未分類

Googleのトップページにあるショートカットを非表示方法を解説

現在のGoogle Chromeではトップページに表示されるのショートカットはファビコンというサイト特有のアイコンになっていますが、ファビコン表示からサイトのサムネイル表示に変更することができます。手順は以下の通りです。

  1. アドレスバーに「chrome://flags/#ntp-ui-md」と入力する
  2. 「New Tab Page Material Design UI」右側の「Default」をクリックする
  3. 「Default」を「Disabled」に切り替え「RELAUNCH HOW」をクリックする

Google Chromeのショートカットを個別に消す方法

では、Google Chromeのショートカットを個別に消す手順を紹介します。全てのショートカットを非表示にしたい場合は最初に紹介した設定をする方が簡単ですが、特定のページのみショートカットを消したいならここから紹介する手順で消去しましょう。

1.Chromeを起動

まずはGoogle Chromeを起動させます。

2.消したいファビコン(サムネイル)の右上にある「」をクリック

Google Chromeのトップページを開いたら、ショートカットが並んでいるので消したいファビコン(サムネイル)の右上のメニューボタンをクリックします。

3.×マークをクリックする

サムネイルの場合は、×マークをクリックすれば消すことができます。ファビコンの場合はショートカットの編集画面が表示されるので、削除をクリックするとショートカットから消すことができます。

Google Chromeでショートカットを表示させておくデメリット

では、Google Chromeにショートカットやサムネイルを表示をさせるデメリットについて紹介していきます。ショートカットをGoogle Chromeのトップページに表示させておくとサイトにアクセスするスピードが格段に早くなります。ただ、デメリットもあるのでしっかりと理解しておきましょう。

1.自分以外の人にChromeの閲覧履歴がバレる危険性

自分しか使わないデバイスなら問題ありませんが、家族とシェアしているデバイスや共有のデバイスでChromeのショートカットやサムネイルを表示を設定していると、自分以外の人にChromeで閲覧したサイトの履歴がバレてしまう危険性があります。

プライバシーを保護するという観点からもショートカットは非表示にしておくことをおすすめします。

2.消すのに時間を要する

次のページへ >