【Windows】NTUSER.DATとは?削除時のリスクも紹介

Windowsで共有インストールされているファイルであるNTUSER.DAT。

今回はWindows共通ファイルNTUSER.DATについてご紹介していきます。

またNTUSER.DATを削除するときのリスクをご紹介していきます。

NTUSER.DATとは?〜Windows〜

ではNTUSER.DATをご紹介します。

NTUSER.DATは全ユーザー共通ファイル

NTUSER.DATはWindowsユーザーごとのOSによる設定情報が保存されています。

そのためどのWindowsでもNTUSER.DATは共通でインストールされています。

格納されている場所は「All Usersフォルダ」→「ユーザーの名前の付いたフォルダ」になっています。

ntuser.datは各ユーザーの設定ファイル

そしてNTUSER.DATは各Windowsユーザーの設定ファイルとなっています。

そのためそれぞれのユーザーの情報がNTUSER.DATに格納されています。

格納場所によってはウイルスの可能性あり

しかしNTUSER.DATの格納場所によってはウイルスの可能性があります。

もともとNTUSER.DATは「All Usersフォルダ」→「ユーザーの名前の付いたフォルダ」に格納されています。

この場所以外に格納されているとウイルスの可能性があります。

またNTUSER.DATが急に現れてしまったとしてもそれは見落としていただけの可能性があります。

そのためNTUSER.DATがウイルスかどうかの判断は、格納場所で判断するようにしましょう。

重要なファイルなので削除してはいけない

以上で説明した通り、NTUSER.DATは非常に大切なファイルになっています。

そのためNTUSER.DATを削除することはしてはいけません。

もしNTUSER.DATを削除してしまうと

  • ユーザーアカウント
  • 設定情報

などが削除されてしまいます。

結果、Windowsにサインインが不可になります。

ファイルの移動も基本NG

削除もダメですが、NTUSER.DATの移動も基本NGです。

NTUSER.DATを移動してしまうとファイルパスの変更がWindowsに伝わってしまいます。

結果、Windowsの挙動がおかしくなってしまうことが想定されてしまいます。

ファイルの破損にもつながるのでNTUSER.DATの

  • 削除
  • 移動

はNGです。

NTUSER.DATファイルの格納場所〜Windows〜

ではNTUSER.DATの格納場所をご紹介します。

NTUSER.DATが格納されている場所を確認するには

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「ファイル名を指定して実行」で「%userprofile%」を実行
  3. 「表示」→「隠しファイル」→「NTUSER.DAT」を開く

でOK。

これでエクスプローラーから「NTUSER.DAT」を見つけることができました。

他にも

  • 「ntuser.dat.LOG1」
  • 「ntuser.dat.LOG2」

などに格納されていることもあります。

バックアップされていることもあるのでこちらも確認するようにしましょう。

NTUSER.DATを削除する方法〜Windows〜