GoogleChromeがフリーズする時の対処法【PC/スマホ】

GoogleChromeを利用中にフリーズしてしまった経験はないでしょうか。フリーズの主な原因はキャッシュやソフトウェアのバグが考えられ、手順に沿って対処することで確実に復旧させることが可能です。今回はChromeがフリーズしたときの対処法を紹介します。

GoogleChromeが頻繁にフリーズする原因【PC/スマホ】

PCやスマホでChromeを利用中、頻繁にフリーズが発生する原因としては以下のような原因が考えられます。

  • キャッシュデータなどの一時ファイルに問題
  • 拡張機能による不具合
  • Chrome自体の不具合
  • PCのスペック不足

使用しているPCやスマホに問題がある場合やChromeの問題であるなど理由はいろいろあります。これらを解決するための対処法はどれも異なるため1つ1つ確認することが大切です。

GoogleChromeがフリーズした場合の対処手順【PC/スマホ】

ここからはPCやスマホでChromeがフリーズしたときの対処法を紹介します。フリーズする原因はさまざまありますので、1つずつチェックして試してみてください。

【手順1】タブを閉じる

Chromeで開いているタブが多い状態の場合、メモリを多く消費しPCへの負担が大きくなり、フリーズする可能性があります。そのため複数個のタブを開いている場合は必要のないタブは閉じるようにしましょう。もしタブを多く開いてフリーズするときはPCのスペックが足りていないかもしれません。その場合はメモリを増設したりするなど対処し、充分に確保するようにして改善しましょう。

【手順2】GoogleChromeの拡張機能の無効化【PCの場合】

GoogleChromeには拡張機能があり、必要な機能を導入することで自分にあわせて使いやすくすることができます。ですが、機能を多く入れすぎると処理が重くなったり、拡張機能が互いに干渉して動作が不安定になることがあります。その場合は、機能をそれぞれチェックしてどの機能が原因か確認してみてください。拡張機能の確認手順は以下の通りです。

  1. GoogleChromeの右上にある3点のアイコンをクリックします。
  2. 「その他のツール」の「拡張機能」をクリックします。
  3. 新しいタブで拡張機能の一覧が表示されます。
  4. 右下にあるトグルボタンをクリックしてオフ状態にし、フリーズの原因となる機能かどうか確認してください。

互いの拡張機能どうしが原因の場合もあるため、組み合わせによる確認も試してみましょう。

【手順3】GoogleChromeのキャッシュデータとCookieの削除

キャッシュデータやCookieが大量に溜まることで処理が重くなり、頻繁にフリーズする原因になる場合も考えられます。そのためキャッシュやCookieを一度削除して、画面が固まらないか確認してください。キャッシュデータやCookieの削除手順は以下の通りです。

  1. GoogleChromeの右上にある3点のアイコンをクリックします。
  2. 「その他のツール」の「閲覧履歴を消去」をクリックします。
  3. 新しいタブで設定画面が表示されます。
  4. 期間から「全期間」を選択し、「閲覧履歴」と「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「データを削除」をクリックすると、削除が完了します。

データが多く溜まっていると処理に時間がかかります。また「Cookieと他のサイトデータ」にチェックを入れて削除すると、保存したアカウントのログイン情報も消えるため注意しましょう。

【手順4】ハードウェアアクセラレーションの無効化【PCの場合】

ハードウェアアクセラレーションを無効化することでフリーズが改善される場合もあります。ハードウェアアクセラレーションとは、CPUが行っている映像関連の処理をGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)と呼ばれる画像処理に特化した部品に任せることで、画像や動画を高速で表示させることができる機能です。PC版のChromeにはハードウェアアクセラレーションが搭載されており、この機能が処理が重いなどの原因でフリーズする可能性があるため一度無効化して確認してみてください。無効化手順は以下の通りです。

  1. GoogleChromeの右上にある3点のアイコンをクリックします。
  2. 「設定」をクリックし、一番下までスクロールすると「詳細設定」がありますのでクリックします。
  3. 「システム」の「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をクリックしてオフにします。
  4. 一度GoogleChromeを閉じ、再度開くことで適用されます。

【手順5】PC/スマホの再起動

PCやスマホになんらかの問題が発生したり、稼働時間が長かったりすることが原因でフリーズしやすくなります。その場合は端末を一度再起動をしてみましょう。PCまたはスマホを再起動することでメモリの使用状況などがリセットされるため、直る可能性があります。