インスタのリールはうざい!いらない!対策を解説します!

インスタの縦型動画機能の『リール』ですが、『いらない!うざい!』などと、意外にも否定的な意見がちらほら聞かれます。この記事では、インスタのリールが『いらない!うざい!』と言われるその理由についてや、その対策について詳しく解説していきます。

インスタのリール機能と『いらない』『うざい』理由を解説

『いらない』『うざい』との声が聞かれるインスタ『リール』ですが、どのような機能となっているのか、まずは下記で簡単に説明します。

インスタリールとは?簡単に解説します!

インスタに搭載されている縦型動画の機能『リール』は、15秒〜60秒のショート動画を撮影、編集、投稿できると言う機能です。同じようなコンセプトのアプリケーションとしてはTikTokが有名ですが、それと類似した機能が『リール』という機能です。下記ではインスタ『リール』のその内容を詳しく見ていきます。

15〜60秒の短編動画の投稿が可能

インスタの『リール』は、15秒〜60秒のショート動画を撮影、編集、投稿することができます。短い時間の動画でインパクトのある面白い内容を見ることができるため、若年層を中心に非常に人気があります。インスタグラムで動画を撮影することも出来ますし、あらかじめ撮影しておいた動画を使用してリールにすることも可能です。

BGMやオリジナルエフェクトで自由に編集できる

インスタ『リール』は、ただ動画を撮影する、投稿するというだけでなく、BGMを入れたり、エフェクトで変化をもたせることが可能です。さまざまな種類のオリジナルエフェクトやBGMを組み合わせることにより、思い通りのショート動画を編集、作成することが可能です。さらに人気のBGMやエフェクトを利用することで、ユーザーの注目を集めることができるでしょう。

複数の動画を繋ぎ合わせてひとつの動画を作成

インスタ『リール』は、60秒の時間の中なら撮影した複数の動画を組み合わせることが可能となっています。動画を組み合わせることで、内容の幅を広げたり、起承転結を作って意外性を持たせたり、さまざまな工夫をすることが出来ます。15秒〜60秒という短い時間でユーザーの心を掴むには、さまざまな動画を組み合わせ、最後まで見てもらえるような動画構成が必要です。

TikTokと似たような機能だからいらない!うざい!

インスタ『リール』は、同じ縦型動画アプリのTikTokと非常に類似しています。リールが『いらない』と言う意見の中には、似たような機能だからいらないと言うユーザーの意見が反映されているのでしょう。TikTokと比較して、インスタの『リール』機能はまだ新しく、実装されて日が浅いため、初期はほぼTikTokの類似アプリでした。

しかし現在では、少しずつ差別化が図られており、TikTokは10代〜20代、リールは20代〜40代とターゲット層にも変化が出てきています。今後もっと差別化が進んでいけば、リールは『いらない』と言う意見もなくなるかもしれません。

インスタのリールも結局動画!通信料の消費が激しくてうざい

インスタの『リール』も動画であることから、ずっと見ていればそれなりの通信料が発生してしまいます。『いらない』『うざい』と言われる理由の一つとして、通信料の消費が挙げられます。データ通信の目安として、2時間ほど動画を閲覧していれば、約1GBが消費されてしまいますので、だらだらと動画を見続けるのは避けた方が良いでしょう。

通信料の高騰が『いらない』『うざい』と言う意見を生んでいる可能性が高いようです。

まだまだ歴史が浅い機能のためノウハウが整っていない

インスタ『リール』はTikTokと比較して歴史が浅く、ノウハウが整っていません。それは、動画広告も同様です。ノウハウの整っていない状況で、企業が動画広告を出し続ければ、利用しているユーザーにもストレスとなります。例えばバズっている動画と似たような構成の広告動画ばかり流れたきたら、見る気力も失せてしまいますし、いらない!うざい!と思われるかもしれません。

インスタ『リール』の企業広告も、魅力的なものでないと見ては貰えません。企業側もまだまだ試行錯誤している状況が見られます。そうやって試行錯誤する企業広告の弊害を一般ユーザーが感じないよう、ユーザーのストレス低減にインスタ運営サイドが工夫していく必要があるでしょう。

いらない!うざいと言われるインスタのリール!どこに表示される?

いらない!うざい!と言われるインスタのリールですが、インスタグラムのどこに表示されるものなのか、下記で見ていきましょう。

フィード画面(タイムライン)