未分類

イケハヤ氏が手掛けるCryptoNinja NFTとは?二次創作OK?

2022年5月17日

CryptoNinjaという『NFT』をご存じでしょうか?イケハヤ氏が手掛ける『CryptoNinja』は二次創作OKというNFTとして大変注目されています。この記事を読むことで、CryptoNinja NFTについて詳しく知ることができます。

イケハヤ氏とRii2氏がタッグを組んだ『CryptoNinja』

『CryptoNinja』とは、忍者をモチーフとして作成されたNFTのコレクションで、2021年の9月末頃に誕生しました。Web3.0を中心に活動している『イケハヤ氏』と、イラストレーターの『Rii2氏』が手を組んだプロジェクトです。下記では『CryptoNinja』について詳しく見ていきます。

『CryptoNinja』はNFTコレクション?

『CryptoNinja』は2022年5月現在、フロア平均価格が13ETH(約36万円)を超えるNFTコレクションです。世界最大のNFT取引量を誇るOpenSeaにて取引されており、日本のNFTブームの火付け役ともなった、日本NFTの代表作と言っても過言ではないでしょう。世界にも通じるで日本文化でもある『忍者』をモチーフとすることで、海外のファンにも注目されてます。

『CryptoNinja』NFTは何が魅力なの?

下記に、CryptoNinjaの魅力を4つにまとめました。

  1. 『CryptoNinja』NFTのキャラクターは、『名前』『性格』『武器』『忍術』『里』など、それぞれ細かくキャラクター設定が考えられており、世界観をイメージしやすく、『キャラが立っている』NFTコレクション
  2. 『CryptoNinja』NFTはガイドラインが柔軟で、世界観を損なうものでなければ、NFT化、アニメ化、ゲーム化、グッズ化、などが許されており、ライセンス料が無料の『誰でも使えるキャラクター』となっている
  3. 『CryptoNinja』NFTは『ファンが作る物語』を尊重し、キャラクターがどのように行動するかをファンの創造に委ねているため、その自由度の高さが多くのクリエイターを惹きつけている
  4. 『CryptoNinja』NFTは活発なコミュニティという基盤の上に成り立ち、自律分散型組織の『Ninja DAO』には17,000名を超えるメンバーが存在し、ベント開催時の集客力も高い

『CryptoNinja』NFTのプロジェクトまとめ

下記にて『CryptoNinja』のプロジェクトを一覧にしてまとめました。さらに興味がある方は公式サイトを覗いてみてくださいね*

  • ジェネラティ部…ジェネラティブコレクションを企画、作成する
  • クリプトリテラシー検定…オンラインで受講できる無料の検定
  • メタバライブ…メタバース上のオンラインライブの運営
  • Cluster事業部…「cluster」を楽しむ事業部
  • ニンジャ寺子屋…メタバースの学校で子供たちが学べる
  • にんじゃの絵本…クリエイターによる絵本のプロジェクト
  • カードゲームninjarahoi !…『遊びを真剣に考える』がコンセプトのプロジェクト
  • 仮想通貨入門YouTubeチャンネル…CryptoNinjaの人気キャラがクリプトやDeFiについて解説するチャンネル
  • MMD部…CryptoNinjaのキャラがミクミクダンスを歌って踊る、動画作成プロジェクト

『CryptoNinja』はNFT?

NFTって何?『CryptoNinja』もNFTです!

『CryptoNinja』はもちろんNFT(Non-Fungible Token[ノン ファンジブル トークン])というデジタル資産として作成されています。ブロックチェーンという技術を利用することにより、デジタルにも関わらず資産の価値が保障されています。

『CryptoNinja』 NFTはどこで買えるの?

次のページへ >