iPhone のメールを一括削除できない場合の対処方法とは?

スポンサーリンク

iPhone 8 以降のモデル(または iOS 11・ iOS 12 )に対応「 iPhone のメールアプリで一括削除する方法」「一括選択>未開封メールを既読にする方法」を紹介。削除したメールが戻ってくる・削除できない時の対処方法も。

iPhone のメールの一括削除方法( iOS 11・ iOS 12 )

今回は、 iPhone のメールアプリに届いたメールを「一括削除する方法」「一括で既読にする方法」について解説していきます。

まずは、メールを一括削除する方法から紹介していきます。
この一括削除する方法は、 iPhone 8 以降( iOS 11 以降)を購入した人であれば、利用することができます。

メールを一括で削除する方法

(1) 一括で削除したいメールがある「メールボックス・受信ボックス」を開く

(2) 画面右上の「編集」→左下の「すべてマーク」→「開封済みにする」を順にタップする
(参考となる画像は次の章をご覧ください)

(3) 画面右上の「編集」を再びタップし、一通だけチェックを入れる

 

 

(4) 「移動」をタップしたままで「チェック」を外し、その後「移動」から指を離す

 

 

(5) 「受信ボックス」にあったすべてのメールが選択されている状態になる

 

 

(6) 「メッセージをメールボックスに移動します。」と出るので、「ゴミ箱」をタップする

 

 

(7) すべてのメールが一括削除されていることを確認する

 

上記の流れで操作することで、 iPhone のメールアプリにあるメールを一括削除することができます。

以下は、一括削除の操作を画面録画したものです。↓

 

重要なのは、「移動」をタップしたまま「チェック」を外す操作です。


iPhone のメールを一括選択>未開封を既読する方法

続いて、 iPhone のメールアプリにある「未開封(未読)メール」を一括選択して「既読(開封済み)」にする方法をご紹介します。

メールを一括選択>未開封を既読する方法

(1) 「受信ボックス」を開き、「編集」をタップする

 

 

(2) 左下の「すべてマーク」をタップする

 

 

(3) 「開封済みにする」をタップする

 

上記の流れで操作することで、受信ボックスに溜まった未開封メールを、一括で既読にすることができます。

  iPhoneでメールを相手に拒否されると送信側にどんな通知がいく?


iPhone メール一括削除ができないときの対処

上記で説明した流れで、メールを一括削除しようしたら、「メッセージが移動できません」と表示され、一括削除ができないケースが見られるようです。

この場合は、以下の 2 点を確認してみましょう。

  1. メールアプリのアカウントをチェック
  2. メールアプリのごみ箱設定をチェック

メールアプリのアカウントをチェック

もし「メッセージが移動できません」と表示され、メールを一括削除できなかったり、個別でメールを削除することも出来ない場合には、メールアプリのアカウント情報に誤りがある可能性が考えられます。

以下の手順でアカウント情報をチェックしてみてください。

メールアプリのアカウントをチェック

(1) 「設定」→「アカウントとパスワード」をタップする

 

 

(2) 削除したいメールの「アカウント」をタップする

 

 

(3) 「IMAP」にある「アカウント」をタップする

 

 

(4) 「IMAPアカウント情報」を見て、誤りがないか確認する

 

まずは、上記の流れでアカウント情報をチェックします。
問題がなければ、次の「ゴミ箱設定」を確認していきます。

メールアプリのごみ箱設定をチェック

続いて「ごみ箱設定」をチェックしていきます。

メールアプリのごみ箱設定をチェック

(1) 「 IMAP アカウント情報」の一番下にある「詳細」をタップする

 

 

(2) 「メールボックスの特性」の「削除済みメールボックス」をタップする

 

 

(3) 「ゴミ箱」をタップして、左上の「詳細」をタップする

 

 

(4) 「削除済みメールボックス」が「 iPhone 」に設定されていることを確認する

 

「削除済みメールボックス」を「 iPhone 」に設定し直すことで、「メッセージが移動できません」という表示が出て、メールを一括削除できない問題を解消できます


削除したメールが戻ってくる(復活する)場合の対処

時折、削除したはずのメールが再び受信ボックス・メールボックスに戻ってくる(復活する)現象が起こるようです。
このバグが発生した際の対処法について解説しておきます。

削除したはずのメールが復活してしまう場合は、以下の対処法を試してみてください。

  1. iOS をアップデートする
  2. 削除前に開封する

iOS をアップデートする

削除したメールが復活してしまうバグが発生したら、まず iOS が最新バージョンになっているか確認し、なっていなければ iOS をアップデートしましょう。

このバグは、「 iOS 9 」以前のバージョンで多発しているため、 iOS をアップデートすることで解消できる可能性が高いです。

削除前に開封する

もしくは、削除前にメールが「開封済み」の状態になっているか確認してみましょう。
メールが未開封(未読)の状態で削除しても、再び復活してしまうことがあります。

メールを一括削除または個別削除する前に、「開封済み」の状態にしておくことで、削除メールが復活するバグを解消できるでしょう。

  iPhoneの消えたメールを復元する方法とは?ソフトバンク/au/ドコモ編


まとめ

今回は、 iPhone のメールアプリのメールを「一括削除する方法「一括で開封済みにする方法、その他メールアプリのバグを解消する方法についてまとめてきました。

  • 「メールチェックが面倒くさくて放っておいたら、ものすごい数溜まってしまった」
  • 「迷惑メールや広告・プロモーションメールがたくさん来て、削除するのも面倒くさい」

というような悩みを抱えている方は、ぜひ当記事で紹介した方法を使って、いらないメールを一括削除してみてください。

  iPhoneのメール通知が届かない時の設定方法!au/softbank/docomo/iCloud/iMessage編


コメントを残す