iPhoneストレージの書類とデータを削除し空き容量を増やす方法

iPhoneストレージの書類とデータ容量が大きくなってしまったことはありませんか。ここではiPhoneの書類とWEBサイトの構造ごと保存して後で読めるようにしたSafariの機能データ容量が大きくなってしまい削除する方法や空き容量を確保する手順について紹介していきます。

「書類とデータ」の中身はキャッシュや履歴・設定データなど

みなさんはiPhoneの書類とデータ容量を気にしたことはありませんか。iPhoneの書類とデータとはどのようなデータがiPhoneに蓄えられているのでしょうか。iPhoneの書類とデータとは、iPhoneのキャッシュデータや履歴、設定情報としてデータが蓄えられています。キャッシュデータとは、一時データのことです。なのでiPhoneを利用しているといつの間にかキャッシュデータhが大きくなってしまい、書類とデータのサイズが大きくなることがあるので注意してください。

iPhoneストレージから「書類とデータ」を削除する方法

iPhoneの書類とデータとは、キャッシュデータや履歴、設定情報が集まったデータであることはわかって頂けましたでしょうか。それではここではキャッシュデータや履歴、設定情報が予想以上に蓄えられてしまい、iPhoneの書類とデータでストレージサイズがひっ迫してしまった場合にiPhoneのストレージ容量から「書類とデータ」を削除する方法についてチェックしていきましょう。

①ブラウザのキャッシュを削除

iPhoneのストレージ容量がひっ迫してしまい、iPhoneの書類とデータのサイズが大きい場合は、ブラウザのキャッシュデータをクリアしてみましょう。iPhoneのブラウザのキャッシュデータとは、相変わらず一度ブラウザ経由でアクセスしたアクセスデータの一時データが蓄えられているデータのことです。この一時データであるキャッシュデータを削除してもiPhoneのデータが消えるわけではないので、安心してください。しかしiPhoneのキャッシュデータを削除すると次回のブラウザアクセスがいつもより時間が掛かる場合があります。

②safariブラウザのリーディングリストを削除

またiPhoneの書類とデータを削除するためにはSafriブラウザのリーディングリストを削除することもおすすめです。Safariのリーディングリストとは、WEBブラウザの構造ごとiPhoneに保存して、後で再度読むことができるようにする機能となっています。iPhoneにWEBブラウザの構造ごとiPhoneに保存するためたくさんのウェブページをリーディングリストに保存してしまうと大量のデータを保管することになるため、書類とデータのサイズが大きくなってしまうことがありますので、リーディングリストを利用している場合は保管するリーディングリストの数にも注意が必要です。

③LINEなどメッセージアプリのキャッシュを削除

またiPhoneの書類とデータにはメッセージアプリケーションのキャッシュデータを保管されるようになっています。そのためiPhoneにインストールされているメッセージアプリケーションの数によっては、キャッシュデータが多くなり、iPhoneの書類とデータのストレージサイズが大きくなってしまう子があります。特に日本人が多く利用しているLINEのアプリケーションはキャッシュデータを多く蓄える傾向にあるので、定期的にキャッシュデータをリフレッシュさせるようにしましょう。

④写真や動画・音楽を完全に削除

iPhoneの書類とデータを削除する方法としては、iPhoneの写真や動画・音楽データが削除したつもりでもデータが残ってしまうことで写真や動画・音楽のデータが原因でiPhoneの書類とデータのストレージサイズが大きくなってしまうことがあります。iPhoneの書類とデータの中身には、iPhoneに保存した写真や動画、音楽といったデータのゴミデータもストレージ日本されてしまうことがあります。iPhoneに保存した写真や動画、音楽が原因で書類とデータのストレージサイズが余ってしまうこともありますので、注意してください。

⑤メッセージやメールの添付ファイルを削除