TikTok動画のコメント欄が見れない場合の対処手順を解説

TikTokの動画のコメント欄は制限したり、見れないような機能をつけることはできるのでしょうか。またその機能を解除することはできるのでしょうか。投稿された動画にその機能をつけることができるのかも、詳しく紹介していきます。

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状

TikTokのコメント欄を制限することはできるのでしょうか。TikTokに投稿した動画のコメント欄に変なコメントがつかないように投稿した動画を見れないように機能をつけることはできるのでしょうか。

TikTokのコメント欄には動画を見れないように制限できる機能があるのかを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。また、見れないように制限した機能を解除することができるのかも詳しく解説していきます。

TikTokの動画のコメント欄は何故制限されるかの訳

TikTokの動画のコメント欄にコメントを書けないように制限したり、TikTokの動画が見れないように制限することはできますが、なぜそのような措置をする必要があるのでしょうか。

コメント欄にコメントを書けないようになってしまったというユーザーはいるのではないでしょうか。TikTokのコメント欄に書けないように制限された、TikTokの動画のコメント欄を見れないように制限されるのは何故なのでしょうか。

TikTokに以前書き込んだコメントが原因の可能性が

TikTokのコメント欄に書き込めなくなってしまったというユーザーは、何故TikTokのコメント欄に書き込めなくなったかというと、TikTokのコメント欄に、以前書き込んだコメントが投稿者の気に障った可能性があります。

TikTokのコメント欄は、投稿者の裁量によってコメントが制限されたり、制限を解除することができるのです。急にコメントができなくなったことは、過去のコメントが原因の可能性があります。

コメントが書き込めなくなった理由を考えてみよう

TikTokのコメント欄が制限される原因として、過去にそのTikTokのコメント欄に投稿者を誹謗中傷するようなコメントを書いたり、他ユーザーを攻撃するようなコメントを書いたからという理由が考えられるのです。

TikTokでコメントをしようとしたのにコメント欄に書き込めなくなったという人は、以前に自分が誹謗中傷に当たるコメントを書いたことがないかどうかを考えてみて今後改めてみることが大切になってきます。

どのようなコメントが誹謗中傷に当たってしまうか

TikTokのコメント欄に限らず、現在ネット上では誹謗中傷に当たるコメントを取り締まる動きがあります。ではどのような言葉が誹謗中傷に当たるのでしょうか。

また、誹謗中傷に当たるコメントをしてしまった場合にどのような処罰が下されてしまうのかを解説していきます。それで基準を学んで自分がこれから書こうとしているコメントは誹謗中傷に当たるのかどうかを考えてから、慎重にコメントを書き込んでみることが大事です。

誹謗中傷に当たってしまう言葉にはいくつか種類が

コメントで誹謗中傷に当たる言葉には種類があります。それが抽象的な罵詈雑言、容姿に関する悪口、虚偽の情報による悪口、言動に関する罵詈雑言、第三者に知られたくない、当事者しか知り得ない情報を用いた罵詈雑言という5種類があります。

それぞれどのような言葉がそれに当たってしまうのかを解説していきますので、参考にしてみてください。そして自分のコメントはそれらに当たらないかどうかを確認してから書き込みましょう。

抽象的な罵詈雑言と容姿に関する悪口は侮辱罪適用

抽象的な罵詈雑言というのは具体的にどのようなものかというと、不特定多数のユーザーの前で投稿者のことを侮辱するコメントです。「酷い目に遭えばいいのに」などのコメントをしてしまうと、それは侮辱罪に当たります。

これは立派な犯罪に当たります。容姿に関する悪口は、投稿者の容姿に対して「あなたは醜い」などのコメントをすることです。こちらも侮辱罪に当たる可能性がありますので、コメントをする際は注意してください。

虚偽の情報や言動に対する罵詈雑言は名誉毀損罪に

虚偽の情報による悪口とは、投稿者の過去に犯罪歴があるなどの虚偽の情報をコメント欄に書き込んで投稿者に不利益を与えることです。このような誹謗中傷は個人の投稿者に書かれるより、企業などのアカウントに書かれる場合が多いです。

言動に対する罵詈雑言は、「そんな行動をするなんて頭が悪い」というものです。事実に基づいていたとしてもこのようなコメントは名誉毀損というものにあたる可能性があるので、注意してください。

誹謗中傷に当たるコメントをした場合懲役の可能性

誹謗中傷をしてしまった場合、名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪及び業務妨害罪、脅迫罪、強要罪のいずれかに問われてしまう可能性があります。いずれも2年から3年の懲役、あるいは100万以下の罰金及び懲役と罰金が科せられてしまう可能性があります。

考えなしに放った自分の言葉で、自分の人生を棒に振ってしまう可能性が充分考えられるのでTikTokのコメント欄に限らずネットで書き込むことに細心の注意を払いましょう。

コメント欄が制限されてしまった場合の対処法紹介

TikTokのコメント欄が制限されてしまった理由、そしてその制限をどうやって解除をするのか、また自分が過去にしたコメントは、特に誹謗中傷ではないのに何故コメント欄が見られなくなったのか、何故コメントが書けなくなったのかの理由を知りたいと考えている人はぜひチェックをして見てください。

そしてTikTokのコメント欄を活用して動画の投稿者と仲を深めたい人は、コメント欄に書き込むコメントを確認しましょう。

「まだコメントを受け取っていません」と表示

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状の1つ目は、「まだコメントを受け取っていません」と表示されるというものです。「まだコメントを受け取っていません」と表示されてしまうというときは、一度アプリを閉じてみてから、またTikTokのアプリを開いてみてください。

非表示にしたユーザーからのコメントをカウント

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状の2つ目は非表示にしたユーザーからのコメントをカウントをしているというものですので、コメントがついても見られない人は確認しましょう。

いいね数は多いのに対して少ないコメント

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状の3つ目はいいね数は多いのに対して少ないコメントというものです。いいね数は多いのに対して少ないコメントはバグではないので大丈夫です。

非公開アカウントにバグによって設定

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状の4つ目は、非公開アカウントにバグによって設定されたものというものです。非公開アカウントにバグで、設定されることも充分考えられます。

勝手にフォローが外れる不具合

TikTok動画のコメント欄が見れない場合の症状の5つ目は勝手にフォローが外れる不具合があるというものです。勝手にフォローが外れる不具合のせいでコメント欄が見れない場合があります。

全体的にTikTokで不具合が発生中