iPhoneで電話すると”接続できませんでした”と出る際の対処法

iPhoneの電話で接続できませんでしたとエラーになる理由や、Wi-Fiの設定やソフトウェアネットワークの設定の仕方や機内モード、SIMカードにエラーがないかを解説していきますので、エラーになる人はぜひ参考にしてみてください。

iPhoneで電話を発信すると「接続できませんでした」とエラーが表示

iPhoneで電話を発信すると「接続できませんでした」とエラーが表示されてしまうという経験をしたという人は多いのではないでしょうか。なぜiPhoneで電話を発信すると「接続できませんでした」とエラーが表示されてしまう可能性があるのでしょうか。

またiPhoneで電話を発信したときに「接続できませんでした」とエラーが表示されたらどう対応すればいいのかを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

接続できないとエラーが出るのには理由が複数ある

iPhoneで電話をしたいのに、エラーでなかなか電話ができないというトラブルのときは、Wi-Fiがうまく接続されていないから、あるいはキャリア自体に問題があって接続ができなくなっているという可能性があります。

iPhoneで電話を発信したときに、「接続できませんでした」とエラーが表示される原因は複数あり、そしてその原因に対応する対応手順も複数ある、ということを覚えておくと、冷静に対処ができるのです。

ネットワークなどの設定も直してみると効果がある

iPhoneで電話ができないというときのソフトウェアはどうなっているのか、そしてそのときにネットワークやソフトウェアの設定は、どうすればいいのかも解説していきます。

iPhoneで電話を発信したときに、「接続できませんでした」とエラーが表示されてしまって困ってしまうことがあるという人はぜひこれから紹介するいくつかの対処法を参考にしてみてください。そして実際にそうなってしまった場合に、対応しましょう。

エラーが出てしまった時も冷静に対応しよう

iPhoneで電話を発信したときに「接続できませんでした」とエラーが表示されてしまったという場合は慌てずに冷静に対応することが大切です。もしエラーが出てしまったとしても、いくつかの対処法を試してみてください。

「接続できませんでした」エラーの原因は設定、ソフトウェアかネットワーク

「接続できませんでした」とエラーが出てきてしまったときの原因は設定、ソフトウェアかネットワークに原因がある可能性があります。電話がかけられないという時はぜひソフトウェアかネットワークに問題がないかどうかを確かめてみてください。

「接続できませんでした」とエラーが出てきてしまったときの原因は設定、ソフトウェアかネットワークに問題があり、接続することができない可能性があると覚えておいてください。

「接続できませんでした」エラーが表示された場合の対処手順

iPhoneで電話をしようとした時に、「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順をいくつか紹介していきます。

iPhoneで電話をしようとした時に「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順が知りたい、手順を知って実際に対応したいと考えている人は、iPhoneで電話をしようとした時に「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順を参考にしてみてください。

機内モードのオン/オフを切り替え

iPhoneで電話をしようとした時に「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順の1つ目は機内モードのオンとオフを切り替えてみるということです。

機内モードのオンとオフを切り替えることでエラーが解消される可能性がありますので、電話に接続できませんでしたと表示されてエラーになってしまうという時は機内モードのオンとオフを切り替えをぜひ試してみてください。解消される可能性があります。

発信者番号通知設定をON

iPhoneで電話をしようとした時に「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順の2つ目は発信者番号通知設定をONにしてみるというものです。

発信者番号通知設定をONにしてみることで電話がかけられないというエラーを解消できる可能性がありますので、電話がかけられないという時は必ず発信者番号通知設定をONにしてみるということを試してみてください。

iPhone端末の再起動

iPhoneで電話をしようとした時に「接続できませんでした」とエラーが表示された場合の対処手順の3つ目はiPhone端末の再起動をしてみるというものです。

iPhone端末の再起動をしてみることでエラーが解消されてスムーズに電話がかけられるようになる可能性が高まりますので、電話がかけられないようになってしまったという時はぜひiPhone端末の再起動を試してみてください。

ソフトウェアアップデートの実行