アクティベーションロックとは?デバイス有・無の解除方法を解説

中古でiPhoneなどを購入した際、デバイスのセットアップで「アクティベーションロック」と表示されて次に進めなくなってしまうことがあります。そもそもアクティベーションロックとは何なのか、ロックがかかってしまった場合はどう解除すれ良いのか、解説していきます。

アクティベーションロックとは?

デバイス(iPhone/iPad/Macなど)保護するセキュリティ機能

そもそもアクティベーションロックがなにかがわからない方もいらっしゃると思いますので、説明していきます。iPhoneやiPadを初期化した場合、初期化前に「iPhoneを探す」を無効にする操作を行っていないと、「iPhoneを探す」搭載されている盗難や紛失を防ぐための機能が有効になります。

この機能が有効になっていると、初期化後のセットアップを進めることができなくなるのです。これがアクティベーションロックです。解除をするためには前の持ち主のApple IDとパスワードが必要になります。

有効の場合紛失して消去されても操作ができない

「iPhoneを探す」を事前に無効にしていない場合、紛失して何者かに初期化されても、アクティベーションロックがかかるため初期化後に操作をすることはできなくなります。逆に言えば無効にしていると紛失して盗まれると操作ができてしまうと言うことですので、普段はiPhoneを探すは有効にしておいたほうが良いでしょう。

アクティベーションロックを解除する方法【iPhone/iPad】

自分のデバイスを初期化する前に、初期化後アクティベーションロックがかからないようにする方法です。

手順

設定アプリを開きアカウントをタップ

ホーム画面から設定を開き、メニューの一番上にある自分の名前(Apple ID)をタップします。

探すをタップしてデバイスを探すをタップ

ホーム画面から設定を開き、一番上にある自分の名前をタップします。いくつか項目が表示されますので、「探す」をタップします。「探す」が項目にない場合は、iCloudをタップしてください。次の画面に移ったら、「iPhoneを探す」を選択し、「iPhoneを探す」をオフにします。

AppleIDのパスワードを入力して解除する

。Apple IDのパスワードが求められますので入力してください。「iPhoneを探す」がオフになっていることを確認します。オフになっている状態であれば、初期化後アクティベーションロックがかかってしまう心配はありません。

デバイスが無い時にアクティベーションロックを解除する方法

iPhoneをすでに売りに出してしまったあとに、iPhoneを探すをオフにしていないことに気がついた場合でも、遠隔でアクティベーションロックを解除することができます。