力したときに「Google検索候補」「Yahoo検索候補」が勝手に表示されてしまいます。

iPhone,Safari,Google検索候補

この検索候補をうっかり見られてしまうことで、自分が普段どのような言葉・用語を検索しているのかがバレてしまう可能性があります。

検索候補(予測ワード)で表示されるワードは2種類

この「Google検索候補」「Yahoo検索候補」で表示されるワードの種類は2種類です。

一つが「自分の過去の検索に基づいたワード」です。

過去に自分が検索したことのあるワード・用語が、この検索候補に表示されてしまいます。

もう一つは「Safariと検索エンジン(GoogleやYahooなど)で検索需要が高いワード」です。

Googleの検索エンジン・Yahooの検索エンジンを使って検索されることが多い用語・ワードが、この「検索候補」に表示されます。

検索候補(予測ワード)を削除する手順

検索候補(予測ワード)が出てしまうことで、普段自分がどのようなワードを検索する傾向にあるのかを知られたくないという方は、「iPhoneの設定から検索履歴を削除」「検索候補の有無を設定」しまいましょう。

iPhoneの設定から検索履歴を削除する方法

①iPhoneの「設定」→「Safari」の順にタップする

iPhone,Safari,設定

②画面を下にスワイプして、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする

iPhone,Safari,履歴とWebサイトデータを消去

③「履歴とデータを消去」をタップする

iPhone,Safari,データを消去

 

検索候補の有無の設定方法

①「設定」→「Safari」の順にタップする

②「検索エンジンの候補」・「Safari検索候補」と「トップヒットを事前に読み込む」をOFFにする

iPhone,設定,候補の削除

「検索エンジンの候補」「Safari検索候補」をOFFにすることで、Google検索エンジン・Yahoo検索エンジンなどによる「検索候補」の表示を消すことができます

さらに「トップヒットを事前に読み込む」をOFFにすると、ブックマークや過去の閲覧履歴によって推測されるWebサイトの表示を無くすことができます。

YouTubeアプリの再生履歴・検索履歴を削除する方法

YouTubeアプリを操作している際にも、うっかり再生履歴や検索履歴を見られてしまい、「恥ずかしい思いをした」経験がある方もいるのではないでしょうか。

そこで、YouTubeアプリの再生履歴・検索履歴を削除する方法を紹介しておきます。

YouTubeアプリの再生履歴を削除する方法

【動画を個別で削除する方法】

①YouTubeアプリを開き、「ライブラリ」→「履歴」の順にタップする

iPhone,YouTube,履歴

②再生履歴を削除したい動画を左スワイプして削除

iPhone,YouTube,履歴削除
もしくは、再生履歴を削除したい動画の右上にあるアイコンをタップ→「[再生履歴]から削除」をタップする

iPhone,YouTube,再生履歴から削除

 

【すべての再生履歴を削除する方法】

①YouTubeアプリを開き、「アカウント」→「設定」の順にタップする

iPhone,YouTube,アカウント iPhone,YouTube,設定

②履歴とプライバシーの「再生履歴を削除」をタップする

iPhone,YouTube,再生履歴をすべて削除

YouTubeアプリの検索履歴削除

【検索履歴を個別で削除する方法】

①YouTubeアプリを開き、検索窓をタップする

iPhone,YouTube,検索窓

②過去の検索履歴が表示されるので、削除したい検索履歴を左スワイプして削除する

iPhone,YouTube,検索履歴を削除

 

【すべての再生履歴を削除する方法】

①YouTubeアプリを開き、「アカウント」→「設定」の順にタップする

②履歴とプライバシーの「検索履歴を削除」をタップする

iPhone,YouTube,検索履歴をすべて削除

Google Mapの検索履歴を削除する方法

続いて、「Google Map」の検索履歴を削除する方法について紹介します。

Google Mapの検索履歴を勝手に見られることで、自分がこれまでどんな場所に行ってきたのか、どんな場所の道順・ルートを検索していたのかを他人に知られるのは、嫌な気持ちがしますよね。

Google Mapでは検索履歴を削除することができるので、見られると困る履歴がある方は、以下の手順で削除してしまいましょう。

Google Mapの検索履歴削除方法

①Google Mapを開き、「検索窓」をタップする

②削除したい検索履歴の右側にある「×」をタップして、検索履歴を削除する

iPhone,Google Map,履歴削除

Google Mapの場合、「ロケーション履歴」にも注意する必要があります。

ロケーション履歴とは

「ロケーション履歴」は、ロケーション履歴機能をONにしたスマホを持つ人が、いつ・どこへ行ったかを記録してくれるGoogleのサービスです。

ロケーション履歴は、デフォルトではOFFになっていますが、自分でONにしている場合は、このロケーション履歴にも注意しなければいけません。

ロケーション履歴は基本的に、アカウントの本人しか閲覧できない非公開情報ですが、アカウントにログインした状態のスマホを誰かに見られたりすると、自分がいつ・どこへ行ったかが筒抜けになってしまいます。

そのような場合に備えて、ロケーション履歴を削除する方法もここで解説しておきます。

ロケーション履歴の削除方法

①Google Mapを開き、左上の「三本マーク」をタップする

iPhone,Google Map,三本マーク

②「タイムライン」をタップする

iPhone,Google Map,タイムライン

③画面右上の「…(ツールバー)」をタップ→「設定」をタップする

iPhone,Google Map,ツールバー iPhone,Google Map,設定

④「指定期間のロケーション履歴の削除」または「ロケーション履歴をすべて削除」で履歴を削除する

iPhone,Google Map,ロケーション履歴の削除

使用履歴が残らない検索ブラウザの使い方

ここまで、履歴が保存されるアプリ・コンテンツにおいて、他人に見られたくない履歴を削除する方法について解説してきました。

実は「Google Chrome」には、閲覧履歴やダウンロード履歴を残さずにブラウザ操作をすることができる「シークレットモード」という機能があります。

このシークレットモードをうまく活用することで、履歴やCookie情報を残さずネット検索やネットショッピングなどをすることができます

履歴が残らないので、「他人に履歴を見られる心配・不安」や「いちいち履歴を削除しなければいけない面倒」を解消することができます。

シークレットモードの使用方法

【パソコン版Google Chromeの場合】

①パソコンでGoogle Chromeを開き、右上の「ツールバー」をクリックする

②「シークレット ウィンドウを開く」をクリックする

PC,Google Chrome,シークレットタブを開く

③「シークレット ウィンドウ」が開かれる

PC,Google Chrome,シークレットタブ

 

【iPhone版Google Chromeの場合】

①Google Chromeを開き、右下の「…(ツールバー)」をタップする

②「新しいシークレットタブ」をタップする

iPhone,Google Chrome,新しいシークレットタブ

③「シークレットタブ」が開かれる

iPhone,Google Chrome,シークレットタブ

iPhoneキーボードの予測ワード(文字変換)を削除する方法

アプリ・コンテンツというわけではありませんが、iPhoneのキーボードで文字を入力しているとき、「予測ワード(文字変換)」が勝手に表示されてしまいます。

誰かに自分のiPhoneを貸したとき、普段自分がどのようなワード・用語を入力しているのかバレてしまうことがあります。

他人に見られたくない予測ワード(文字変換)が表示されてしまう人は、キーボードの予測変換機能を削除してしまいましょう。

iPhoneのテキスト作成で出る予測ワードは2種類

iPhoneのテキスト作成で表示される予測ワードは主に以下の2種類です。

  1. 自分がよく使うワード
  2. iPhoneユーザーがよく使うワード

自分が頻繁に入力するワードは、予測ワードとして表示されやすくなってしまいます。

また、自分はあまり入力しない言葉でも、iPhoneユーザーが良く使うものであれば、この予測ワードとして表示されてしまいます。

キーボードの予測ワードを削除する方法

iPhoneの予測ワードは設定で削除することができます

予測ワードを削除する方法

①「設定」→「一般」の順でタップする

②「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」をタップする

iPhone,設定,リセット iPhone,設定,キーボードの返還学習をリセット

↓(パスコードの入力が求められるケースあり)

iPhone,リセット,パスコード

③「変換学習をリセット」をタップ

iPhone,設定,変換学習をリセット

上記の手順で操作することで、これまで自分が入力してきたワードから推測される「予測ワード」を削除することができます。

バレたくないアプリダウンロード履歴を削除する方法

他人にバレたくないアプリの「ダウンロード履歴」ありませんか?
アプリのダウンロード履歴も、iPhone上で削除することができます。

もし誰にも見られたくないアプリダウンロード履歴がある方は、以下の方法で履歴を削除してしまいましょう。

App Storeアプリからアプリの購入履歴を削除する方法

①App Storeアプリを開いて、「アカウントマーク」をタップする  

②「購入済み」をタップ→「このiPhone上にない」をタップする

③削除したいアプリ上で左にスワイプ→「非表示」をタップする

アプリの削除について詳しく知りたい方は、「iPhoneアプリを完全削除して履歴を初期化する3つの方法とは?!」を参考にしてみてください。

【おまけ-浮気対策】電話の発着信履歴・Spotlight検索の履歴削除方法

最後に、「浮気対策」のために履歴削除を検討している方に向けて、「電話の発着信履歴」「Spotlight検索」の履歴削除方法をご紹介します。

iPhoneの電話の発着信履歴を削除する方法

浮気の証拠となり得る「電話の発着信履歴」の削除方法は以下の通りです。

iPhoneの電話の発着信履歴削除

【個別の発着信履歴を削除する方法】

①iPhoneの電話アプリを開き、「履歴」をタップする

iPhone,電話,履歴

②削除したい発着信履歴を左にスワイプ→「削除」をタップする

iPhone,電話,履歴削除

【すべての発着信履歴を削除する方法】

①iPhoneの電話アプリの「履歴」を表示→右上の「編集」をタップする

iPhone,履歴,編集

②左上の「消去」をタップする

iPhone,編集,消去

③「すべての履歴を消去」をタップする

iPhone,消去,履歴をすべて消去

Spotlight検索の非表示方法

iPhoneにある「Spotlight検索」をご存知でしょうか?
「Spotlight検索」機能を利用すると、iPhone内のデータを一括で検索することが可能です。

iPhoneのホーム画面で、画面の上から下へスワイプすると「Spotlight検索」の画面を表示することができます。

iPhone,Spotlight検索

 

例えば、Spotlight検索で「パスワード」と入力してみます。

 

iPhone,Spotlight検索,検索

そうすると、App Store内の「パスワード」に関するアプリや、Twitter内の「パスワード」に関する投稿や、Wikipediaの表示、辞書による「パスワード」の解説などを一括で表示することができます。

iPhone,Spotlight検索,検索画面 iPhone,Spotlight検索,検索結果

上の画像を見てもらえば分かりますが、Spotlight検索でも「検索候補(Siriからの提案)」が表示されてしまいます
このSpotlight検索の検索候補を非表示にする方法をご紹介します。

Spotlight検索の候補を非表示

①「設定」→「Siriと検索」をタップする

iPhone,設定,Siriと検索

②「Siriからの提案」にある「検索の候補」をOFFにする

iPhone,Siriと検索,検索の候補をOFF

上記の通りに操作することで、Spotlight検索の候補を非表示にすることができます。

  旦那が浮気!相手のiPhoneLINEトーク履歴を転送する方法とは?

  iPhone gpsの追跡方法!浮気不倫男の居場所を特定!

まとめ

今回は、「他人に知られたくない検索履歴を見られないようにしたい!」という方のために、アプリやコンテンツ・iPhoneにおける「履歴の削除方法」を中心に解説してきました。

見られると困る履歴がある方は、削除してしまった方が安心です。

当記事で解説した方法を利用して、都合の悪い検索履歴は削除してしまいましょう。

  iPhoneのショートメールSMSを着信拒否すると相手にバレるの?

  LINEのトーク履歴を削除、復元する方法とは?相手側の表示や通知も解説!

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す