XBDEOは架空請求業者!架空請求された時の対処法とは?

スマホの普及で架空請求の業者が以前に比べて格段に増えました。その1つにXBDEOという業者があります。架空請求の種類は、メールやSMS、電話やハガキで届くこともあります。この記事では、架空請求の種類や届いた時の対処法の解説をしていきます。

XBDEOは「架空請求業者」

結論から言うと、XBDEOは架空請求業者です。今の時代、正しく運営している会社の多くは公式サイトが用意されていますが、XBDEOはGoogleなどで検索しても一切出てきません。それどころか、XBDEOから請求がきたというような相談のページしか出てきません。

XBDEOと似た名前のサイトで、XVIDEOSというサイトがあります。XVIDEOSはアダルト系の動画配信サイトですが、XBDEOはそれに似せた架空請求業者なので、アダルト系の有料動画を視聴した際の未払いがあるという架空請求のメールがくるようです。

今の時代、アダルト系に限らず動画配信サービスは多く存在しますが、先に契約をするので、後から未納であると連絡が来ることはありません。

XBDEOから請求があった時の対処法

XBDEOは架空請求の業者だと紹介しました。なので、XBDEOから請求があっても支払う義務はありません。XBDEOから請求が合った場合の対処法は、他の架空請求の業者から請求があった場合と同じく無視をすることが一番です。

詳しい対処法については後に紹介しますが、XBDEOに限らず架空請求に対する対処法は、基本的には無視をすることです。XBDEO以外にも架空請求業者は多数存在する覚えておきましょう。

架空請求の種類

ここから架空請求がどういった手段でくるのか紹介していきます。代表的な架空請求の手段は5種類あります。架空請求は色々な種類がありますが、普段からよく使う手段を使って架空請求が届くので注意が必要です。

【架空請求の種類】①ハガキで架空請求

1つ目の架空請求の種類は、ハガキで届きます。通常の郵便物と同じように自宅に届くことがあります。ハガキを使った架空請求は、業者側にもコストがかかりますが、メールなどよりも信憑性が高くなるので、近年増えているといわれています。

【架空請求の種類】②有名企業を名乗るメールやSMS

2つ目の架空請求の種類は、有名企業を名乗るメールやSMSです。多くの人が利用するショッピングサイトや、配送会社などと偽ってメールやSMSを送ってきます。身近な企業を偽ってくるので、メール内のリンクにアクセスさせるのが手口です。

普段からネットショッピングをよく利用している人だと、自分が買ったものと勘違いをしてメール内のリンクをクリックすることで架空請求の被害に合う可能性があります。メールの細部にも注意が必要です。

【架空請求の種類】③有料動画サイトで請求

3つ目の架空請求の種類は、有料動画サイトでの請求です。今回のXBDEOも似たような手口です。有料動画配信サービスは基本的に、契約をした後に請求があります。契約がなければ支払う義務がないので、契約をしていないサービスからの請求なら無視しても問題ありません。

【架空請求の種類】④架空請求を解決すると電話がくる

4つ目の架空請求の種類は、架空請求を解決すると電話がかかってきます。架空請求があって仲介業者を偽って代理で電話をしてくるような手口です。仲介業者が実は架空請求をしている会社であることがあるので注意が必要です。

架空請求があると言われると不安になってしまい、仲介してもらえるならとすがってしまうかもしれませんが、一度冷静になって本当にその請求が正しいものかを調べることが重要です。

【架空請求の種類】⑤コンビニ・プリペイド払いを指定してくる

5つ目の架空請求の種類は、コンビニ払いやプリペイド払いを指定してくる方法です。コンビニ払いとは、コンビニに設置してある端末から支払番号を入力をしてコンビニで支払う方法です。コンサートのチケットをコンビニで発券する方法を架空請求で悪用しています。

プリペイド払いとは、iTunesカードなど電子マネーのカード番号を送るように指定してくる方法です。SNSなどでも代わりに買ってきてと頼まれるような事例がありましたが、その方法に酷似しています。

架空請求がきた時の対処法

ここからは、架空請求がきた時の対処法について解説をしていきます。身に覚えのない架空請求がきた時はまずは焦らず対応することが重要です。その上でどのように対応するか考えるようにしましょう。

①無視する

1つ目の架空請求がきた時の対処法は、無視をすることです。請求に身に覚えがなければ無視をしても問題ありません。架空請求業者は不特定多数に対してランダムに請求している可能性が高いので、何度も同じように請求がくることはありません。

ちゃんとした企業からの未払い請求なら催促の連絡が必ずきます。無視をしても、何度も続けて請求がくるならその時に対処しましょう。電話やメールなら無視をするだけで問題ありませんが、メールできた場合、メール内のリンクにアクセスをすることもやめましょう。

②差出人を調べる

2つ目の架空請求がきた時の対処法は、差出人を調べることです。ちゃんと運営している企業なら、ネットで検索をすれば出てきます。未払いになった場合の支払い方法もFAQなどで確認することができます。

メールやSNSできた場合は、送り主のメールアドレスもしっかり確認しましょう。差出人の名前は有名企業に偽っていても、メールアドレスまでは偽ることはできません。メールアドレスが有名企業のものでなければ架空請求の可能性が高いので、無視しても問題ありません。

③代金は絶対に支払わない

3つ目の架空請求がきた時の対処法は、代金の支払いをしないことです。架空請求業者の狙いは、代金を不正に回収することです。架空請求の可能性があるなら、代金を支払うのは専門家に相談してからにしましょう。

業者に代金を支払ってしまってもしその業者が架空請求の場合、業者と連絡が取れなくなり代金を取り戻すのも難しいようです。どうしても困っているならまずは誰かに相談してみましょう。

④業者に連絡しない

4つ目の架空請求がきた時の対処法は、業者には連絡しないことです。請求が本当なのかどうか確認をしたくて電話してしまうと、相手が言葉巧みに誘導をして、あたかも利用したかのような感覚に陥ってしまう可能性があります。

中には、顧問弁護士を偽って話をされることもあるようです。不安な中連絡し、弁護士が登場したらパニックになってしまうこともあります。絶対に直接連絡することはしないようにしましょう。

架空請求被害にあった時の対処法

ここからは、架空請求の被害にあった時の対処法について紹介をしてきます。架空請求があっただけなら基本無視をしておけば問題ありません。被害といってもお金を払っただけでなく、様々な被害があるので、それぞれ紹介をしてきます。

【架空被害対処法】①無視する

架空被害対処法は、とにかく無視をすることです。架空請求の被害にあわないためにはとにかく無視をすることです。自分が使っているサービスでない業者からの請求なら不安に思わず思い切って無視をしましょう。

【架空被害対処法】②住所を教えてしまった場合

架空請求業者に住所を教えてしまった場合の対処法ですが、基本的に架空請求業者が自宅まで請求に来ることはありません。絶対にないとはいいきれませんが、架空請求業者が自宅に来てしまったら防御策として警察へ通報できるので、そこまで気にしなくても問題ありません。

【架空被害対処法】③アドレスや電話番号を教えてしまった場合

アドレスや電話番号などの個人情報を業者に教えてしまった場合の対処法ですが、この場合も基本は無視をし続けましょう。電話がかかってくるようなら、着信拒否設定などで対処しましょう。

メールアドレスも迷惑メールの設定をしたり、メールアドレスの変更、フリーメールへの移行など、その教えてしまったアドレスを使わないようにする方法はいく通りもあります。

メールアドレスを知られただけで他の個人情報が漏れてしまうようなことはこのご時世ありませんので、この場合も無視していれば問題ありません。

【架空被害対処法】④被害の記録をとっておく

ポップアップ表示などで被害にあった場合は、被害の記録を残しておくようにしましょう。PCやスマホの画面に直接架空請求が出てきたら、スクショなどでどういった内容なのか残しておくと、専門家に相談した際など証拠になります。

【架空被害対処法】⑤相談や依頼をする

ここまで、架空請求に対する対処法を紹介してきましたが、基本は無視をすることです。ただ、無視をすることで不安が大きくなり日常生活に支障が出るのであれば、早めに専門家に相談することをおすすめします。

【相談や依頼をする】①警察

実際に被害にあってしまったのなら、警察に被害届を出すようにしましょう。詐欺被害として認められれば相談にのってもらえると思います。ただ、警察には民事不介入の原則というルールで動いてもらえないことがあります。

民事不介入の原則とは、契約上のトラブルなどの民事のトラブルだと警察は介入しないというルールが存在します。詐欺であっても契約上のトラブルの場合取り合ってもらえない可能性があるので注意しましょう。

【相談や依頼をする】②国民生活センター

実害が出ていないのなら、国民生活センターへの相談がおすすめです。消費者センターとも言われ、トラブルの専門家が相談にのってくれます。電話すれば誰でも相談できるので、まずは国民生活センターの専門家に相談し、その後どう対処すればいいか聞いてみましょう。

【相談や依頼をする】③弁護士

法律の専門家と言えばやはり弁護士です。実害が出ていても、出ていなくても弁護士への相談もおすすめです。弁護士への相談は高いというイメージがあると思いますが、初回30分無料で相談できる弁護士もいます。

弁護士費用がかかるときは適切に契約や請求があるので、まずは相談しその後のことは相談した後に検討してみてもいいでしょう。普通に生活をしていれば基本的には弁護士にお世話になることはないと思いますが、不安なら思い切って相談にのってもらいましょう。

架空請求を無視していけないケース

ここまで架空請求の対処法として基本は無視をするとことだと紹介してきました。ただ、請求を無視してはいけない場合も存在します。ここからは請求を無視してはいけない2つのケースについて紹介していきます。

もしも自身に以下で紹介する2つのケースの架空の請求が来た場合は、適切に対処をしないと、被害が大きくなってしまうことがあります。

ワンクリックウェアに感染した時

無視をしてはいけないケースの1つ目は、ワンクリックウェアに感染したときです。ワンクリックウェアとは、ポップップで定期的に表示される請求です。ワンクリックウェアに感染て無視を続けると、個人情報が抜き取られる可能性があります。

ワンクリックウェアはウイルスに近いものなので、セキュリティソフトを導入して感染元を除去するようにしましょう。被害が大きくなる前にしっかりと対策をしましょう。

裁判所から連絡がきた時

無視をしてはいけないケースの2つ目は、裁判所から連絡がきた場合です。裁判所と偽って連絡があることもあるようなので、裁判所から連絡があった場合もまずはその裁判所が本当に存在するのかどうか確認しましょう。

本当に存在する裁判所だった場合、無視を続けると民事訴訟に巻き込まれ、知らない間に敗訴になってしまうことがあります。裁判所から連絡があった場合こそ、不安だと思うので、専門機関である国民生活センターや弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?XBDEOは最初に書いた通り架空請求の業者です。もしXBDEOから請求があっても無視して問題ありません。ただ、架空請求があるのは、XBDEOだけではありません。XBDEOのように明らかに怪しそうなら気にする人も被害に合う人も多くないと思います。

架空請求業者は、有料動画配信サービスや大手の通販サイト、配送会社など、本当に私たちの身近な大手企業に偽り架空請求を送りつけてくることがあります。

ネット社会なので、架空請求から身を守るには、必要最低限の知識が必要です。専門的な知識までは必要ありません。そして、知識は身を守る最大の武器にもなってくれます。この記事も最低限の知識の足しになったら幸いです。