http/1.1serviceunavailableを解説します

デバイスでネットサーフィンをしていて「http/1.1serviceunavailable」と表示されたことはありますか。「http/1.1serviceunavailable」と表示される意味、原因や対処法について紹介しますので参考にしてみてください。

http/1.1 service unavailable」の意味とは?

パソコンやスマートフォンでネットサーフィンやインターネット検索をしていて急にブラウザに「http/1.1serviceunavailable」と表示されたことはありませんか。ブラウザの画面に「http/1.1serviceunavailable」と表示される意味としては、アクセスが集中して一時的にサービスが供給できない状態を示しています。接続しようとしたページに対してアクセスが頻発して、ネットワークやサーバがダウンしている可能性があると、「http/1.1serviceunavailable」というメッセージが表示されることがあります。

http/1.1 service unavailable」になってしまう原因

パソコンやスマートフォンでネットサーフィンやインターネット検索をしていてインターネットブラウザに「http/1.1serviceunavailable」と表示されてしまう原因としては、アクセスが集中してサービス提供できない状態だと「http/1.1serviceunavailable」というメッセージが表示されることがあるのですが、もし「http/1.1serviceunavailable」と表示されてしまったらどうすればいいのでしょうか。ここではまず「http/1.1serviceunavailable」と表示される原因についてチェックしてみましょう。

①ブラウザの問題

インターネットブラウザで「http/1.1serviceunavailable」と表示されてしまう原因としては、インターネットブラウザのアプリケーションに問題がありメッセージが表示されることもあります。「http/1.1serviceunavailable」は、アクセスが集中して正常にサービスが提供できていないことを意味しますが、もしかしたらインターネットブラウザ側の不具合が原因で「http/1.1serviceunavailable」というメッセージが表示されることもあります。特に最近インターネットブラウザを変えたり、ずっとインターネットブラウザのアプリケーションを起動していると発生する場合があります。

②サーバー側の問題

またパソコンやスマートフォンでネットサーフィンやインターネット検索をしていてインターネットブラウザに「http/1.1serviceunavailable」と表示されるのは、アクセスする先のサーバに原因があり発生することがあります。サーバーとは、インタネットのページを表示するために処理を実行しているパソコンよりもハイスペックの機器のことを言います。最近ではクラウドサービスの利用率がアップして、インタネット上にサーバーがあることもあり、クラウドサービスでトラブルが発生していても「http/1.1serviceunavailable」と表示されこともあります。

③ホームページの更新中の可能性

またデバイスから対象のページにアクセスしている最中に運用側がホームページを刷新しようとして更新していると「http/1.1serviceunavailable」と表示されることがあります。通常運用側やサービス提供側でホームページを更新しているときはメンテナンス中なので「メンテナンス中です」と表示されることもありますが、サイトやページが小規模の場合だと「メンテナンス作業中」である画面が準備されておらず、それを知らずにサイトにアクセスすると「http/1.1serviceunavailable」のメッセージが表示されてしまうことがあります。

④別のURLにアクセスしている可能性

いつもアクセスしているサイトであればお気に入り登録していたり、履歴からアクセスすることができますが、友達や家族からURLを教えてもらったり、直接URLを入力してアクセスする場合は、間違ったサイトやURLにアクセスしてしまい、「http/1.1serviceunavailable」という画面が表示されてしまうこともあります。特に直接URLを入力すると入力する文字を間違ってしまい、「http/1.1serviceunavailable」と表示される原因となることがあります。できる限り直接URLを入力するのではなく、コピー&ペーストでURL入力すると間違うことは少なくなるかもしれません。

⑤ルーターの問題