非通知電話が昼間に多いのはなぜ?何かを調べる目的?着信拒否の方法を解説!

非通知電話が昼間に多くみられるのはなぜでしょう?在宅や電話番号の存在を調べるためとも考えられます。詐欺や悪意の非通知電話には着信拒否が有効なので方法をキャリア毎に調べました。完全な無視が却って危険なケースもあるので無言やワン切りの相手の正体を解説します。

なぜ昼間に非通知電話がかかってくるのか

ではなぜ昼間に非通知電話がかかってくるのかについて見ていきます。

なぜ昼間に非通知電話がかかってくるのかについてはいくつか理由があります。

ではそのなぜ昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由を1つ1つ見ていきましょう。

【非通知電話の目的①】詐欺

まず昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由は詐欺。

詐欺を企てた人間が自分の電話番号を相手に知らさないのは当然。そのためオレオレ詐欺などを含め数々の詐欺で電話がかかってきます。それは朝でも夜でも、そして昼間でも関係なくです。他にも金融機関情報や口座番号などを聞き出し、お金を盗む詐欺も横行しているようですね。

こういった詐欺のため昼間にかかってくる場合があります。

【非通知電話の目的②】いたずら

次の昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由はいたずら。

いたずらや嫌がらせを目的として非通知電話をかけてくる人間もいます。あまりに頻度が多いと恐怖の対象となりますよね..。個人的な恨みなどからいたずらをしてくるケースも多々あり、それは昼夜問わずかかってきます。

ストーカーなどが自分の存在をアピールするために非通知電話をかけている場合もあるので十分注意しましょう。

【非通知電話の目的③】在宅確認

次の昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由は在宅確認。

在宅確認が一番怖いのですが非通知電話は犯罪目的で活用されているケースもあるのです。それが空き巣や強盗。空き巣や強盗をする前に在宅確認をするために非通知電話をかけ、出ればいったんストップするというもの。

もし在宅確認を無視してしまうと家に強盗犯などが入ってくる可能性があるんですね…。

いつもはいない時間帯に電話がかかってくるなど空き巣や強盗に目を付けられている可能性があるので注意しましょう。

【非通知電話の目的④】営業

次の昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由は営業。

営業は普通固定電話や携帯電話にかけてきますよね。ただ非通知電話は少々警戒する人が多いので、営業には不向きです。そのため業務委託を受けた業者さんが営業をしているケースがほとんど。業者さんから非通知電話がかかってくることが多いので出なくても大丈夫です。

【非通知電話の目的⑤】電話番号の使用確認

次の昼間に非通知電話がかかってくるのかの理由は電話番号の使用確認。

電話番号をまだ使用しているのかどうかをチェックするために非通知電話をかけてくる場合もあります。

これは普通によくあることなのでそのままスルーして大丈夫です。

非通知電話がかかってきたときの対処方法は?

関連する記事