iOS14.7.1アップデートについて不具合も併せて解説

iOS14.7.1にアップデートすることでどのような不具合が出るのでしょうか。またiOS15がリリースされる予定はあるのか、ダウングレードすることができるのか、セキュリティはどうなっているかを解説するので参考にしてください。

2021年7月26日にリリースされたiOS14.7.1

iPhoneのiOSは常にアップデートされています。そのアップデートはiPhoneのセキュリティを向上させるためにリリースされているのです。

セキュリティ向上のためのリリースされたiOSは、すぐにアップデートをしていいのか、アップデートをしたことでどのような不具合が出てしまうのかを解説していきますので、不具合を避けたいと考えている人はぜひアップデートをする前に生じる不具合などを確認してみてください。

iPhoneのiOSはなぜ定期的にアップデートされるか

iPhoneのiOSがなぜ常にアップデートされるのかというと、iPhoneを含めたインターネットのセキュリティは日々進化するウィルスなどに対抗するために向上しているのです。しかしリリースされたiOSには不具合があることも事実です。

その不具合から逃れるためにダウングレードをする人もいます。不具合から逃れるためのダウングレードとはどのようなものなのかを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダウングレードとはどのような作業をすることか?

ダウングレードとは、アップデートしたiOSに不具合があった場合に、以前のiOSに戻す作業のことです。ダウングレードに必要なのは自分のiPhoneとパソコンです。

例えばiOS15にアップデートしたが、不具合が多くてios14.7.1にダウングレードをしたいと考えている場合は、自分のiPhoneで設定アプリを開いてください。設定アプリを開いて一般という項目を開いたら、次のステップに進むことができます。

ダウングレードをしたいときは設定アプリを開こう

iOS15からiOS14.7.1にダウングレードをしたい場合は、設定アプリからVPNとデバイス管理という項目をタップしてみてください。すると、iOS15 Beta Software Profileというものがあります。

iOS15 Beta Software Profileとは、一体何なのでしょうか。そしてこれがダウングレードにどのように関係するのかということを解説していきますので、ぜひ確認をしてみてください。

全データが入っているソフトウェア等が設定にある

iOS15 Beta Software Profileとは、言わばiOS15のソフトウェアの全データとなります。このiOS15 Beta Software ProfileにはiOS15の全てのデータが入っているのでiOS15 Beta Software ProfileがないとiOS15は起動しなくなります。

ダウングレードをしたくないという人はくれぐれも注意して、慎重にiPhoneを扱うということが求められるのです。

ソフトウェアを消すとiOS15は二度と使えなくなる

iOS15 Beta Software Profileを消してしまうと、iOS15は使えなくなってしまうのです。iOS15 Beta Software Profileを消す前には、バックアップを取る必要があります。

iOS15 Beta Software Profileをバックアップを取る前に消してしまうと、iOS15にしてから扱ったデータが全て消えてしまうので、必ずバックアップを取ってから、削除をしてみてください。

削除をする前にバックアップを取ることを忘れない

iOS15 Beta Software Profileを削除する前には必ずバックアップを取ってください。iOS15 Beta Software Profileを削除する前にバックアップを取ってから、iOS15 Beta Software Profileを削除します。

そうすることで、iOS15は無効になります。そしてiOS15からダウングレードをすることができますので、ぜひダウングレードをして不具合を解消しましょう。

ソフトウェアをタップしてファイル削除の項目選択

iOS15 Beta Software Profileを探して、iOS15 Beta Software Profileをタップしてください。iOS15 Beta Software Profileをタップしたら、プロファイルを削除するという項目が出現します。

その項目をタップすることでiOS15を削除することができるので、これでダウングレードが完了となります。iOS15にすることで不具合が発生した人は試してみましょう。

iOS14.7.1ではどのような不具合が解消されているか

2021年7月26日にリリースされたのは、iOS14.7.1でした。このiOS14.7.1にはどのような機能があるのでしょうか。iOS14.7.1にはどのような機能があり、iOS14.7.1にしたことでどのような不具合が起きてしまったのかをぜひ確認してみてください。

iOS14.7.1にダウングレードをしたい人はダウングレードの手順を確認してからダウングレードをしてみてください。慎重に行いましょう。

iOS14.7.1の機能はTouch IDの機能を改善する機能

iOS14.7.1の機能を紹介していきます。iOS14.7.1では、指紋でロックが解除されるiPhoneに搭載されているTouch IDをより精密にしてくれるためのアップデートデータ。

iPhoneのセキュリティを強化するアップデートデータが搭載されているのでiOS14.7.1のアップデートデータをよく確認してからiOS14.7.1にアップデート、または、iOS14.7.1にダウングレードしましょう。

どれくらい精密になったのかを予め確認しておこう

iOS14.7.1の指紋でロックが、どれくらい精密になったのかを解説していきます。iOS14.7.1にアップデートされると、iPhoneと共有されているApple Watchのタッチパネルのバグが修正されるというものです。

Apple Watchのタッチパネルの動きが鈍いと考えている人は、ぜひiOS14.7.1にアップデートをしてみて、Apple Watchを再起動して、動きが滑らかか確認してみましょう。

iOS14.7.1での変更点

iOS14.7.1での変更点を紹介していきますので、iOS14.7.1での変更点が知りたいと考えている人はぜひ確認をしてみてください。

iOS14.7.1での変更点をポイント別に解説していきます、それをチェックすることでiOS14.7.1に変更するメリットやデメリットを確認することができます。もちろんダウングレードしたいという人もぜひ確認をしてみましょう。

セキュリティアップデート

iOS14.7.1での変更点のポイントの1つ目は、セキュリティアップデートです。セキュリティアップデートをされているので、ぜひアップデートをしてセキュリティを強固にしてみましょう。

Apple Watchのロック解除できない不具合の解消

iOS14.7.1での変更点のポイントの2つ目はApple Watchのロック解除できない不具合の解消です。この不具合が解消されることはとてもメリットが大きいので、試してみましょう。

iOS14.7.1へのアップデート時のポイント

iOS14.7.1へのアップデート時のポイントを紹介していきますので、iOS14.7.1へのアップデート時のポイントをぜひチェックしてから、iOSのアップデートを試してみましょう。

基本的に不具合修正のアップデート

iOS14.7.1へのアップデート時のポイントの1つ目は、基本的に不具合修正のアップデートです。基本的に不具合修正のアップデートなので、情報が来たら、すぐにアップデートが賢明です。

一部対応していない機種あり