実はこんなに怖い?iPhoneを最新OSにアップデートしないリスクとは

この記事は約 6 分で読むことができます。

こんにちは!先日iOS10.1が発表されて以降、再びiOSやアプリのアップデートに関することが話題にのぼるようになりました。そこで今回は、最新iOSを使わないとどういうリスクがあるのか?に注目して取り上げていきます。

iphone ios アップデート

iPhoneで使われているiOSは、年に一度の大規模アップデートの他、年数回のペースで中小規模のアップデートが行われています。

アップデート内容はその時によって異なりますが、比較的多いのが

  • 新機能の追加
  • 不具合の改善
  • セキュリティ上の問題の修正

など。

でも、そうは言われてもイマイチしっくりこなかったりしませんか?

そんなあなたのために、この記事では「iOSをアップデートせず、古いバージョンを使い続けるリスク」について簡単に解説していきたいと思います。

Sponsored Links


ガラケーはアップデートなんてなかったのに、どうして?

女性2

まず疑問に思う方が多いのは、ガラケー時代には殆どなかったOSアップデートが、なぜiPhoneでは行われているのか?という点ではないでしょうか。

初めに、ガラケーでもOSあるいは細かいソフトウェアのアップデート自体は、最近の端末であれば割と頻繁に行われています。

ただ、アナウンスが不十分だったり、寝ている間に勝手にアップデート作業を行っていたりするため、ユーザーが気付きにくいのです。

また、ガラケーはメーカーが納品する通信会社に合わせて作っているので、店頭での案内に困らないよう、大規模な改変や機能の追加はあまり行われません。

アップデートしていないというより、アップデートに気付かないといったほうが適切かもしれませんね。

Androidスマートフォンのときは、こんなにアップデートはなかったけど。

android.1

Androidスマートフォンは、Googleが販売しているNexusシリーズを除き、OSのアップデートが遅れたり、酷い時にはアップデートそのものがされないことも珍しくありません。

これは、Googleが新しいAndroid OSを発表した後、メーカー側が自社端末に合わせて再度チューンナップしなければならないという事情があります。

加えて、通信キャリア向けに卸している商品は、その通信キャリアとも相談しながらチューンナップ作業を行う必要があるのです。

ガラケーの項で「アップデートしても大規模な改変は行わないことが多い」と述べましたが、Androidの場合も似たような状況といえます。

まぁ、いつも使っているスマートフォンが、全く見た目の違うホーム画面になったり、よく使う機能が削除されていたりしたら、ユーザーもびっくりしますし、そのユーザーに対応するショップの店員さんやコールセンターのオペレーターさんも大混乱になりますからね。

キャリア側としてもやむを得ない部分はあると思います。

ちなみにiPhoneの場合、通信キャリアのショップやコールセンターでは、原則として操作案内は行っていません。

全てAppleのサポート窓口へ誘導しているので、こうした問題は起こりづらい仕組みとなっています。

アップデートしなくても、自分は特に問題が起きていないから……

筆者の経験上、これが実は1番多いパターンです。

確かに、自分のiPhoneに問題が起きていなければ、大丈夫だと思ってしまうのは自然なこと。

でも、これが大きな落とし穴だったりします。

最近のウィルスやハッキングの場合、あなた自身には被害がなくても、気付かぬ内に友人・知人や取引先、あるいは見ず知らずの他人や企業、行政機関などに被害を及ぼしてしまっていることがあるのです。

webサイトに危険なプログラムが仕込まれていた場合を例にとって、もう少し詳しく解説しましょう。

とある日曜日の午後、あなたはiPhoneを片手に、ネットサーフィンをしていました。

そして、あるサイトを見ていたとき、「続きはこちら」と書かれたリンクを何気なくタップしたことが、全ての始まりでした。

リンク先はごく普通のサイト。でも、実は「危険なプログラムを仕込んだサイト」だったのです。(こうしたサイトは「ごく普通のサイト」を装っているので、殆どの人は危険性に気付けません。)

そのプログラムの内容は、古いOSに存在するセキュリティホールを突いて、あなたのiPhoneからメールアカウントの情報を盗み、それをハッカーのPCへ気付かれないように送信するというもの。

こうして、あなたはメールを送受信するアカウント情報を盗まれてしまいました。でも、あなた自身のiPhoneは何の変化もないので、被害に気付きません。

その後も、あなたはいつもどおりの休日を過ごし、明日の準備をして眠りにつきました。

一方その頃、まんまとあなたのメールアカウントを手に入れたハッカーは、早速、あなたのメールボックスを覗きます。

「お、このメアドは仕事用なのか。取引先の奴らのメアドとか、まるわかりだなぁ……」

そう、このメールアカウントは、あなたが社内や取引先との連絡に使っているものだったのです。

あとは簡単ですね。

ハッカーはあなたになりすまし、あなたのメールアドレスからウィルスを付けたメールを取引先全員に送信。

さらにPCのプログラムを悪用して、あなたのメールアドレスから同じ相手に何百通何千通ものメールを一気に送りつけ、あなたの会社や取引先の会社のメールサーバーをパンクさせてしまいました。

でも、あなたはそれに気付くことができません。何故なら、あなたのiPhoneには何の変化もないから。

翌朝、何も知らずに出勤したあなたを待ち受けていたのは、社内の冷たい視線。

そして、「こんなセキュリティ意識の欠片もない会社とは、今後一切仕事はできない」という取引先からの怒りの篭った電話でした。

ここまでの話は、あくまでも架空のセキュリティーホールを題材にした例え話です。

しかし、似たようなことは現実に十分起こり得ます。

原因はたった1つ、OSのアップデートを怠ったこと。

古いOSを使い続けることの危険性、ご理解頂けましたでしょうか?

古いiOSはアプリも非対応になることが多い

ios

定期的にアップデートが行われているアプリでは、ある程度新バージョンのOSが普及すると、おおよそ2世代前くらいまでのOSは対応を打ち切ることがあります。

プログラマーさんの数は限られていますから、これは当然のことですね。

古いiOSを使っていると、このようにアプリの最新版を使えなかったり、場合によってはアプリそのものが使えなくなってしまうこともあります。

そういう意味でも、iOSは原則最新版を使う方が良いでしょう。

まとめ:あなたのiPhone、ちゃんとチェックしてますか?

というわけで、今回はiOSを最新版に上げない場合のリスクについて取り上げてみました。

ガラケーなどからiPhoneに移ってくると、どうしても「アップデート」という感覚を持ちづらいことは事実です。

しかし、記事中でも触れたように、アップデートしていないiPhoneは、いわば車検を通していない車のようなもの。

他の人に迷惑を掛けて取り返しの付かないことになる前に、日頃のセキュリティ対策はしっかりと行っておきたいものですね。

それでは、セキュリティに気をつけて、快適なiPhoneライフを♪

▶︎iPhone/iPadをiOS10にアップデートしないメリット・デメリットとは?
▶︎【最新2016】iPhone/iPadのiOS10アップデートによる不具合まとめ速報
▶︎iPhone/iPadのiOS10アップデートに必要な空き容量と削減方法とは?

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す