macのストレージ「その他」とは?削除の方法もご紹介します

皆さんはMacのストレージを見たことがありますか?実はストレージの中に「その他」というものがあります。その「その他」を完全に理解している人が少ないですよね。今回はMAcのストレージ「その他」について詳細を見ていくと同時に削除の方法もご紹介します。

macストレージのその他とは「分類」ができないもの

まずMacのストレージの「その他」とはいったい何なのか。

Macのストレージの「その他」とは端的に言うと明確なカテゴリに簡単に分類されないファイルで構成されています。

そしてそのMacのストレージの「その他」には以下のようなものがあります。

  • PDFやpsd.などの書類
  • macOSシステムと一時ファイル
  • ユーザーキャッシュやブラウザキャッシュ
  • zip.やdmg.などのディスクイメージとアーカイブ
  • アプリのプラグインや拡張機能
  • macOSの主要なカテゴリに分類されないすべてのモノ

となっています。

ストレージの確認方法

ではストレージの確認方法に移ります。

ストレージの確認方法は結構簡単です。

まず「このmacについて」をクリック。

「概要」と書かれたタブが表示されるので「ストレージ」タブをクリックし切り替えましょう。

「Macintosh HD」の下に全体のストレージ容量と使用しているストレージ容量が確認できます。

グラフで表示されているのでおおよその使用率がチェックできますよ。

その他の容量を減らす方法

では本題のMacのストレージの「その他」の容量を減らす方法について見ていきましょう。

Macのストレージの「その他」の容量を減らす方法はいくつかありますが多いのでしっかりと見ていきましょう。

①デスクトップを整理する

まず減らない原因はデスクトップの整理です。

これは基本中の基本でデスクトップに「作業中のファイル」などはありませんか?

それが積み重なって大量のファイルと化している場合があるので必要ないのであれば捨ててしまいましょう。

デスクトップもすっきりしてストレージ容量も確保できます。

それだけでなくmacの動作も快適になりますよ!

②不要なファイル・ソフトウェアを削除する

次減らない原因は不要なファイル・ソフトウェアを削除しましょう。

Macのストレージ容量を減らすためにはいらないものは捨ててしまいましょう。

過去に一度の作業のためにダウンロードしたアプリなどはまず真っ先に消去。

今後使う予定がないアプリもちゃちゃっと削除してしまいましょう。

 

アプリを削除しても再度Mac App Storeでダウンロードはできます。

なのでアプリはこまめに削除することでストレージ容量を確保できます。

③大きなサイズのファイルを検索して削除する

次減らない原因は大きなサイズのファイルを検索して削除しましょう。

容量の大きなファイルはその名の通りストレージ容量を圧迫します。

なので容量の大きなファイルを探して不要なものを削除して減らすことが大切です。

容量の大きなファイルを探す方法は以下の通りです。

「Finder」→「ファイル」→「新規スマートフォルダ」で開いたフォルダの右上の保存ボタンの右側にある「+」をクリック。

種類を「その他」に変更し「検索属性の選択」で「ファイルサイズ」に変更します。

検索の種類を「ファイルサイズ」にして条件を入力。

これでファイルの大きなものをあぶりだすことに成功しました。

ここからはいらないと思ったものは削除していきましょう。

容量が大きなファイルを整理することでストレージ容量の空きを増やします。

④ゴミ箱を空にする