STEPNで獲得したGSTを日本円に換金して現金化する方法を解説

話題のSTEPNで獲得できるGSTは国内取引所での扱いがありません。そのため、海外取引所を通じて換金することになります。おすすめの換金方法は海外販売所Binanceまたは国内販売所のLiquidを通じた換金方法です。本記事で手順を紹介します。

日本の国内取引所では換金できないSTEPN

 

STEPNに関連する暗号資産(仮想通貨)として、GSTおよびGMTがあります。GSTはGreen Satoshi Tokenの略称であり、GMTはGreen Metaverse Tokenの略称です。

GSTは、STEPN内で使用するトークンであり、購入したNFTスニーカーを履いて移動することで獲得することができます。また、スニーカーの修理やレベルアップにも使えます。さらには、GSTはブロックチェーンSOLANAの基軸通貨であるSOLや、ステーブルコインとして認知されているUSDCとSTEPN内で直接交換できます。

GMTはSTEPNのガバナンストークンであり、スニーカーのレベル上げにも使用されます。バイナンスという海外の暗号資産取引所に上場されており、海外では盛んに取引されています。

世の中には1000種類をはるかに超える暗号資産が公開されており、海外ではGSTもGMTも売買できるのですが、日本では当局の規制もあり、50種類以下と、ごくわずかな種類の暗号資産しか取引できないのです。

このため、日本国内の暗号資産取引所ではSTEPNで扱っているGSTやGMT、USDCといった暗号資産を日本円に交換することができないのです。

暗号資産の規制/審査の厳しい日本

なぜ、日本国内では、GMTなどの暗号資産を手軽に取引できないのでしょうか。その理由は、暗号資産は仮想通貨という名前が示すように日本の当局が認める通貨ではないこと、そして、金融商品として取引が可能になるには、厳しい審査を通過しなければならないことからです。

当局の審査は2つの側面から実施されます。すなわち、暗号資産自体とそれを扱う暗号資産取引所です。

暗号資産は個人が直接暗号資産の発行先と取引を行うのではなく、暗号資産取引所を介して取引を行うことが一般的でです。暗号資産取引所は顧客の資産である暗号資産を継続的に、安全に法律に則って扱うことができるかの審査を通過して初めて国内での営業化可能になります。

暗号資産も多くの種類のものが発行されていますが、詐欺まがいのもの多数混じっており、金融商品と呼べないもの多数です。そのため、日本では、暗号資産を暗号資産取引所が国内で取り扱い開始する前に厳しいチェックが入ります。具体的には、暗号資産取引業協会(JVCEA)で、新規銘柄の上場(暗号資産の公開)審査を行っています。

STEPNで獲得したGSTのおすすめ換金方法

GSTはSTEPN内で流通するトークンなので、STEPN外で使用することはできません。つまり、直接日本円に換金することはできません。

このため、STEPN内で、GSTをSOLやUSDCなどのSTEPN外で暗号資産として取り扱われているトークンに交換して、それらを日本円に換金するという手順になります。なお、SOLはSTEPNが稼働するSOLANAの基軸通貨、USDCはステーブルコインとして人気の暗号通貨です。

SOLやUSDCはビットコインやXRPなどのようにすべての国内の暗号資産取引所で日本円に手軽に換金できる状況とはなっていません。そのため、海外の暗号資産取引所を使うという場合が多く、英語に対応が必要であったりと手続きも面倒です。

ここでは、GSTを日本円に換金できるおすすめの2とおりの手順を紹介します。

手数料を安く抑えたいならBinance

多くの暗号通貨取引所では、暗号通貨自体の売買手数料は低く設定したり、無料化するなどのサービスを行っている場合が多いのですが、日本円に換金して自分の口座に出金しようとすると、銀行への振り込み手数料などかなりの手数料を取られる場合が多いようです。

こまめにGSTを日本円に換金したりすると手数料もばかにならない額となり、せっかくGSTを稼いでも日本として手元に残る額が減ってしまいます。Binanceであれば手数料を安く抑えて日本円に換金できるので、利益を減らさくなくてすみます。

簡単に換金したいならLiquid

すでに説明したように、SOLを取り扱っている暗号資産取引所は少なく、Liquidのみです。国内の暗号資産取引所で日本円に換金できれば、手続きも楽ですし、何よりも日本語で操作できるので間違いによってGSTを失うなどの操作ミスも起こりにくく安心です。

Binance経由で日本円に換金する手順

海外の暗号通貨取引所であるBinanceでGSTを日本円に換金して、直接日本の銀行に振り込むことはできません。

そのため、Binanceを使う場合は、日本の暗号通貨取引所に口座を開設して、STEPN内でGSSTをUSDCに交換し、BinanceでUSDCを日本の暗号通貨取引所で扱っている暗号通貨に交換し、日本の暗号通貨取引所で日本円に換金するという手順を取ります。

ただし、日本人はBinanceになお、Binanceの取引画面は日本語にも対応しているので安心です。

国内取引所で口座開設