iPhoneやAndriodのチートアプリ!アプリ一覧や危険性

iPhoneやAndoroidのスマートフォンでチートアプリが最近流行っていることを知っていますか。iPhoneやAndoroidの人気のアプリの中でチートアプリを利用する人が増え、ここではどんな」チートアプリがあるのかや危険性について紹介していきます。

チートアプリとは「不正行為ができるアプリ」

iPhoneやAndoroidのスマートフォンが復旧されたことで様々なアプリケーションがリリースされましたが、最近チートアプリという危険があるアプリが流行ってきています。チートアプリとは、ゲームアプリやプライベートアプリにおいて不正ができるアプリのことを言います。例えばゲームアプリで有料アイテムが無料でゲットすることができたり、簡単にゲームを攻略できるようにしたりと不正行為ができてしまうアプリのことです。

チートアプリ一覧

iPhoneやAndoroidのスマートフォンでは様々なチートアプリがリリースされています。ここではiPhoneとAndroidのスマートフォンのそれぞれでチートアプリ一覧を紹介していきます。チートアプリは場合によってはすぐにリリースを中止することもあるので、もしかしたらもう利用できなくなっていることもあります。なので気になるチートアプリがあれば、appleStoreやGooglePlay一覧から探してみるといいかもしれません。

【チートアプリ一覧】iPhone

それではまずはiPhoneユーザ向けにチートアプリ一覧を紹介していきます。iPhoneはapple公式のappleStoreからのみしかアプリをダウンロードすることができないため、比較リリースされているアプリは厳しいチェックをされています。そのためチートアプリの数もAndroidのスマートフォンに比べると少なくなっています。ここではその中でもよくiPhoneユーザが利用することが多いチートアプリを紹介していきます。

小見出し:ポケモンGOで使えるアプリ「iPoGo」

iPhoneユーザが利用していることが多いチートアプリとしては、ポケモンGOで使えるiPoGoというチートアプリがあります。ポケモンGOとは、スマートフォンを持ち歩いてポケットモンスターが出現するポイントに移動して、珍しいポケモンをゲットするゲームになっています。そんな大人気のポケモンGOアプリでiPoGoを利用するとGPSや偽造位置情報を活用して移動しなくても伝説のポケモンをゲットすることができるチートアプリになっています。しかし今後このアプリを利用するとアカウントBANになる可能性もあるので、自己責任で行ってください。

チートが大量に配布されているアプリ「iosgods」

またiPhoneユーザの中でチートアプリとしてiosgodsというチートアプリを利用している人が多くいます。iosgodsとは、アカウントを作成して様々なアプリの不正行為ができてしまうチートアプリになっています。iosgodsのように様々なアプリのを対象にしたチートアプリとして利用できるアプリは、多くあるのですが特にiosgodsのアプリを利用しているiPhoneユーザが多くいます。しかし公式ゲームアプリ側もこのようなチートアプリが利用できないように対策をされているので、そのうち利用できなくなる可能性もあります。

【チートアプリ一覧】android

次はAndroidのスマートフォン向けのチートアプリ一覧をチェックしていきましょう。AndroidのスマートフォンもiPhone同様に専用アプリストアからのみアプリケーションをダウンロードできるようになっています。しかしiPhoneに比べるとセキュリティ面やリリース難易度は少し低めになっています。そのことからAndroidのスマートフォン向けのチートアプリは、iPhoneに比べて多くリリースされている傾向があります。

有料アプリを無料でできる「appvalley」

まずAndroidのスマートフォン向けのチートアプリとしては、appvalleyというアプリがあります。appvalleyの特徴としては、有料のスマートフォンアプリを無料で利用できる特徴があります。そのため今まで有料版としてリリースされていたアプリをappvalleyを活用することでお金を利用せずに、楽しめることになります。しかしこのappvalleyは、違法行為になる可能性もあるのでappvalleyを利用するのは自己責任で利用するようにしましょう。

荒野行動で使えるアプリ「iRoot」

Androidのスマートフォン向けのチートアプリとしては、荒野行動のチートアプリも人気があります。荒野行動のチートアプリとしては、iROOTというアプリがあります。iROOTアプリの特徴としては、Androidのスマートフォン内のシステムに対して管理者(rootユーザ)で操作することができるようになります。その結果通常ではAndroidのスマートフォンの設定で変更できない箇所においてもiROOTを利用することで変更できるようになってしまいます。その結果、荒野行動等のゲームアプリのチートアプリとして活用している人が多くいます。しかし間違った箇所をいじってしまいトラブルになることもあるので注意してください。

チートアプリの危険性

iPhoneとAndroidスマートフォンでそれぞれチートアプリがあることについて紹介してきましたが、それぞれのチートアプリを利用する際に注意すべき点や危険性があることは知っていますか。もしチートアプリの危険性を知らずにチートアプリを使い続けるとトラブルに巻き込まれたり、犯罪者になってしまうこともあります。ここではiPhoneとAndroidスマートフォン用のチートアプリを利用する危険性について紹介していきますので、どのような危険性があることを知っておくことをおすすめします。

【危険性】①チートでアプリがBANされる

まずiPhoneとAndroidスマートフォン用のチートアプリを利用する上での危険性としては、チートアプリを活用しているとゲームアプリ等のアカウントをBANされる可能性があることです。アカウントのBANとは、アカウント凍結と同じ意味でアプリのゲームが利用できなくなってしまうことです。チートアプリを利用すると不正行為ができてしまうことになるので、アプリの違反行為ができてしまいます。不正行為ができてしまうと不正行為をしていないユーザーに迷惑が掛かり、楽しめなくなってしまう可能性があるのでチートアプリを利用しているユーザはBANされる可能性があります。

【危険性】②損害賠償請求される可能性あり

またチートアプリを利用していると公式アプリサイトから障害賠償請求をされる可能性もあります。特に人気があるアプリの場合はこのようなチートアプリを利用することを禁止する規約をアプリダウンロード時に表示されており、その規約を読んで同意をしてからアプリの利用を開始するようになっています。なのでその規約に違反していると判断された場合に悪徳だと公式サイトから判断されたら、障害賠償請求されることもあります。しかもこの障害賠償請求の額はかなりの大金になることもあり、このようなトラブルに巻き込まれることもあるので、自己責任でチートアプリを利用しましょう。

【危険性】③チートアプリ販売で逮捕される

チートアプリを利用しているだけなら障害賠償請求やアカウントのBANが発生するぐらいですが、あなたがチートアプリを開発してそれを販売すると犯罪者になる可能性もあります。特にその開発したチートアプリでお金儲けをしている場合は警察からの逮捕状が出る可能性があります。これはチートアプリは公式アプリの運営を邪魔する可能性があるアプリと言われているからです。なので意図的に公式アプリの運営を邪魔するようなチートアプリを開発すると逮捕される可能性もありますので、十分に注意してアプリ開発をするようにしましょう。

まとめ

ここではiPhoneユーザ向けとAndroidのスマートフォン向けのチートアプリを紹介してきましたが、世界にはもっとチートアプリと言われているアプリがたくさんリリースされています。しかしそのチートアプリのほとんどは契約違反のアプリ出ることがほとんどです。またチートアプリを利用しているとスマートフォン内のデータを悪用されたり、ウイルス感染する場合もあります。チートアプリを利用することは大変危険な行為であることを知っておき、それでhチートアプリを利用する場合は自己責任で十分注意して活用することをおすすめします。