DiagnosticPolicyServiceが重いときの停止方法!

みなさんはWindows10のパソコンでDiagnosticPolicyServiceが問題になり動作が重い経験やアプリケーションが停止した経験がありませんか。ここではDiagnosticPolicyServiceが重いときに停止させる方法について紹介していきます。

Diagnostic Policy Serviceは診断サービス【Windows10】

みなさんのWindows10のパソコンには、Diagnostic Policy Serviceが動作していますか。最近このDiagnostic Policy Serviceが原因パソコンの動作が重いと感じたり、アプリケーションが停止するエラーが良く発生しています。ここではまずDiagnostic Policy Serviceとはそもそもどのようなサービスや機能であるかをチェックしていきましょう。

ネットワークやアプリケーションに障害があった時診断してくれる

Windows10のパソコンのDiagnostic Policy Serviceサービスとは、Windows10のパソコンのネットワークやアプリケーションにエラーや障害が発生した際に診断してくれるサービスになっています。例えばいつも利用しているアプリケーションが急に停止してしまったり、いつも問題なく動作していたソフトウェアが重くて正常に動作しない場合にDiagnostic Policy Serviceを活用することでエラー原因や対処法を提供してくれます。

パソコンに強い人でなければ不要なので停止してもいい

しかしこのDiagnostic Policy Serviceを活用してい診断した結果を対処法として利用するにはパソコンの知識が必要になる場合があります。またDiagnostic Policy Serviceを診断によって

他のアプリケーションやソフトウェアに影響が発生する場合もあります。なので特にパソコンに詳しくない人はこのDiagnostic Policy Serviceを停止しておくのもいいかもしれません。

Diagnostic Policy Serviceを停止・開始する方法【Windows10】

Windows10のパソコンのDiagnostic Policy Serviceはアプリケーションやネットワークにエラーやトラブルがあった際に対処してくれる便利サービスになっていますが、Diagnostic Policy Servicelが原因で通常利用できていたアプリケーションが停止したり、動作が重くなってしまう場合もあります。なのでここではDiagnostic Policy Serviceを停止したり、開始する方法について紹介していきます。もし最近パソコンが重いなと感じている人は試してみるといいかもしれません。

①Diagnostic Policy Service機能の終了

最近パソコンが重いと感じていて、特にDiagnostic Policy Serviceを利用していない人はまずDiagnostic Policy Service機能を終了してみましょう。Diagnostic Policy Serviceの機能の終了方法は、「コントロールパネル」を起動させて、管理ツールを起動させましょう。そしてその中からサービスというアプリケーションを起動し、「Diagnostic Policy Service」を探しましょう。「Diagnostic Policy Service」を見つけたら、右クリック「停止」を押下すれば機能を停止することができます。

②Diagnostic Policy Service機能の一時停止

次に最近パソコンが重いけど、Diagnostic Policy Serviceが原因かわからないのでとりあえずDiagnostic Policy Service機能を一時停止してみたい人は、タスクマネージャーからDiagnostic Policy Serviceを停止させましょう。タスクマネージャーは、タスクバーを右クリックして起動させることができます。タスクマネージャーを起動できたら、プロセスタブからDiagnostic Policy Serviceを探して、右クリック「停止」を押下しましょう。これではDiagnostic Policy Service機能を一時停止することができます。

③Diagnostic Policy Service機能の起動方法を変更する