【Mac】App storeに接続できない原因と対処方法とは?

MacパソコンでAppStoreでアプリケーションがダウンロードできなかったり、既にインストールされているアプリケーションのアップデートができない場合は、いくつかの原因が考えられます。

ここではMacパソコンでAppStoreによるアプリケーションのダウンロード。アップデートができない場合の対処法について紹介していきます。

①AppStoreにサインインしているか確認する

まずMacパソコンでAppStoreの動作がおかしい場合は、AppStoreにサインインしているアカウントを確認してみましょう。もしかしたらそもそもAppStoreのアカウントにサインインすることをわすれているだけかもしれません。

その場合自分のアカウントでサインインして再度アプリケーションのダウンロードやアップデートを試してみましょう。

②有効な支払い方法が設定してあるか確認する

MacパソコンでAppStoreが正常に動作しな場合は、AppStoreで登録している情報に誤りがある場合もあります。

特にAppStoreでアプリケーションを購入する際に利用される支払い方法の設定が誤っているとアプリケーションがダウンロードできないこともあるので、確認してみてください。

③AppStoreがシステム可動しているか確認する

そもそもAppStoreのアプリケーションがMacパソコンで正常に稼働していないこともあります。

AppStoreのアプリケーションを起動しているのに画面が動かない場合やAppStoreのアプリケーションの画面が表示されない場合は、AppStoreのアプリケーションに問題がある場合もあります。

④ネットに接続できるか確認する

またMacパソコンの設定が誤っておりAppStoreのアプリケーションで不具合が発生している場合もあります。

Macパソコンのインターネット設定が誤っているとネットワークにアクセスできずAppStoreでアプリケーションのダウンロードができず、エラーになってしまう場合もあります。なのでウェブブラウザを起動してそもそもインターネットアクセスできるかを確認してみましょう。

⑤Macを再起動する

上記の対処法を試しても解決しない場合は、Macパソコンを再起動してみましょう。Macパソコンをずっと起動したままにしていたり、iOSのアップデートをした後は不要なファイルが邪魔をして正常に動作しなくなることもあります。

なのでMacパソコンを定期的に再起動してリフレッシュさせてあげましょう。Macパソコンを再起動する場合は、データをしっかり保存してから再起動しないとデータが消えてしまうこともあるので注意してください。

Mac 版 App Store を使うメリット

ユーザーが Mac 版 App Store を使うメリットもあるので、まとめてみます。

不正なアプリが少ない

関連する記事

コメントを残す