iPhone MacBook お役立ち(情報)

Safariで「接続はプライベートではありません」の警告!原因と対処法を解説

Safariを使っている最中に、「接続はプライベートではありません」と表示される場合があります。サイトに問題がある場合のほか、デバイスなどのエラーの場合もあります。この記事では、「接続はプライベートではありません」が表示される原因や対処法をご紹介します。

「接続はプライベートではありません」表示の意味は?エラーの概要

まずは、「接続はプライベートではありません」表示がどういう意味を持つものかを説明します。この表示がされるのは、エラーが発生した場合のみに限らず、警告の場合もあることも理解しておきましょう。

サイトの安全性に関連するエラーメッセージ

iPhoneやMacに搭載されているWebブラウザのSafariを使用中に、「接続はプライベートではありません」表示に出くわすことがあります。ブラウザ全画面にエラーメッセージが表示が表示されて、目的のページを閲覧できない状態になります。

このメッセージが表示されるのは、safariがアクセスしようとしているサイトの信頼性に問題があり、安全性が確認できていないことを注意喚起するのが目的です。

サイトの安全性に関するエラーメッセージは、使用するブラウザによって異なります。SafariやMicrsoft Edgeでは、「接続はプライベートではありません」表示がされます。

iPhoneでもMacでもSafari使用時は表示される可能性あり

「接続はプライベートではありません」表示がされるのは、上記で説明したように、アクセスしようとしているサイトやインターネットアクセス方法に問題がある場合であり、iPhone・Mac・WindowsPCといった使用しているデバイス自体に問題が起きている可能性は低いと考えられます。

まずは、インターネットアクセス方法や閲覧しようとしているサイトの安全性をチェックするのは先決です。

サイトの安全性に関連するエラーメッセージはブラウザで異なる

ブラウザがアクセスしようとするサイトが安全でないと判断した場合のエラー・警告メッセージはブラウザによって異なります。

  • Safari:「接続はプライベートではありません」
  • Google Chrome「:この接続ではプライバシーが保護されません」
  • Mozilla Firefox:「安全な接続ではありません」
  • Microsoft Edge「:接続がプライベートではありません」

などとなっています。

また、上記のエラーメッセージは、Webページ全画面を使って表示され、対象サイトの内容の表示にはたどり着きません。サイトの信頼性などに問題のある可能性が高いのでこうした設計になっていると考えられます。ポップアップ表示などの表示方法は採用されていません。

エラーが表示されなくても鍵マークなしのサイトには注意

現在は、サイトの安全性を示すために、SSL証明書を導入しているサイトが増えています。サイトにアクセスした場合、SSL証明書を導入していれば、ブラウザのURL入力欄に鍵マークが表示されるのですぐにわかります。

SSL証明書は強制ではないので、普通のサイトでもSSL証明書を導入していないものもありますが、しかし、だんだん少なくなっています。

気をつけるべきは、公式サイトに似せた偽物のサイトやフィッシングメールで誘導されるような危険なサイトの場合です。これらの悪質なサイトはSSL証明書を発行しておらず、鍵マークの無いサイトになっていることが多いのです。

「接続はプライベートではありません」表示がされなくても鍵マークの無いサイトはさまざまな危険が潜んでいるので、取り扱いには注意が必要です。

マルウェアやウイルス感染のリスクに注意してアクセスを

サイトにアクセスした際に「接続はプライベートではありません」表示がされた場合、エラー表示を無視してアクセスを続行することも可能です。ただし、その場合は、マルウェアやウイルスに感染するリスクがあることを念頭に置いておく必要があります。

また、SSLサーバー証明書がないサイトへのアクセスの際には、通信したいが暗号化されないため、サイトに送信した名前や電話番号、クレジットカードの情報などを抜き取られる危険性があります。

Safariをはじめ、使用しているブラウザから危険なサイトの可能性があるという警告を受け取った場合は、そのサイトに無条件にアクセスするのは、できるだけ控えた方が安全です。

「接続はプライベートではありません」のエラーの原因

次のページへ >