iPhone iOSとAndroidスマホのシェアやメリット・デメリットなどを比較

iPhoneとAndroidの世界シェア(アイフォンとアンドロイドどっちが多いか)2018年版を徹底調査。結局どっちが人気&安い?将来性は?性能は?iphoneに出来てAndroidにできないこととは?など気になる2つのスマホの比較情報を紹介しています。

iPhoneとAndroidの世界のシェア – ユーザー数はどっちが多い?

現在、世界中の人々に欠かせない存在となっているスマートフォン。
当記事をご覧になっているみなさんも、多くの方がスマートフォンを利用して、日々生活しているのではないでしょうか?

みなさんが使っているスマートフォンは、主にiPhoneAndroidの2タイプに分類することができます。
実際、iPhoneとAndroidの世界シェアはどのようになっているのでしょうか。

iPhoneとAndroidの違いとは?

そもそも、「スマホといえばiPhoneとAndroidっていうけれど、両者の違いって何なの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、iPhoneとAndroidの違いについて説明します。

iPhoneとAndroidの違い
iPhoneAndroid
メーカー「Apple」1社様々なメーカー
OSiOSAndroid OS
価格高い幅広い
使いやすさシンプルで使いやすい様々なカスタマイズが可能

「メーカー」の違い

iPhoneとAndroidは、そもそもメーカーが異なります

iPhoneはApple社による1社提供です。
すべてのiPhoneスマホはApple社によって、開発・製造されています。
そのため、どのシリーズのiPhoneも、同じロゴ・統一的なデザインや機能をしています。

一方で、Androidと呼ばれるスマートフォンは、「SONY」や「SUMSUNG」など、様々なメーカーからリリースされています
Androidスマホの場合、デザインや機能はメーカーごとに異なります

「OS」の違い

iPhoneとAndroidは、搭載されている「OS」が異なります。

OSとは?

OSは、「Operating System(オペレーティングシステム)」の略で、コンピューターの「動作システム」のことを意味しています。

 

キーボードで文字入力する、スマホの画面をタップするといった機能は、すべてこのOSによって動作しています。

iPhoneに使われているOSは「iOS」と呼ばれ、Androidに搭載されているOSは「Android OS」と呼ばれています。

Android OSは、Google社が開発した「モバイルオペレーティングシステム」です。
Androidの各メーカーは、Google社からこの「Android OS」を提供してもらうことで、Androidと呼ばれるスマートフォンを作ることができます。

「価格」の違い

iPhoneとAndroidは、「価格設定」が異なります。

みなさんもご存知のように、iPhoneは新シリーズが登場するたびに、その機能やデザインの他に、「販売価格」が話題となります。
登場したばかりのiPhoneは、10万円を超えるケースが多く、パソコンを購入するのと同じくらいの価格設定になっています。

一方、Androidスマホの場合、価格設定は各メーカーによって異なるため、選択肢に幅があります。

以降の章で、iPhoneとAndroidの値段を比較しているので、気になる方は参考にしてください。

ちなみに僕は、SIMフリーのiPhoneXをAppleで購入しようと、もろもろ混み約16万円ほどで分割ローン申込みしたのですが、審査に落ちてしまいました。
おそらく過去のクレジットカード支払い滞納が原因だと思います。
どうしても欲しかったので、低金利で審査の甘いカードローンをこのサイトから申し込みして、無事にiPhoneXを手に入れました!

「使いやすさ」の違い

iPhoneとAndroidの「使いやすさ」について、気になる方も多いのではないでしょうか。

iPhoneは、特に細かい設定をする必要がなく、「操作方法がシンプルで使いやすい」と言われています。

一方、Androidの場合、「カスタマイズ性」が高く、自分好みのスマートフォンにデザインを変えたりすることができます。

iPhoneとAndroidの世界での普及度【シェア図表】

iPhoneとAndroidの違いについて分かったところで、それぞれの世界での普及度について見ていきましょう。

アウンコンサルティング株式会社が、世界40か国を対象に、2018年3月時点の「主要OS」と「機種」のシェア状況を調査しています。
調査結果

東アジアではiPhone、東南アジア・中東ではAndroid

この調査結果によると、東アジア諸国では「iPhoneの増加、Androidの減少」が見られ、東南アジアや中東諸国では「iPhoneの減少、Androidの増加」の傾向にあることが分かったそうです。

世界的にはAndroidが優勢

主要諸国の具体的な数字を、表にすると以下のようになっています。

iPhoneAndroid
アメリカ53.44%45.99%
イギリス51.43%46.29%
ドイツ32.65%65.75%
韓国24.49%75.38%
中国19.27%79.22%
オーストラリア55.48%42.81%
ブラジル10.11%85.15%
エジプト10.39%86.86%

世界的には、AndroidのほうがiPhoneよりもシェア率が高い国が多いです。

「アメリカ・カナダ・オーストラリア」と、ヨーロッパの「イギリス・スイス・ノルウェー」以外の国は、Androidの方が圧倒的に利用者が多くなっています。

iPhoneとAndroid – 日本で人気なのはどっち?

日本では、iPhoneとAndroidを比較したとき、どっち派が多いのでしょうか。

iPhoneAndroid
日本66.24%33.14%

普及率ではiPhoneが優勢|若い世代に多い傾向

1件のコメント

  • とおりすがり

    情報ありがとうございます。
    私の中でiPhoneシェア率は数年前の情報のまま止まっていたので驚きました。
    アメリカでもAndroidの方が人気なんですねー。

    と、細かいことですが、世界のシェア率と日本のシェア率、表記の順番を統一した方がいいかと思います。
    Androidの方が多いように一瞬空目しました。。

コメントを残す




CAPTCHA