【iCloud】サインアウトするには!サインアウト後のデータは消えない?

皆さんはiCloudを使っていて一度サインアウトしたいと思ったことはありますか?iCloudにずっとログインしているとサインアウトをしなければいけないシーンが出てきます。そこで今回はiCloudからのサインアウトの方法を解説していきます。

iCloudからサインアウトする方法

では早速本題のiCloudからサインアウトする方法を見ていきます。

iCloudからサインアウトする手順はかなり簡単なのでササっとやってしまいましょう!

iphone, ipad, ipod touchでサインアウトする方法

まずはiphone, ipad, ipod touchでサインアウトする方法を見ていきます。

デバイスによってサインアウト方法が変わってくるのですがiphone, ipad, ipod touchでサインアウトする方法からご説明します。

 

まず「設定」→「ユーザー名」を開きます。

ここで一番下までスクロールをし「サインアウト」をタップ。

これでApple IDとパスワードを入力し「オフにする」をタップしましょう。

 

ここで注意点なのですがデバイスにコピーして残しておきたいデータをオンにしておきましょう。

これで「サインアウト」をタップします。

もう一度「サインアウト」をタップしiCloudからサインアウトすることを確定します。

 

これでiPhoneなどのデバイスからのサインアウトが完了しました。

macでサインアウトする方法

では次にmacでサインアウトする方法を見ていきましょう。

iPhoneのようなデバイスと違い手順が異なるのでしっかりと見ていきましょう。

 

まずApple メニューを開き「システム環境設定」をクリック。

「Apple ID」→「概要」をクリックします。

ただmacOS High Sierra以前を使っている方は「iCloud」をクリックしましょう。

次に「サインアウト」をクリック。

ここでもサインアウトする前にiCloudデータを残しておきたい場合はチェックボックスにチェックを入れましょう。

その後「コピーを残す」をクリックします。

これで「サインアウト」をクリックして完了となります。

 

因みにApple WatchとペアリングしてあるiPhoneでiCloudからサインアウトするとApple Watchでも自動的にiCloudからサインアウトされます。

なので結構便利なのですが間違ってサインアウトしてしまった場合は気をつけましょう。

iCloudからサインアウトしてもデータは消えない

では一番気になるデータのことですがiCloudからサインアウトしてもデータは消えません。

iCloudのデータは残っているのですが消えるものもありますのでその詳細を見ていきましょう。

iPhoneに保存されているデータはそのまま

基本的にサインアウトしても再びサインインをすればiCloudのデータはそのまま復旧します。

なので急に消えたりすることはないのでご安心ください。

ただサインアウトしている期間は保存はなされません。

なのでサインアウトしていることをよく覚えておく必要があります。

デバイスからはiCloudに保存されているデータが消える

ただデバイスからはiCloudに保存されているデータが消えてしまいます。

デバイスからは消えてしまいますがiCloudには保存されている状態です。

再度デバイスでiCloudへサインインすればまた元通りすべての情報がデバイスに復活することになります。

サインアウトしたままでは使えないアプリもある