Alfredの使い方を解説!導入方法から設定の仕方まで詳しく紹介

Macの生産性をグンと上げてくれるAlfred。Alfredを使えばMacでの作業がめちゃめちゃ効率化されていきます。そこで今回はAlfredの使い方を解説します。また導入方法や設定の仕方までを詳しく解説していくので見ていきましょう!

Macで使えるAlfredの導入方法

ではMacで使えるAlfredの導入方法を見ていきましょう。

今や代表的なツールとしても紹介されています。

①ダウンロード・インストール

まずはダウンロード・インストールです。

ダウンロード・インストールにはまず公式サイトに行きましょう。

Alfredの「DownLoad Alfred4」をクリックしダウンロード開始。

すうとdmgファイルがダウンロードされるのでこれをダブルクリックし表示されたAlfredのアイコンをApplicationアイコンにドラッグアンドドロップ。

これでAlfred4のインストールが完了しました。

②初期設定

次は初期設定です。

最低限しておくべき初期設定をご紹介します。

まずはAlfred4を立ち上げ「Preferences」の画面が自動で表示されます。

ここで「General」が表示されるのでここで

  • Startup(起動時):チェックを入れる
  • Alfred Hotkey:そのまま
  • Where are you(あなたはどこにいますか?):Japan
  • Permissions(権限):Alfred4にしておく

に変更。

これは最低限しておくべき設定です。

便利なMacアプリAlfredの使い方【機能】

では便利なMacアプリAlfredの使い方【機能】を見ていきましょう。

便利すぎるのでSNSでも使い方が紹介されていますね。

①Hotkey

まず便利なMacアプリAlfredの使い方【機能】はHotkeyです。

HotkeyはMac搭載のSpotightと同様の機能です。

それぞれのHotkeyを設定することができます。

②アプリの起動

次の便利なMacアプリAlfredの使い方【機能】はアプリの起動です。

これはAlfredを立ち上げアプリ名を入力するとアプリの起動をすることができます。

③ファイルの検索・絞り込み