Windowsキーが反応しない時の対処法!無効化切替の方法も解説

「Windowsキーだけがなぜかが反応しない」「ゲーム中にキーを間違って押してしまう」このようにWindowsキーの問題で悩まれている方も多いはずです。本記事ではwindowキーにフォーカスし、反応しない時の対処法やキーを無効化する方法を解説していきます。

Windowsキーのみ反応しない原因

Windowsを使用中にWindowsキーのみが使えない、反応しないことがあると思います。キーボードキーが物理的に故障していることも考えられますが、ここでは物理キーの故障以外の原因をいくつかご紹介。Windowsキーが反応しない時の主な原因は以下の通りです。

  • ユーザーアカウント上の問題
  • レジストリの問題
  • OS上の問題
  • キーボードドライバーの異常
  • キーの無効化
  • 他のソフトウェアとの相性
  • ゲーム上の設定

Windowsキーが動かない、反応しない時の原因はほとんど上記のリスト内に含まれるものになります。キーが反応しない場合は、今一度チェックしみてください。

Windowsキーのみ反応しない時の対処法

ここでは、先ほど確認した原因を踏まえて、Windowsキーが反応しない時の対処法を解説していきます。仕事やゲーム目的でPCを頻繁に利用する方は、作業効率の向上にも繋がりますので、ぜひとも確認しておきましょう。

対処法① 別のユーザーアカウントで反応するか試す

Windowsキーが動かない、反応しない時は、現在利用しているアカウントを確認してみましょう。アカウントによっては、設定に問題やエラーが発生していることで、Windowsキーが反応しない場合があります。この場合の対処法としてはユーザーアカウントの切り替えが有効です。ユーザーアカウントの追加手順および切り替えは以下の通り。

  1. 「Windowsマーク」上にカーソルを合わせる
  2. 右クリックを行う
  3. 「設定」を選択
  4. 「アカウント」を選択
  5. 「家族とその他のユーザー」を選択
  6. 「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択
  7. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を選択
  8. アカウント作成を行う
  9. 「Windowsマーク」を選択
  10. 「アカウント」から利用したいアカウントを選択

対処法②Ctrl+Alt+Deleteで再起動する

WindowsではOSのアップデートなど負担の大きい処理を行なってしまうと、Windowsキーが動かない、反応しないことが多々あるようです。そのような時は、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押してパソコンの再起動を行なってみてください。複雑な処理が整理され、Windowsキーが反応しない状態が解決することがあります。

対処法③高速スタートアップを無効化する

高速スタートアップを無効化することも、Windowsキーが反応しない時に有効な対処法です。Windowsには高速スタートアップと呼ばれるパソコンの起動を早めてくれる機能があります。すぐにパソコンを利用できる便利な機能ですが、パソコンにさまざまなエラーを起こしてしまうリスクもあるようです。高速スタートアップを無効化することで、エラーを回避し、Windowsキーが使えるようになります。高速軌道の無効化までの手順は以下の通りです。

  1. 「Shiftキー」を押した状態で「再起動」をクリック
  2. 「PCの電源を切る」をクリック

対処法④Windowsキー無効化機能の解除

もしWindowsキーのみが反応しないような時は、キーの無効化設定が意図せず働いてしまっている可能性があります。まずは使っているキーボードの機能としてWindowsキー無効化がないかチェックしてみてください。特にゲーミングモデルのWindowsキーボードには、プレイ中に誤って押してしまうことを避けるため、無効化キーがついてることが多いですので確認しましょう。

対処法⑤ゲームモードの無効化