iPhoneでDropboxを利用するメリットと使い方

この記事は約 12 分で読むことができます。

PhoneでDropboxを利用する時の基本的な使い方を詳しく解説しています。一括保存や自動アップロードなど便利に使うコツも紹介!また、その他オンラインストレージサービスとの比較、それぞれのメリットから選ぶべきアプリが分かります。

Dropboxとは?


Dropboxは、アメリカのDropbox Inc.が提供しているオンラインストレージサービスです。

オンランストレージサービスとは

インターネット上でファイルを共有できるサービスを指します。
クラウドストレージと呼ぶことも。

パソコンやスマートフォンなど多彩なデバイスから利用できる事が特徴。

WindowsやmacOS、iOS、Androidなど、様々なOSのバージョンが公開されています。

Dropboxでは何ができる?

Dropboxで具体的にできることは

  • ファイルをオンライン上に保管できる
  • 他の人とファイルを共有可能、共有作業も
  • iPhoneやスマホで撮った写真を自動アップロード

ファイルをオンライン上に保管することにより、USBメモリなどを持ち歩かなくても別の端末からファイルにアクセスをすることが可能になります。

Dropboxに保存したファイルは他のユーザーと共有ができ、複数のメンバーで編集作業も可。

dropbox-shere
引用:Dropbox モバイルアプリ

ファイルへのリンクを作成することもできますので、巨大なファイルを送付する際もアドレスを教えるだけでOK。

また、iPhoneで撮った写真を自動でアップロードできる機能も。

類似オンラインストレージサービスとの比較

ファイルをオンライン上に保管・共有する「オンラインストレージ」は、Dropbox以外にも様々な種類があります。

類似サービスとDropboxを簡単に比較してみましょう。

スマホの方は右にスライド!

DropBoxGoogleドライブOneDriveYahoo!ボックスAmazon Driveノートン
無料版容量2GB~20GB15GB15GB~20GB5GB××
有料版容量1TB30TB1TB50GB30TB25GB
有料版料金月1,200円従量課金制
月額250円で100GB
50GB月240円
1TB月1,274円
月410円従量課金制
年2,490円で100GB
年7,980円
保存期間90日間利用しないとデータ消去の恐れ無期限1年以上サインインなしでMicrosoft アカウント削除アクセスから1年経過した場合データ削除1年ごと更新1年ごと更新
スマホアプリ
暗号化×

ノートンのオンラインストレージサービスは、ノートンセキュリティ プレミアム(1年・1台7,980円)に付帯しているサービスです。

そのため有料版も他社に比べて容量が低め。

またYahoo!ボックスはYahoo!プレミアムの会費分で有料分が利用できます。

しかしストレージを管理できるスマホアプリが「Yahoo!かんたんバックアップ」「Yahoo!かんたん写真整理」のみであることに注意。

写真を管理するだけであれば問題なく利用できますが、作業の共有などには不向きです。





Dropboxのダウンロード方法

スペックも重要ですが、使い勝手も気になりますね。

そこで実際にiPhoneでDropboxをダウンロードし、使うまでの手順を確認してみました!

アプリを起動すると、以下のような登録画面が表示されます。
 

login

Googleアカウントを持っていれば、そのアカウントの情報で登録ができるようです。

ここでは「登録」を選び、先に進んでみます。すると、

入力フォーム

上記のようにアカウント情報を入力する画面が表示されます。

チェックポイント!

DropBoxを使うには登録が必要です。
氏名・メールアドレス・パスワードを入力します。

ここで入力するメールアドレスは、Yahoo!メールなどのフリーメールで問題ないようです。

入力が完了すると、登録したメールアドレスにメールが届きます。

登録確認メール画面

「メールアドレスを確認」を押すと登録完了です。

メールアドレス確認中もアプリを起動しておくと、そのまま設定画面に移ることができます。





DropboxをiPhoneで使う方法

では引き続き、iPhoneでDropboxを使う手順を確認していきましょう。

メールアドレス登録が終わると、写真へのアクセスを許可するための画面が表示されます。


 

ここで【OK】をタップすると、写真がアップロードできるように。

チェックポイント!

このあとは画像をアップロードする画面に移りますが、設定だけで終わりにしたい方は下のほうにある「スキップ」をタップすると先に進めます。

iPhoneの写真・動画をDropboxにアップロードする方法

iPhoneの写真・動画をDropboxにアップロードする場合は、画面下の真ん中の「作成」アイコンをタップ。
 

作成
 

最初は分かりにくいという印象でしたが、何度か使って慣れれば問題なさそうです。

「写真をアップロード」を選択すると、「写真」に保管されている画像が表示されます。

写真一覧
 

ここでタップしてアップロードしたい写真を選択。

一度に複数枚選択が可能です。写真選択
 

右上のアップロードを押すとDropBoxに写真がアップロードされます。

4G回線環境下では一枚10秒程度でアップロードができました。

(回線環境やファイルサイズによって時間は変動します)

動画のアップロードも手順は同じですが、DropBoxをパソコンとリンクすることによりアップロードできるようになります。

リンク方法については「パソコンにリンクする手順」を参照してください。

自動アップロードをするには?

iPhoneで撮影した写真を自動でDropBoxにアップロードする手順を確認しましょう。

チェックポイント!

自動アップロードの設定をすると、iPhone端末で撮影した写真がそのままDropBoxに自動的に登録されるようになります。

設定をしておくと、以下のようなメリットがあります。

  • 手動でアップロードする手間が省ける
  • 他の端末でも写真が見られるようになる
  • 万が一iPhoneが使えなくなったときでも写真を残すことができる

iPhoneの写真を自動でアップロードするには、アップグレードもしくはパソコンとのリンクが必要です。
 
アップグレードもしくはパソコンへのリンク

チェックポイント!

アップグレードもしくはパソコンとのリンクがまだの方は「パソコンにリンクする手順」を参考にして先にパソコンにリンクを行ってください。

パソコンにリンクした状態、もしくはアップグレード版にした状態で、右下の「アカウント」をタップし「カメラアップロード」を選択。

カメラアップロード設定

一番上の「カメラアップロード」のボタンを右にスライドさせ、ONにすれば設定完了です。
 
カメラアップロードON
 

パソコンにリンクする手順

iPhoneで使っているDropBoxとパソコンをリンクすると、自動アップロードや、動画のアップロードが可能になります。
 
パソコンにリンク
 

  1. 右下の【アカウント】をタップ
  2. 【パソコンをリンクする】をタップ
  3. 違う画面に移りますので【パソコンをリンクする】をタップ
  4.  

    パソコンにリンク
     

  5. リンクしたいパソコンでhttps://www.dropbox.com/connectへアクセス
  6. iPhoneでカメラが起動しますので、パソコン画面を②のフレームに納めます
  7. パソコンに「●●さん、こんにちは」という画面が表示されます
  8.  
    パソコンにリンク

  9. .exe形式のインストールファイルがダウンロードされます
  10. パソコンにDropBoxをインストールします
  11. 案内に沿って簡単な設定を行います

パソコンでのインストール後の設定が完全に終わるまで、自動アップデートは使えません。

アップロードができないときの原因や対処法

iPhoneで写真のアップロードができないときの対処法を紹介します。

サイズが大きい

一度にアップロードするファイルが大きい場合、途中でエラーになることが多いです。

1回に複数のファイルを選択している場合は小分けにしたり、サイズが大きい場合は小さくしたりしてアップロードをしましょう。

電波状況が悪い

DropBoxは回線の影響を受けやすい傾向がありますので、電波状況がよいところで試しましょう。

DropBoxがエラーを起こしている

アプリを一度終了して再起動すると、エラーが起こらなくなることが多いです。

パソコンど同期をしている場合はパソコンも再起動をしましょう。

Dropboxの写真や動画をiPhoneに保存する方法

では今度は、Dropboxの写真や動画をiPhoneに取り込みする方法を紹介します。

慣れないうちは、どこから保存をするのか少し分かりにくいです。

画像と併せて見ていきましょう。

エクスポート

  1. ファイルを開いた状態で右上の…をタップ
  2. 【エクスポート】をタップ

iPhoneへの一括ダウンロード方法

DropBoxは一括ダウンロードに対応しておらず、一個ずつ操作をしていかなくてはいけません。

無料ソフトAllFilesを利用すると、DropBoxからiPhoneへ一括ダウンロードができるようになります。

  1. AllFilesをダウンロードして起動します
  2. iPhoneをUSBケーブルで接続します
  3. Dropboxをクリックして「サインイン」をクリック
  4.  
    iphone-utility
     

  5. Dropboxアカウントとパスワードを入力してログイン
  6. Dropboxへアクセスを許可
  7.  
    iphone-utility
     

  8. iPhoneに保存したいデータを選択して、保存先にドラッグ&ドロップ

iphone-utility
引用元:【一括・個別】DropboxのデータをiPhoneに保存する方法

保存ができないときの原因と対処法

DropBoxのファイルをiPhoneにダウンロード・保存ができないときの原因と対処法を確認しましょう。

サイズが大きすぎる

DropBoxのファイルをダウンロードするには、以下の両方の条件に当てはまっている必要があります。

  • ダウンロードしたいファイルの合計サイズが20GB未満
  • フォルダに保存されているファイルが1万件未満
  • サイズが大きすぎる場合、またはフォルダ内のファイル数が大量の場合はダウンロードができませんので、分割してダウンロードを行うようにしましょう。

    iPhoneの容量が足りていない

    iPhoneにも容量がありますので、ダウンロードしたいファイルが大きすぎると収まりきれません。

    画質の良い写真や動画は、想定しているよりもファイルのサイズが大きいことがあります。

    不要なファイルやアプリを削除し、容量を確保してください。

    ダウンロードができないように設定されている

    Dropbox ProfessionalとBusinessでは、共有したファイルのダウンロードを無効にできます。

    アップロードした人がDropbox ProfessionalかBusinessを使っていてダウンロードを無効にしていた場合、ダウンロードボタンを押しても実行できません。

    DropboxでiPhoneの音楽を保存&取り込む方法

    DropBoxからiPhoneへ音楽を保存する場合は、写真などを保管するときと同様に保存が行えます。

    しかしiPhoneからDropBoxへの音楽の保存は、DropBoxからでは行えません。

    iPhoneへの一括ダウンロード方法で紹介したAllFilesを使い、音楽ファイルも移動することができます。

    1. AllFilesを起動しiPhoneと接続します(手順はiPhoneへの一括ダウンロード方法を参照)
    2. 画面の上にドロップダウンボックスを押下し「iPhone」の右端ボタンをクリック
    3. 音楽ファイル

    4. 「iPhone」のデータを展示する画面で「音楽」というフォルダをダブルクリック
    5. 音楽ファイル

    6. 保存したい音楽ファイルを選択してドラッグ&ドロップ

    音楽ファイル

    引用元:iPhoneからDropboxに音楽を保存する方法

    Dropboxデータを共有する方法

    Dropboxのデータを共有すると、共有先のユーザーもファイルを見られるようになります。
     
    データを共有
     

    1. 共有したいファイルの右上の…をタップ
    2. 下からメニューが表示されるので【共有】をタップ
    3. 共有したい相手の連絡先などを入力

    この画面でリンク作成も可能です。
    共有ボタン

    共有したファイルは、他のユーザーから閲覧やダウンロードができる状態になります。

    チェックポイント!

    DropBox professionalに登録をしていると【アクセス管理】より
    ・閲覧可能ユーザー
    ・有効期限
    ・ダウンロードの無効
    など細かい設定ができるようになります。

    ワンタッチでリンクを作成する方法

    ファイルの右上にある鎖のようなマークをタップすると、ワンタッチでリンクを作成することができます。
    リンクを作成する方法

    このままテキスト入力画面で「貼り付け」を選択するとリンクを貼り付けられます。

    文字

    DropboxをiPhoneのファイルアプリに追加する方法

    iPhoneのOS11以降には、icloud Driveに保管されているファイルも確認できる「Files」が搭載されていますね。

    この「Files」からDropbox内のファイルを見られるよう設定することができます。

    まずiPhoneアプリのDropBoxをタウンロード・ログインし、使える状態にしておきましょう。

    1. 「Files」アプリを起動
    2. ブラウズをタップし、右上の「編集」を押す
    3. 「場所」内の「Dropbox」を右にスライドしON状態にする

    Files
    画像引用:iPhoneの「Files」でDropboxを追加する

    これでブラウズ画面よりDropBoxのファイルを閲覧することができるようになります。





    まとめ

    今回はiPhoneでDropBoxを使う方法をメインに紹介しました。

    DropBoxのアップロードのスピードは速めで、ストレスを感じさせません。

    アップロードしたファイルはドラッグ&ドロップでフォルダに移動できるので、整理もしやすいです。

    ファイルへの移動

    しかしアップロードや共有の手順が少し分かりにくいというデメリットもあります。

    使っていくうちに慣れていきますが、これからDropBoxを使うという方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




    ▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


    ▶︎iPhone小技特集はこちら


    ▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


    ▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

    コメントを残す