【iPhone /iPad】最新のiOS15.1でみられる不具合

2021年11月になりiPhoneにアップデートがかかりました。しかし、SNS上ではiOS15.1にアップデートしたユーザーから不具合が数々報告されています。そこで今回は最新のiOS15.1に見られる不具合を一覧でご紹介していきます。

iOS15.1へアップデート後にみられる不具合

基本的にiOS15.1に限らず、iPhoneやiPadで行われるアップデートは初期不良がつきものです。

新しいバージョンをiPhoneに搭載するので、実際には不具合が連発するようになってしまっているのです。

その中でも声が多かったiOS15.1へのアップデート後に見られる不具合についてご紹介します。

①LINEやTwitterなどのアプリで通知が来ない

iOS15.1にアップデートすると、

  • LINE
  • Twitter

などのアプリの通知が無くなったという声が一番多かったです。

実はこの不具合に対して、Appleサポートコミュニティでは声明が出されており

  • Twitter
  • LINE
  • Pococha
  • Miraativ

等での不具合はアプリの再インストールや再起動で解決するようになっています。

そのためiOS15.1へのアップデート後はいったん再起動を挟んでからアプリを利用することをおすすめします。

②LINEなどの通知を開くと表示されるまでに時間がかかる

iOS15.1にアップデートすると、LINEの通知などの処理能力が下がったという声もありました。

この不具合も先ほどの通知が来ない現象同様、再起動や再インストールをすることで解決されます。

iOS15.1へのアップデート後は、

  • アプリの再インストール
  • iPhoneの再起動

をしてください。

③バッテリーの減りが早い

さらにiOS15.1の不具合として、バッテリーの減りが早くなったという声も。

このiOS15.1不具合に関しては、

  • 設定をリセットする
  • iPhoneの再移動

で解決することができます。

しかしこれでもiOS15.1の不具合が解消しない場合は、Appleへ問い合わせを入れてみましょう。

バッテリーの状況を確認する方法

ここで年のため、バッテリーの状況を確認する方法をご紹介しておきます。

手順としては、

  • iPhoneの設定アプリを開く
  • 「バッテリー」→「バッテリーの状態」をタップ

でOKです。

これであなたのバッテリーの状態をチェックすることが可能です。

④LINEやその他のアプリが開けない

このiOS15.1の不具合が一番日常生活に支障をきたすのですが、

  • LINE
  • Pococha

などのアプリを開くことができないという声が多くありました。

一部ではクラッシュバグと思われる動作を報告している人も。

iOS15.1にアップデートしていない端末ではこのような動作が無いことから、iOS15.1の不具合だと思われます。

これに関してはAppleのサポートコミュニティも公開していないので、今後の対応が急がれます。

⑤Safariで変更が反映されない

LINEなどのSNSだけでなく、Safariにも影響が出ています。

大多数の方が利用しているであろうプライベートモードの設定が反映されていないこともあります。

Safariでの設定が全く反映されていないので、こちらも改善が急がれます。

さらに、サイトカラーに合わせるという設定がSafariには導入されているのですが、そちらが反映されていないことも。

ただこのサイトカラーの変更については

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「Safari」→「Webサイトの色合い調整を許可」をOFFに変更

でサイトカラーが変わらないように設定することができますので是非やってみてください。

iOS15.1へアップデート後に不具合が多い場合の対処法