Googleのトップページにあるショートカットを非表示方法を解説

Google Chromeでは、起動するとトップページによく開くサイトを自動で認識してショートカットとして表示する機能が備わっています。便利な機能ですが、表示されたくない場面に遭遇することもあります。この記事ではショートカットを非表示にする方法を紹介します。

Google Chromeのトップページからショートカットを非表示

では、早速Google Chromeのトップページからショートカットを非表示にする手順の解説です。非表示設定をするのは非常に簡単で、以下の手順で非表示にすることができます。

Chromeをカスタマイズ>ショートカット>ショートカットを非表示にする

Google Chromeのトップページに自分の好きなショートカットを設定

次に、Google Chromeのトップページのショートカットを自分の好みにカスタムする方法を紹介します。ブックマークに登録をしておけば特に問題はありませんが、毎日のようにアクセスするサイトならショートカットに設定しておくとより便利に使うことができます。手順は以下の通りです。

Chromeをカスタマイズ>ショートカット>カスタムショートカット

設定をしたらトップページに戻ってショートカットを追加すれば完了です。

トップページのショートカットをサイトへのアクセス頻度で設定

次は、Google Chromeのトップページのショートカットをアクセス頻度によって自動で認識して設定をする方法です。デフォルトでは自動で認識する設定になっているので、変更しない場合は設定方法だけ確認しておきましょう。

Chromeをカスタマイズ>ショートカット>よくアクセスするサイト

非表示/カスタム/アクセス頻度は簡単に切り替えることができるので、状況によって切り替えるのもおすすめです。

拡張機能でショートカットを表示させない「New Tab Redirect

Google Chromeのショートカットは拡張機能の「New Tab Redirect」を導入することでも非表示にすることができます。「New Tab Redirect」は新しいタブで開いたページを特定のページにすることができます。

厳密に言うとGoogle Chromeのトップページのショートカットを非表示にするわけではありませんが、Google Chromeのトップページではなく直接Googleのトップページを設定できるのでショートカットやファビコン、サムネイルなどの表示がないページにアクセスすることができます。

拡張機能「New Tab Redirect」の設定方法

では、拡張機能の「New Tab Redirect」を導入/設定する手順の紹介です。「New Tab Redirect」の導入は拡張機能Google Chromeのウェブストアからインストールしておきましょう。インストールが完了したらGoogleのトップページに設定していきます。手順は以下の通りです。

メニュー>その他のツール>拡張機能>New Tab Redirectの詳細>拡張機能のオプション

拡張機能のオプションのページを開いたらRedirect URLにGoogleのトップページのURL(https://www.google.co.jp/)を入力してSaveをクリックすれば完了です。

Google Chromeでショートカットを再表示するには

拡張機能の「New Tab Redirect」を使ってショートカットを非表示にした場合に再表示するには、「New Tab Redirect」を停止すれば再表示されます。拡張機能の停止は以下の手順で可能です。

メニュー>その他のツール>拡張機能>New Tab Redirectをオフにする

ショートカットをファビコン表示からサムネイル表示に変更