寄付タウン(kifutown)は危ない?危険性や評判を紹介

Twitterで話題になっているお金配り。ZOZOTOWNの創業者である前澤友作さんが行なっている企画ですが、前澤さんが新たなお金贈りのプロジェクト寄付タウンが始動しました。この記事では寄付タウンが危ないかどうかや応募方法を紹介します。

寄付タウン(kifutown)は本当に危ないのかの考察

寄付タウン(kifutown)はネットでは危ないという声をちらほら耳にします。まずは、運営会社などの情報をもとに寄付タウン(kifutown)が安全性や本当に危ないのかの考察を行なっていきます。

応募に必要な情報は少ない

寄付タウン(kifutown)は登録するだけなら「氏名」「性別」「生年月日」のみです。実際に当選してお金を受け取る場合は当然銀行口座の番号や電話番号が必要です。

ただ、当選するまでは銀行口座番号は必要がないので、事件に巻き込まれるような危ない目にあうことはないので安心して利用することができます。

運営会社には元ZOZOの前澤氏も関わっている

寄付タウン(kifutown)の運営にはZOZOTOWNの創業者でもある前澤友作さんが関わっています。万が一運営会社が詐欺などの悪徳企業だった場合、前澤友作さんのブランディングにも傷が付きます。

ここまで著名である前澤友作さんが関わっているというだけでも危ない会社ではないという1つの基準にしても問題ありません。

応募データは運営会社以外には知らされない

応募した際に登録した使ったデータは運営会社以外に流用することはありません。個人情報の取り使いが厳しい時代なので、悪用したら企業として活動を続けるのは難しくなります。

運営会社が怪しい会社なら個人情報を登録するのは危ないですが、前澤さんが関わっている企業が個人情報の取り扱いを乱雑にしているとイメージが悪いので、安心して寄付タウン(kifutown)を利用してよさそうです。

Twitterのなりすましアカウントが出回っている

寄付タウン(kifutown)のTwitterでなりすましアカウントが出回っているようです。なりすましアカウントはなりすまされれる側に信頼性が高くないとあまり意味がありません。そういった観点から考えても、寄付タウン(kifutown)は危ないアプリではないと考えられます。

本人確認や個人情報の取り扱いもしっかりしている

寄付タウン(kifutown)は本人確認や個人情報の取り扱いはしっかりしています。モニタリングを行い不正が無いように管理されています。運営会社が個人情報を流出しているなら危ないですが、その心配もなさそうなので、安心して利用できます。

運営会社はプライバシーマークを取得していない