「csrss.exe」はウイルス?重い時の対処法と合わせて解説

Windows10にインストールされている「csrss.exe」。

「csrss.exe」はWindowsのプロセスの1つで必要なモノとなっています。

そこで今回はWindowsの「csrss.exe」が重い時の対処法をご紹介します。

Windowsのcsrss.exeプロセスとは?

ではWindowsのcsrss.exeプロセスについて見ていきます。

Windowsのcsrss.exeプロセスとは一体何なのでしょうか。

csrss.exeとはソフトウェアとカーネル間の通信に使われるプロセス

Windowsのcsrss.exeプロセスとはWindowsの

  • ソフトウェア
  • カーネル

の2つの間の通信を担っているプロセスです。

このWindowsのcsrss.exeプロセスは

  • システム制御
  • プログラム実行

などにおいて非常に重要な役割を担っています。

以上のことからわかるようにWindowsのcsrss.exeプロセスはWindows標準にインストールされている重要なプログラムです。

そのため基本的にWindowsのcsrss.exeプロセスがPCに対して害を与えることはありません。

またWindowsのcsrss.exeプロセスをわざわざ削除する道理もありません。

csrss.exeは複数動作することもある

しかし、Winddowsを確認してみるとWindowsのcsrss.exeプロセスが複数動作していることがあります。

これを見てWindowsのcsrss.exeプロセスがウイルスであると判断してしまう人も多いです。

結論、Windowsのcsrss.exeプロセスはウイルスでも何でもありません。

また2つ以上Windowsのcsrss.exeプロセスが同時に動作していることもざらにあり得る話です。

csrss.exeに偽装するウイルスの存在

2つ以上動作していても問題はないWindowsのcsrss.exeプロセス。

しかし、このWindowsのcsrss.exeプロセスと同じ名前のウイルスが確認されています。

特にWindows上で

  • Windowsのcsrss.exeプロセスがCPUを大量に消費している
  • タスクマネージャーにWindowsのcsrss.exeプロセスが2つ以上存在している
  • Windowsのcsrss.exeプロセスの格納先が「C:\Windows\System32」ではない

などの挙動が確認されればそのWindowsのcsrss.exeプロセスはウイルスと判断することができるでしょう。

csrss.exeの無効や削除はできない

ウイルスとしてインストールされているWindowsのcsrss.exeプロセス。

その場合は、無効や削除をすることはできます。

しかし、Windows公式でインストールされているWindowsのcsrss.exeプロセスは無効化することや削除することができません。

一般的なユーザーである限り、Windowsのcsrss.exeプロセスに触れることもできないと判断したほうがいいでしょう。

万が一Windowsのcsrss.exeプロセスが影響してPCの様子がおかしい場合は

  • Windows Update
  • システム修復

を試してWindowsのcsrss.exeプロセス以外での対応をするのがベストでしょう。

csrss.exeにより動作が重くなることは少ない

しかしそれほどWindowsのcsrss.exeプロセスがPCに影響を与えることはありません。

基本的に複数個動作しているとPCに悪影響を与えるといわれていますが、Windowsのcsrss.exeプロセスは違います。

他のプログラムとは違い、Windowsのcsrss.exeプロセスはWindowsが動作するうえでなくてはならないものです。

そのためWindowsのcsrss.exeプロセスには特別な仕様が施されているのでしょう。

csrss.exeがウイルスかどうか見極めする方法