MacBook

Macbook AIRの13/11インチサイズの持ち運びをレビューしてみた!

2015年5月16日

こんにちは、Apple Geek編集部のチャンカナです!今回は3月に新しく発売されたMacbook AIRを実際に持ち運びして分かったことを3つをご紹介します。13・11インチサイズの特徴をレビューしていきますね。

macbook air 2015

実際に実物を店舗で手にとって見たり触ったりするのも良いですが、持ち運びやすさ・サイズの大きさなんかは実際に日常を共にしてみないと見えてこない部分もありますよね!

そこで、「新しい」という響きに誘惑されて11インチと13インチを最近購入しちゃった"わたくしチャンカナ"が使用した体感をお届けしていきます。

まずは13インチと11インチのサイズ・重量を表にして比較してみました。

[the_ad id="12721"]

13インチと11インチサイズ・重量の違い

 13インチ11インチ
高さ0.3~1.7 cm0.3~1.7 cm
32.5 cm30 cm
奥行き22.7 cm19.2 cm
重量1.35 kg1.08 kg

まとめ

こんな人には11インチがおススメ、こんな人には13インチがおススメ、といった感じでまとめてみました。

13インチがおすすめ人

13インチは、11インチに比べて標準時のディスプレイ解像度が少しだけ高いので動画編集などをする方や映像を綺麗に見たい方におススメです。

13インチが1,440 x 900ピクセル、11インチが1,366 x 768ピクセルです。

またバッテリーの性能も違うので、長時間動画コンテンツを再生する方にもおススメです。

11インチがおすすめな人

11インチは13インチに比べてサイズがひと回り小さいので、日常で情報収集したりネットサーフィンしたりするだけで、凝った使い方は考えていない方におススメです。

持ち運びを重視する通称:コンパクターには打ってつけのタイプですね!

自分がどんなことに利用するのかを考えてみて、より最適な方を選びましょう。

他のMacbook2015版も比較レビューしてみました!