iCloudミュージックライブラリとは?設定方法と注意点を解説

曲をダウンロードしすぎてiPhoneの容量が少なくなっていませんか?iCloudミュージックライブラリを利用すればストレージを圧迫ぜずに音楽を楽しめます。この記事ではiCloudミュージックライブラリの設定方法や注意点を説明しますので、ぜひ参考にしてください。

iCloudミュージックライブラリとは?

iCloudミュージックライブラリとは、曲やプレイリストをインターネット上に保存することができるApple社のサービスです。 インターネット上と言われるとピンと来ないかもしれませんが、よくある「クラウド」というサービスを使用してインターネット上にデータを保存しておくことができます。クラウドに保存できる容量は、楽曲約10万曲分です。インターネット上に曲を保存することで、普段使用しているiPhoneだけでなく、パソコンやiPadからも曲を再生することが可能です。

AppleMusic加入で使えるサービス

iCloudミュージックライブラリは端末のストレージを圧迫することなく音楽を聴くことができるため、とても便利なサービスです。しかしiCloudミュージックライブラリは誰でも使えるというわけではありません。Apple社の音楽配信サービスである「AppleMusic」 に加入すると使えるようになるサービスです。また、AppleMusicに加入していなくても、別サービスである「iTunesMatch」 へ加入することでも使用することができます。

PCとの接続をしなくてもiPhone・iPadに音楽を同期できる

iPhoneに音楽を同期する場合、通常はPCとiPhoneをUSB-lightningケーブルなどで有線接続する必要があります。しかしいちいちPCを開くことで手間がかかるので、音楽や写真の同期が面倒だという方も少なくないようです。その点iCloudミュージックライブラリはiCloud上に音楽を保存するので、iPhoneやiPadからでも簡単に音楽を同期することができるようになります。

【AppleMusic・iTunesMatch】Appleの音楽サブスク

前述のとおりiCloudミュージックライブラリを使用することのできるサービスは、「AppleMusic」と「iTunesMatch」の2つです。 どちらもApple社のサービスですがなぜiCloudミュージックライブラリは2つのサービスで使用することができるのでしょうか。また、AppleMusicは聞き慣れた言葉ですが、iTunesMatchとはいったいどのようなサービスなのでしょうか。ここではAppleMusicとiTunesMatchの特徴を紹介し、それぞれを比較していきます。

AppleMusic

AppleMusicは約7000万曲の中から、自分の好きな曲を自由に再生したり、ダウンロードしたりできる有料の音楽配信サービスです。好きなアーティストが多すぎて全てのアルバムを購入できない方や、音楽業界で働いている方にはもってこいのサービスですよね。義務教育課程でない学生(大学生や専門学生など)であれば月額480円、その他の個人であれば月額980円で利用できます。 その他の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • iPhoneだけでなくAndroid端末でも利用できる
  • ストリーミング再生ができる
  • 約10万曲をiCloudミュージックライブラリに保存できる
  • 約10万曲をダウンロードできる
  • 3ヶ月間の無料トライアル期間がある
  • 音質はAACの256kbps
  • iCloudミュージックライブラリが利用できる

注意点として、AppleMusicのiCloudミュージックライブラリを使用する場合、楽曲のコピー元がAppleMusic側に移ってしまう可能性があります。例えばAppleMusic加入前にiTunesライブラリに保存していた曲でも、その曲がAppleMusic内に存在していれば、その曲のコピー元がAppleMusicへ変換されてしまいます。つまりiCloudミュージックライブラリに保存されるデータはあくまでAppleMusicのデータということです。

iTunesMatch

iTunesMatchは、iTunesライブラリにある曲をiCloud上に保存することができる有料サービスです。 月額は無く、年額3,980円で加入できます。iTunesMatchの他の特徴は以下のとおりです。

  • 音質はAACの256kbps
  • iCloud上の曲をストリーミング再生できる
  • 約10万曲をiCloudミュージックライブラリに保存できる
  • iCloudミュージックライブラリが利用できる

なお、ご自身のiCloudが無料版の5GBしかないという方もいるかと思いますが、iTunesMatch専用の容量が追加されますのでご安心ください。また、iCloudミュージックライブラリに保存した際の曲のコピー元はiTunesライブラリのものになります。

AppleMusicとiTunesMatchの比較

以下にAppleMusicとiTunesMatchの特徴を比較した表を作成しました。 

サービス名AppleMusiciTunesMatch
料金(年額)11,760円3,980円
音楽配信サービス
iCloudミュージックライブラリ
楽曲コピー元AppleMusiciTunesライブラリ
無料トライアル期間3か月
音質AAC 256kbpsAAC 256kbps

大きな違いは音楽配信サービスがついているか、コピー元がAppleMusicかiTunesライブラリかということです 。費用に関しては、年額で見るとiTunesMatchがAppleMusicの3分の1ほどで安くなっています。音質はどちらのサービスも変わらないので気にしなくても大丈夫です。

iCloudミュージックライブラリの設定方法【iPhone・iPad】