YouTubeを安全にダウンロードできる方法とは!

YouTubeをWebでダウンロード

拡張機能やソフトなどは利用しないで、手軽に動画をダウンロードしたいと考える方も少なくないと思います。そういった場合は、Webサイト上でダウンロードすることが可能です。様々なWebサイトがある中で、安全性の違いや使いやすさなどを詳しく確認していきます。

Offliberty

http://offliberty.io/

まず、「OffIiberty」というサイトを紹介します。「YouTube」のほかの動画共有サイトにも対応していて、操作も難しくありません。また、悪質な広告がないので、扱いやすく人気のサイトになります。

 

まず先に「YouTube」のダウンロードしたい動画のアドレスをコピーしておきます。「YouTube」動画の画面下、共有をクリックするとアドレスがでてきますので、簡単にコピーできます。次に、上のURLの貼り付け欄にアドレスを貼り付けて「OFF」をクリックします。

 

しばらく待つと、『Right-click here and’Save link as…’』と表示が変わります。そうしましたら、右クリックをしてください。「Extract Audio」をクリックすると、オーディオ形式のファイルに変換することもできます。

次に上の画面のような表示になりますので、次に「名前を付けてリンク先を保存」を選択します。これで、ダウンロードが開始されます。他の動画を続けてダウンロードしたいときは、「Go back」をクリックすると最初の画面に戻ります。

Only Youtube

http://urbanqee.com/doga/dl/youtube-video_downloader.php?v=0

次に『Only Youtube』の紹介です。上記のアドレスから『Only YouTube』にアクセスしていただくと、この画面になります。ここではYouTubeダウンローダー(HTML貼り付けバージョン)を利用します。

 

次の画面に移動されますので、URLを入れる欄に「YouTube」の動画のアドレスを貼り付けます。そしてソースコード表示をクリックします。しばらくすると、「2.動画ページのソースコードのコピー」のスペースにソースコードが表示されます。

表示された2.のソースコードを「3.動画ページのソースコード貼り付け」に貼り付けをします。操作手順は、windowsの場合、2.のソースコードの上をクリック。Ctrl+Aのキーを押すと、ソースコード部分が選択できます。続いてCtrl+Cのキーを押してコピーしてください、3.のスペースにCtrl+Vのキーを押して貼り付けします。そして、2.のスペース下にある「ダウンロード」をクリックしてください。

しばらくすると、上の画面に変わりますので、保存したいファイル形式の選択をして、右クリックしてください。「名前を付けてリンク先を保存(k)」をクリックすると、ダウンロードができます。

Catchvideo.net

https://catchvideo.net/

続いて『catchvideo.net』を紹介します。アドレスにアクセスすると、上の画面になります。ポップアップはブロックするのが賢明です。URLを貼り付ける欄に、動画のアドレスを右クリックで貼り付けて、「catch!」をクリックします。

次にファイルの形式を選択してDownloadをクリックします。動画のファイル形式がmp4-720p、もしくはmp4-360pです。オーディオファイル形式はmp3になります。クリックすると、ダウンロードが開始されます。

Vid To MP3

https://www.vidtomp3.com/

そして『Vid to MP3』の紹介に移ります。このWebサイトは「YouTube」の動画を高速でMP3ファイル形式に変換ができます。日本語と英語の選択ができますので、こちらは日本語表示での説明です。URLを貼り付け、許諾項目にチェックして、「GO」をクリックしてください。

変換が始まり、しばらくするとこの画面になります。「ダウンロードリンクを取得するには、ここをクリックしてください」と表示されますので、そのように進めてください。少しすると、下の画面に変わります。

「MP3をダウンロード」と表示されますので、クリックします。保存先を選択して、ダウンロードの操作は終了です。『Vid to MP3』の操作方法は以上になります。

まとめ

今回は、「YouTube」動画のダウンロードの方法を紹介しました。無料で比較的安全に、利用できるものもあるようです。そして、違法ダウンロードにならないよう、注意が必要なこともわかりました。動画を楽しむ際の参考にしてみてください。