iPhone iOSとAndroidスマホのシェアを比較

この記事は約 15 分で読むことができます。

iPhoneとAndroidの世界シェア(アイフォンとアンドロイドどっちが多いか)2018年版を徹底調査。結局どっちが人気&安い?将来性は?性能は?iphoneに出来てAndroidにできないこととは?など気になる2つのスマホの比較情報を紹介しています。

iphoneとアンドロイド

iPhoneとAndroidの世界のシェア – ユーザー数はどっちが多い?

現在、世界中の人々に欠かせない存在となっているスマートフォン。
当記事をご覧になっているみなさんも、多くの方がスマートフォンを利用して、日々生活しているのではないでしょうか?

みなさんが使っているスマートフォンは、主にiPhoneAndroidの2タイプに分類することができます。
実際、iPhoneとAndroidの世界シェアはどのようになっているのでしょうか。

iPhoneとAndroidの違いとは?

そもそも、「スマホといえばiPhoneとAndroidっていうけれど、両者の違いって何なの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、iPhoneとAndroidの違いについて説明します。

iPhoneとAndroidの違い
 iPhoneAndroid
メーカー「Apple」1社様々なメーカー
OSiOSAndroid OS
価格高い幅広い
使いやすさシンプルで使いやすい様々なカスタマイズが可能

「メーカー」の違い

iPhoneとAndroidは、そもそもメーカーが異なります

iPhoneはApple社による1社提供です。
すべてのiPhoneスマホはApple社によって、開発・製造されています。
そのため、どのシリーズのiPhoneも、同じロゴ・統一的なデザインや機能をしています。

一方で、Androidと呼ばれるスマートフォンは、「SONY」や「SUMSUNG」など、様々なメーカーからリリースされています
Androidスマホの場合、デザインや機能はメーカーごとに異なります

「OS」の違い

iPhoneとAndroidは、搭載されている「OS」が異なります。

OSとは?

OSは、「Operating System(オペレーティングシステム)」の略で、コンピューターの「動作システム」のことを意味しています。

 

キーボードで文字入力する、スマホの画面をタップするといった機能は、すべてこのOSによって動作しています。

iPhoneに使われているOSは「iOS」と呼ばれ、Androidに搭載されているOSは「Android OS」と呼ばれています。

Android OSは、Google社が開発した「モバイルオペレーティングシステム」です。
Androidの各メーカーは、Google社からこの「Android OS」を提供してもらうことで、Androidと呼ばれるスマートフォンを作ることができます。

「価格」の違い

iPhoneとAndroidは、「価格設定」が異なります。

みなさんもご存知のように、iPhoneは新シリーズが登場するたびに、その機能やデザインの他に、「販売価格」が話題となります。
登場したばかりのiPhoneは、10万円を超えるケースが多く、パソコンを購入するのと同じくらいの価格設定になっています。

一方、Androidスマホの場合、価格設定は各メーカーによって異なるため、選択肢に幅があります。

以降の章で、iPhoneとAndroidの値段を比較しているので、気になる方は参考にしてください。

ちなみに僕は、SIMフリーのiPhoneXをAppleで購入しようと、もろもろ混み約16万円ほどで分割ローン申込みしたのですが、審査に落ちてしまいました。
おそらく過去のクレジットカード支払い滞納が原因だと思います。

どうしても欲しかったので、低金利で審査の甘いカードローンをこのサイトから申し込みして、無事にiPhoneXを手に入れました!

「使いやすさ」の違い

iPhoneとAndroidの「使いやすさ」について、気になる方も多いのではないでしょうか。

iPhoneは、特に細かい設定をする必要がなく、「操作方法がシンプルで使いやすい」と言われています。

一方、Androidの場合、「カスタマイズ性」が高く、自分好みのスマートフォンにデザインを変えたりすることができます。

iPhoneとAndroidの世界での普及度【シェア図表】

iPhoneとAndroidの違いについて分かったところで、それぞれの世界での普及度について見ていきましょう。

アウンコンサルティング株式会社が、世界40か国を対象に、2018年3月時点の「主要OS」と「機種」のシェア状況を調査しています。
調査結果

この調査結果によると、東アジア諸国では「iPhoneの増加、Androidの減少」が見られ、東南アジアや中東諸国では「iPhoneの減少、Androidの増加」の傾向にあることが分かったそうです。

主要諸国の具体的な数字を、表にすると以下のようになっています。

 iPhoneAndroid
アメリカ53.44%45.99%
イギリス51.43%46.29%
ドイツ32.65%65.75%
韓国24.49%75.38%
中国19.27%79.22%
オーストラリア55.48%42.81%
ブラジル10.11%85.15%
エジプト10.39%86.86%

世界的には、AndroidのほうがiPhoneよりもシェア率が高い国が多いです。

「アメリカ・カナダ・オーストラリア」と、ヨーロッパの「イギリス・スイス・ノルウェー」以外の国は、Androidの方が圧倒的に利用者が多くなっています。

iPhoneとAndroid – 日本で人気なのはどっち?

日本では、iPhoneとAndroidを比較したとき、どっち派が多いのでしょうか。

 iPhoneAndroid
日本66.24%33.14%

日本では、AndroidのスマホよりもiPhoneのほうが普及率が高くなっています

ただし、年代別で比較してみると、「Androidのシェア率がiPhoneを上回っている」年代の方が多いという面白い現象が起きています。

MMD研究所の「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」によると、「10代の男性」と「10代~20代の女性」に関しては「iPhoneのシェア率」がAndroidを上回っています。

一方、「20代~60代の男性」と「30代~60代の女性」に関しては「Androidのシェア率」がiPhoneを上回っているという調査結果が出ています。

iPhone,Android,シェア率

出典:MMD研究所

このことからも、日本では「若い世代」や「女性」にはiPhoneが人気で、「年配の方」や「男性」は比較的Androidを利用していることが分かります。

iPhoneとAndroidどっちが安い?【値段比較】

iPhoneとAndroidの違いとして「販売価格が異なる」ことを上記で説明しました。
そこで、ここではiPhoneとAndroidの実際の値段を表にまとめます。

比較対象の機種は、「iPhone XS MAX」「Galaxy s9」「Huawei P20 Pro」「Zenfone 5」の4種類です。

 iPhone XS MaxGalaxy S9
(サムスン)
Huawei P20 ProZenfone 5
(Asus)
OSiOSAndroid OSAndroid OSAndroid OS
simフリー版ありありありあり
値段124,800円(64GB)
141,800円(256GB)
164,800円(512GB)
約48,000円~(64GB)約40,000円~(128GB)約47,000円~(64GB )

もちろん、「機種」や「GB数」「購入店舗」「新品・中古」などによって異なってきますが、スマートフォンを一括購入したい場合、iPhoneよりもAndroidのほうが圧倒的に安くなります

「必ずiPhoneじゃないとダメ!」「最新機種のiPhoneを使いたい!」という強いこだわりがない限りは、Androidを選んだほうが支出を抑えることができます。

iPhoneとAndroid【性能比較】

「端末価格はiPhoneのほうが圧倒的に高いことが分かったけど、上記で比較した4種類の端末の性能はどのくらい異なるの?」と疑問に思っている方もいるはずです。

そこで、ここからは、iPhoneとAndroidの性能を比較していきます。

 iPhone XS MaxGalaxy S9Huawei P20 ProZenfone 5
容量64GB
256GB
512GB
64GB128GB64GB
画面解像度2688×12422968×14402240×10802246×1080
カメラの画素数1,200万画素1,220万画素1,000万画素1,200万画素
連続待受時間約400時間約330時間約495時間

「iPhone XS MAX」は、連続待受時間ではなく、各「連続再生時間」を以下に記載します。

iPhone XS MAX
連続通話時間最大25時間
連続インターネット時間最大13時間
連続ビデオ再生時間最大15時間
連続オーディオ再生時間最大65時間

基本的に最新iPhoneのスペックの方が高いですが、「Galaxy S9」に関しては、最新のiPhoneと比較しても「画面解像度」「カメラの画素数」ともに引けをとりません
そのため、iPhoneに近いAndroidと言うこともできます。

端末自体の容量に関しては、iPhoneではどのシリーズも3種類ほどの「容量サイズ」が用意されています。

iPhoneのメリット・デメリット

ここからは、iPhoneのメリット・デメリットについてまとめていきます。

iPhoneのメリット

iPhoneのメリットには、以下のものが挙げられます。

  1. 他のApple製品(iPadやApple Watch)と同期できる
  2. 相談できる人が多い
  3. 初心者にも無難な仕様

他のApple製品と同期できる

iPhoneは、それ単体の機能はもちろんのこと、iPadやApple Watchといった他のApple製品と同期することができます。

そのため、iPhoneにある音楽をApple Watch単体で聞くことができるようになったり、iPadで作成した資料をiPhone閲覧・編集することが可能となります。

相談できる人が多い

iPhoneは、Androidのスマホとは異なり、メーカーがApple社で統一されており、全シリーズとも大まかな規格は同じになっています。

また、日本においてはiPhoneのシェアがAndroidを上回っています。

このことから、iPhoneを使用していてい分からないことがあっても、すぐに誰かに相談して解決することができます。

初心者にも無難な仕様

iPhoneは、なんといっても「スマートフォン初心者でも操作しやすい」というメリットがあります。

iPhoneを買えば、特に細かい設定をする必要もなく、感覚的に操作することができます。

iPhoneのデメリット

次にiPhoneのデメリットをまとめます。
iPhoneのデメリットとして考えられるのは、以下の2点です。

  1. 値段が高い端末しかない
  2. 自分でカスタマイズできることが少ない

値段が高い端末しかない

iPhoneの最大のデメリットと考えられるのが「iPhone端末の値段」です。

先述している通り、iPhone端末はAndroidと比べて、非常に高い値段設定がされています。
いくらiPhoneの機能が良い・シンプルで使いやすい仕様であっても、値段が高いと購入することをためらってしまいます。

特に、最新機種になるほど高価格です。
そのため、「必ずiPhoneの最新機種を買わないと気が済まない」という方以外は、購入しにくいです。

自分でカスタマイズできることが少ない

iPhoneは、操作性がシンプルで分かりやすいというメリットがある一方で、自分好みのカスタマイズがしにくいというデメリットもあります。

「ホーム画面を自分好みにアレンジしたい」などの願望がある方には、Androidのほうが向いていると言えます。

Androidのメリット・デメリット

続いて、Androidのメリット・デメリットをご紹介していきます。
Androidの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

Androidのメリット

Androidのメリットとしては、以下の5点を挙げることができます。

  1. 格安の端末がある
  2. Google関連アプリとの相性が良い
  3. カメラ性能がiPhoneより良いものがある
  4. 自分でカスタマイズできる要素が多い
  5. SDカード/おサイフケータイなどが使える機種がある

格安の端末がある

Androidのスマートフォンには、格安で購入できる端末があります。
特に、「格安SIMとセット」だとかなりお得にAndroidスマホを購入できます。

格安SIMの「mineoセット端末」「Zenfone 4 Max」を購入する場合、一括購入価格は「19,800円」と、2万円を切る価格でAndroidスマホを手に入れることが可能となっています。

Google関連アプリとの相性が良い

Androidで使用されている「Android OS」は、Google社によって開発されたものです。
そのため、Androidスマホは、「Googleスプレッド」「Googleマップ」「Googleフォト」などのGoogle関連アプリと相性が良いです。

例えば、Androidスマホで「Googleスプレッド」を利用する場合、表の中に挿入された写真はしっかり表示されますが、iPhoneでは写真が表示されません

Google関連のアプリを利用する機会が多いという方は、Androidスマホのほうが相性が良いと考えられます。

カメラ性能がiPhoneより良いものがある

Androidのメリットの一つとして、「カメラ性能がiPhoneより良い端末がある」ことが挙げられます。

例えば、ソニーの「Xperia XZ1」は、メインカメラの画素数が「約1,920万画素」、フロントカメラが「約1,320万画素」でかなりの高解像度となっています。

また「先読み撮影機能」が搭載されており、「Xperia XZ1」のカメラが被写体の動きや笑顔を感知した際に、自動的に画像を一時保存してくれます。
この機能によって、シャッタータイミングが遅れてしまっても心配ありません。

「Xperia XZ1」は、「スーパースローモーション撮影機能」も搭載されており、1秒当たり960コマもスーパースロー映像を撮影可能です。

自分でカスタマイズできる要素が多い

すでに説明している通り、Androidスマホは、自分でカスタマイズできる要素が多いです。

Androidには「ウィジェット」という「アプリのショートカット機能」があります。
ウィジェットを利用することで、Androidスマホを自分が使いやすいように、オシャレにカスタマイズすることができます。

SDカード/おサイフケータイなどが使える機種がある

Androidでは、SDカードを利用することができます
SDカードをAndroidスマホに挿入することで、端末内で保存できる容量を格段に増やすことができます。

また、Androidでは「おサイフケータイ」機能を使うことができます
おサイフケータイ機能を持つAndroidがあれば、様々な場面での支払いが楽になります。

Androidのデメリット

Androidのデメリットには、以下のようなものがあります。

  1. Apple製品(iPadやApple Watch)との同期ができない
  2. 粗悪なアプリが存在する
  3. 設定がiPhoneより複雑

Apple製品との同期ができない

当然のことながら、Androidは「iPad」や「Apple Watch」などのApple製品と同期することはできません
すでにiPadを持っていたり、Apple Watchを多用している方は、データの共有などができないので少々不便に感じます。

粗悪なアプリが存在する

Androidでは、「個人情報を盗みだす」ことを目的に作られた「粗悪なアプリ」が、iOSアプリよりも多く存在すると言われています。
Androidスマホを使用する際には、セキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

設定がiPhoneより複雑

Androidスマホは、カスタマイズ性が高い一方で、iPhoneと比較して「設定が複雑」というデメリットがあります。

機械を扱うことが苦手な人にとっては、Androidの設定作業が難しく感じる可能性があります。

iPhone・Androidの二択で後悔しないコツ

ここからは、これから機種変更することを検討している方のために、「iPhone・Androidの二択で後悔しないコツ」をご紹介していきます。

自分が購入するならどっちがいいか知りたい方は、参考にしてみてください。

iPhoneが合うのはこんな人

iPhoneが向いている人は、以下のような人たちです。

iPhoneが向いている人

  • すでにApple製品を使用している人
  • 機械操作があまり得意ではない人
  • iPhoneの利用にこだわりがある人

自分が今使っているiPadやApple Watchと連携して、より効率的な使い方をしたい方は、iPhoneの購入がおすすめです。

また、iPhoneの操作はシンプルで分かりやすいため、機械操作が苦手な人にもおすすめできます。

Androidが合うのはこんな人

Androidが向いているのは、以下のような人です。

Androidが向いている人

  • スマホにかかる費用を少しでも抑えたい人
  • 自分好みのスマホにカスタマイズしたい人
  • カメラ機能にこだわりたい人

Androidは、iPhoneよりも低価格であるため、スマートフォンにかかる費用を抑えたい方に向いています。

また、機種によっては高性能なカメラ機能があるため、スマホで撮影する写真や動画にこだわりたい人にも向いています。

iPhone/Androidのどちらにしても後悔しない!クラウドアプリを活用すべし!

「Dropbox」「Googleフォト」、「Evernote」といった「クラウドアプリ」を活用することで、機種変更時でも安心です。

「iPhoneからAndroidへ、AndroidからiPhoneへ」乗り換える際に、データ移行を安全に・楽に行いたい方は、クラウドアプリを活用しましょう。

iPhoneへ機種変更!データ移行方法を解説(バックアップ復元)

まとめ

今回は、iPhoneとAndroidのシェア率やスペックの比較、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてきました。

iPhoneとAndroidどちらに仕様か悩んでいる方は、上記で解説した「iPhone/Androidに向いている人」やそれぞれの特徴を参考にしてみてください。

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

1件のコメント

  • とおりすがり

    情報ありがとうございます。
    私の中でiPhoneシェア率は数年前の情報のまま止まっていたので驚きました。
    アメリカでもAndroidの方が人気なんですねー。

    と、細かいことですが、世界のシェア率と日本のシェア率、表記の順番を統一した方がいいかと思います。
    Androidの方が多いように一瞬空目しました。。

コメントを残す