【最新】Macbook Airのバッテリーを長持ちさせるコツとは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

バッテリーの持ち時間はポータブル機器においてはカナメとなる要素。現行のMacBookAirでは9時間(11インチ)から12時間(13インチ)の稼働が可能となっていますが、バッテリーをなるべく長持ちさせる方法はあるのでしょうか?今回は外出先でのちょっとした工夫で稼働時間を長くできる裏ワザをご紹介します。

macbook バッテリー

バッテリー節約術

画面の明るさを調節(Apple推奨)

コンピュータのほかのすべての設定と比べて、画面の明るさはバッテリー駆動時間に最大の影響を与える可能性があります。「F1」キーを押して、画面の明るさをできる限り抑えて、快適に作業できる明るさまで暗くします。Apple メニュー >「システム環境設定」>「ディスプレイ」でディスプレイの輝度を設定することもできます。

省エネルギーパネルを活用(Apple推奨)

システム環境設定の「省エネルギー」パネルには、Mac ノートブックを操作していないときにバッテリー駆動時間を長くする多くのオプションが用意されています。たとえば、操作していないときにディスプレイがスリープするよう設定すると、一時的にバックライトが消え、バッテリー駆動時間が大幅に長くなります。

el-cap-system-preferences-energy-saver

バッテリーを知らず知らずのうちに消費する機能をOFF!(Apple推奨)
  • AirMac またはBluetooth は、メニューバーのそれぞれのアイコンまたはシステム環境設定 (AirMac は「ネットワーク」パネル、Bluetooth は「Bluetooth」パネル) で無効に。
  • ノートブックに接続された外部デバイス(USB接続した機器)によっても電力が消費されるため、バッテリーのパフォーマンスを最適化するには、これらの接続を外します。

引用:Apple公式サイト

ログイン項目減らす

勝手に立ち上がるアプリがたくさんあっても、手動で終了すればバッテリーの消費に支障はないと思っている方も多いと思いますが、実はアプリの立ち上げ動作だけでなく、閉じる際のメモリ開放による動作でもバッテリーを消費するというのが見落としがちなところ。自動的に起動するアプリが多いと、立ち上げ+終了動作でバッテリーを消費する原因になるため、自動ログインが必要なアプリを最小限に選択しておくのが効果的です。ログイン項目はシステム環境設定アプリケーションで設定できます。

  1. アップルメニューの「システム環境設定」を選択します。
  2. 「表示」メニューの「アカウント」を選択します。
  3. ユーザ名をクリックします。
  4. 「ログイン項目」ボタンをクリックします。
  5. 「追加 (+)」(または削除)ボタンで選択します。

引用:Apple公式サイト

Sponsored Links


バッテリーの減りが異常に早いと思ったら

macbook air 電池

App が反応しなくなったり正常に動作しなくなったりした場合、見かけ上は何も実行していないようでも必要以上にプロセッサ (CPU) を使っていることがあります。

CPU の使用率が上がればエネルギー消費が進み、Mac がバッテリーの電力で動作できる時間は短くなります。 アクティビティモニタの「CPU」パネルで、App (プロセス) が CPU にどの程度影響しているかを確認できます。

  1. アクティビティモニタを開いて、「表示」>「すべてのプロセス」の順に選択します。
  2. 「% CPU」列の見出しをクリックして、各プロセスの CPU 消費率を基準に並べ替えます

CPU 使用率が終始 70 パーセントを上回るプロセスがある場合、CPU に過剰な負荷をかける存在であり、動作不良が疑われます。

この場合はまず該当するAppを終了します。 プロセスを終了するには、まず通常の方法で終了してみます。たとえば、Safari を終了するなら、Safari に切り替えて「Safari」>「Safari を終了」を選択します。プロセスを通常の方法で終了できない場合は、アクティビティモニタを使って強制的に終了することができます。

プロセスに関係のある書類をすべて保存した上で、アクティビティモニタでそのプロセスを選択し、「表示」>「プロセスを終了」の順に選択します Appを正常に機能させるためには、Appを最新のバージョンにアップデートしておくことが推奨されています。
参考:Apple公式サイト

バッテリーの残り時間や交換時期のチェック

バッテリーの残り時間は、optionキーを押しながらバッテリーアイコンをクリックすることで表示できます。 el-cap-menu-bar-battery-status-menu-battery-condition

メニューバーのバッテリー状況は、ディスプレイの明るさやシステム負荷に応じて頻繁にアップデートされます。たとえば大きなファイルを開いたりアプリケーションを起動したりしているときにバッテリー状況が更新されると、残り時間が大幅に減ることがあります。この残り時間は、バッテリー状況が更新されたときにちょうどコンピュータで実行されていた内容に基づいて推定されています。

また、バッテリーは充電を繰り返すことで著電量が少しずつ減っていきますが、メニューバーから表示されるバッテリー詳細ではバッテリーの交換時期などをチェックすることも可能です。

交換時期の表示
  • 正常:バッテリーは正常に機能しています。
  • 間もなく交換:バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して低下しています。メニューバーに表示されるバッテリー状況を定期的に確認し、バッテリーの状態に気を配っておいてください。
  • 今すぐ交換:バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して大幅に低下しています。コンピュータを使い続けても安全面に支障はありませんが、充電能力の低下のせいで作業効率が悪くなるようであれば、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。
  • バッテリーの交換修理:バッテリーは正常に機能していません。適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。

まとめ

MacBookAirを特に長く使っていると、バックグラウンドで稼働するアプリが増えるなど、意外なところでバッテリーを消費しているかもしれません。バッテリー自体の交換時期も要チェックですね。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す