IDP.Genericが検知された時の対処法を徹底解説!

マルウェアの一種であるIDP.Generic。

SNS上でもIDP.Genericの影響を受けた、感染してしまい困っているという人が結構います。

そこで今回はIDP.Genericが検知された時の対処法を徹底的に解説していきます。

IDP.Genericとは?

ではIDP.Genericについて見ていきます。

IDP.Genericとはいったい何者なのでしょうか。

マルウェアの1種

IDP.Genericとはマルウェアの1種です。

IDP.Genericはアンチウイルスとしてシステムが検知しやすいウイルスの1つであり結構厳しいウイルスの1つでもあります。

またIDP.Genericの場合はデータを盗むようなマルウェアであることも判明しています。

Avastを利用していると誤検知することがある

ただAvastを利用していると誤検知することがあります。

実はIDP.GenericはAvastを利用しているとウイルスの定義ファイルが古いことにより誤検出されることがあります。

100%ではありませんがIDP.Genericは結構な割合で検出されてしまうんですね。

IDP.Genericが検知される理由

ではIDP.Genericが検知される理由を見ていきましょう。

IDP.Genericが検知される理由にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

誤検知している

まずは誤検知しているからです。

IDP.Genericは定義ファイルやJavaのバージョンが古いと誤検出されてしまうウイルスです。

本来安全でIDP.Genericは検出されるはずがないものの、プログラムを制作するうえで必要なものがIDP.Genericを誤検出されてしまうんです。

まれに信頼できるサイトやメールの添付ファイルからでもIDP.Genericが誤検出されてしまうことがあります。

そのため一概にIDP.Genericが100%含まれていると判断するのは危ないと思います。

実際にウイルスやマルウェアに感染している

次は実際にウイルスやマルウェアに感染しているからです。

実際にIDP.Genericに感染している場合は勿論検出されます。

無料で配布されているソフトウェアなどからIDP.Genericが検出されることが多くあります。

また最近では広告からでもIDP.Genericが検出されることもあるようなのです。

安全性を確実に問題ないといえないのであればIDP.Genericの危険性があることを把握しておきましょう。

IDP.Genericが起こす挙動