Windows10でマザーボード交換後にライセンス認証する方法

Windows10でマザーボード交換をしたことがありますか。Windows10パソコンでマザーボードを交換したい際に注意が必要なのライセンス認証です。ここではWindows10でマザーボード交換した後のライセンス認証方法について紹介していきます。

Windows10搭載PCのマザーボードを交換した際の認証方法

みなさんはWindows10パソコンを利用していマザーボードの調子が悪くなったり、パソコンの拡張をしようと思いマザーボードの交換をしたことはありませんか。Windowsのパソコンでマザーボードを交換するのはン井戸が高いですが、さらにマザーボードを交換した後に必要なのがライセンス認証です。ライセンス認証をしないと正規品としてWindowsOSを利用することができません。ここではWindows10でマザーボード交換した後のライセンス認証方法についてチェックしていきましょう。

Windows10はハードウェア交換してもライセンス認証が可能

そもそもWindows10パソコンではライセンス認証は、ハードディスクと紐づけられて販売されていることがほとんどです。なので家電量販店などでパソコンを購入した際にはパソコンと一緒にWindowsOSのライセンスも購入しているのですが、実はWindows10でハードウェアやマザーボードを交換してもライセンスはそのまま了し続けることができます。

MicroSoftアカウント紐付けによる認証方法

まずマザーボードを交換したり、ハードウェアを新しくした際にWindows10のライセンス認証を実施する手段としては、一番最近ではMicrosoftアカウントを紐付けして、ライセンス認証をする方法があります。MicrosoftアカウントでMicrosoft公式サイトにアクセスして、今まで利用していたライセンスをMicrosoftサイトで登録して、そのMicrosoftアカウント紐付けして、パソコンを利用することでライセンスを簡単に紐付けることができます。

プロダクトキーで認証する

また古くからパソコンのライセンス認証をやったことがある人は、プロダクトキーを活用してWindows10のPCのライセンス認証を行ったことがある人が多いのではないでしょうか。プロダクトキーは、OSのメディアやパソコンの説明書に記載されている英数字をプロダクトキーといいそのプロダクトキーをパソコンのライセンス認証画面で文字コードを入力することでライセンス認証をすることができる方法です。

電話を使った認証方法

また昔から行われているWindows10パソコンでのライセンス認証方法としては、電話を活用したライセンス認証方法もあります。マイクロソフト公式のライセンス認証用の問い合わせセンターに電話を掛けると自動音声が流れるのでそれに合わせて、プロダクトキーや必要なコードを入力するとライセンス番号を発行してくるようになっています。そしてそのライセンス番号を入力することでライセンス認証ができる仕組みになっています。

交換後の認証のためにライセンスの紐付けには要注意

またマザーボードを交換したり、新しいハードウェアでWindows10を利用する場合は、ライセンス管理に注意が必要です。先程紹介した紐付けしたMicrosoftアカウントでライセンス認証を行っている場合は、大丈夫なのですが、電話番号でのライセンス認証やプロダクトキーによるライセンス時には注意が必要です。

紐付けはMicroSoftアカウントかローカルアカウントか